男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

4番目の男

  • よんばんめのおとこ
  • The 4th Man
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.6点(15人)

  • 観たひと

    29

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 オランダ
製作年 1983
公開年月日 1988/3/11
上映時間
製作会社 ロブ・ハウアー・フィルム・カンパニー
配給 KUZUIエンタープライズ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ある謎の女性と出会った作家の体験する葛藤を描く。製作はロブ・ハウアー、監督は「ロボコップ」のパウル・フェアヘーフェン。ジェラルド・リーヴの原作を基に、脚本はジェラルド・ソエトマン、撮影はヤン・デ・ボン、音楽はローク・ディッカーが担当。出演はジェローン・クラッペほか。

あらすじ

スキャンダラスな文章で悪評高い作家リーヴ(ジェローン・クラッペ)は、講演先でクリスティン(ルネ・ソーテンディック)という妖しい女性と出会い、一夜を共にした後、そのまま彼女の家に居つくことになった。バイセクシュアルである彼は、クリスティンの恋人ハーマン(トム・ホフマン)に目をつけ近づこうとするが、やがてクリスティンがこれまで結婚した三人の男達が皆、不幸に事故死を遂げていることを知る。リーヴはこれをクリスティンの仕業と判断しハーマンに忠告するが、彼はそれを無視し、リーヴを追い返そうと車を走らせた挙句、事故死するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1989年12月下旬号

外国映画紹介:4番目の男