男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

子熊物語(1988)

  • こぐまものがたり
  • L'ours
  • The Bear

amazon


  • 平均評点

    67.8点(35人)

  • 観たひと

    69

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1988
公開年月日 1989/7/15
上映時間 96分
製作会社 レン・プロ
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演チェッキー・カリョ The hunter Tom
Jack Wallace The hunter Bill
Andre Lacombe The man with dogs

解説

母親を亡くした一匹の子熊が、大自然の苛酷な生活の中で成長してゆく姿を描く。製作はクロード・ベリ、監督は「薔薇の名前」のジャン・ジャック・アノー。ジェームズ・オリヴァー・カーウッドの原作を基に脚本は「愛と宿命の泉」のジェラール・ブラッシュ、撮影は「テレーズ」のフィリップ・ルスロ、音楽は「夏に抱かれて」のフィリップ・サルドが担当。出演はチェッキー・カリョほか。

あらすじ

春が訪れたロッキー山脈のふもとで、新しい季節を謳歌する動物たちの中に、生まれてすぐに母親を失った一匹の子熊の姿があった。やがてエサを獲ることも身を守ることも知らない子熊は、森の中で出会った孤独な雄熊を本当の親のように慕い、大自然の摂理を身につけてゆく。しかしいつも猟師たちに狙われている雄熊は、夏のある日ついに追いつめられ、二頭の熊たちは離れ離れになる。しかし捕えられた子熊は、年若い猟師トム(チェッキー・カリョ)からミルクを与えられ、次第に人間に対する恐怖や警戒心を薄めてゆくのだった。そんなある日、トムは武器をもたず水を汲みに入った谷で雄熊とはち合わせしてしまうが、雄熊は無防備な彼を見逃した。そしてトムは銃を持って追いかけ、至近距離から雄熊に狙いをつけるが、引き金を引くことはできなかった。やがて秋になり山を降りてゆく猟師たちの後を追う子熊に、トムは野性に戻れと叫ぶのだった。冬になり、暖かい穴の中で冬眠につく雄熊の傍らに、ほんの少したくましくなった子熊の姿があった。

関連するキネマ旬報の記事

1989年9月下旬号 創刊70周年記念特別号

外国映画紹介:子熊物語

1989年8月上旬号

外国映画批評:子熊物語

1989年6月下旬号

グラビア:子熊物語

特集 子熊物語:評論

特集 子熊物語:プロダクション・ノート