男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スペースノア

  • すぺーすのあ
  • Das Arche Noah Prinzip
  • ----


  • 平均評点

    59.8点(4人)

  • 観たひと

    10

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル SF / ホラー
製作国 西ドイツ
製作年 1983
公開年月日 1988/7/23
上映時間 0分
製作会社 HFF・ソラリス=マラン・フィルム
配給 コムストック
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演リッキー・ミュラー Billy Hayes
フランツ・ブーフライザー Max Marek
Aviva Joel Eva Tompson
Matthias Fuchs Felix Kronenberg
Nikolas Lansky Gregor Vandenberg

解説

旧約聖書“ノアの方舟”の伝説を基に、近未来の宇宙での恐怖を描く。監督・脚本は本作品がデビューとなるローランド・エメリッヒ、撮影はエゴン・ヴェルディン、音楽はヒューベルト・バルトローメが担当。出演はリッキー・ミュラー、フランツ・ブーフライザーほか。日本版字幕は川上純一。カラー、テクニスコープ。

あらすじ

時は一九九七年、地球の気象をコントロールする為に欧米航空宇宙局のプロジェクトとして作られた宇宙ステーション“フロリダ・アークラブ”は、現在地上の科学者達から半ば見放された状態にあった。搭乗員もいまや科学者のマックス・マレク(フランツ・ブーフライザー)と技術者のビリー・ヘイズ(リッキー・ミュラー)の二人を残すのみであった。そんなある日、ヒューストンの地上ステーションから放射能照射の命令が下った。照準を合わせた時、マックスの脳裏に気象コントロールの技術が軍事目的に悪用されるかも知れない、との疑惑がよぎった。事態の深刻さを悟った彼はコンピューターのプログラムをサボタージュした。それを察知した地上ステーションは、交代要員をシャトルで送り込むが、マックスとビリーは生死を賭けた闘いの果てに、ある真実を発見する……。

関連するキネマ旬報の記事

1989年6月下旬号

外国映画紹介:スペース・ノア

1988年9月上旬号

外国映画批評:スペースノア

1988年8月上旬号

グラビア:スペースノア

外国映画紹介:スペースノア