男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブロンテ姉妹

  • ぶろんてしまい
  • Les Soeurs Bronte
  • Les Soeurs Bronte

amazon


  • 平均評点

    59.8点(28人)

  • 観たひと

    55

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル 伝記
製作国 フランス
製作年 1977
公開年月日 1988/2/6
上映時間 115分
製作会社 アルゴス・フィルム
配給 パシッフィック・シネマ・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

19世紀イギリス文学界を揺るがせたブロンテ三姉妹の生涯を描く。製作はイヴ・ガセール、イヴ・ペイロ、アラン・サルド、監督・脚本は「海辺のホテルにて」のアンドレ・テシネ、共同脚本はパスカル・ボニツェール、ジャン・グリュオー、撮影は「愛と宿命の泉」のブルーノ・ニュイッテン、音楽は「ギャルソン」のフィリップ・サルドが担当。出演は「イシュタール」のイザベル・アジャーニ、「ココ・シャネル」のマリー・フランス・ピジェ、「ピエラ 愛の遍歴」のイザベル・ユペールほか。

あらすじ

19世妃半ば、ヨークシャー州ハワースの丘に牧師の父(パトリック・マギー)と、シャーロット(マリー・フランス・ピジェ)、エミリー(イザベル・アジャーニ)、アン(イザベル・ユペール)の三姉妹と、弟ブランウェル(パスカル・グレゴリー)のブロンテ一家が住んでいた。姉妹は秘かに小説を書き、まずシャーロットの『ジェイン・エア』がロンドンで出版され大評判をとった。次いでエミリーとアンの作品も出版され話題を呼んだが、女性の権利が認められない時代のため、様々な混乱が起こった。そして、人生の大半をハワースの丘で静かに過ごした姉妹は、次々と病に倒れ、流行作家となったシャーロットはふとその淋しさが胸を打つのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1988年11月上旬号

外国映画紹介:ブロンテ姉妹

1988年3月上旬号

作品評特集:「ブロンテ姉妹」

1988年2月上旬号

グラビア:ブロンテ姉妹

1988年1月上旬号

キネ旬試写室:ブロンテ姉妹