男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ボーイ・ミーツ・ガール

  • ぼーいみーつがーる
  • Boy Meets Girl
  • ----

amazon


  • 平均評点

    68.0点(124人)

  • 観たひと

    271

  • 観たいひと

    25

  • レビューの数

    22

基本情報

ジャンル ドラマ / ラブロマンス
製作国 フランス
製作年 1983
公開年月日 1988/7/16
上映時間 104分
製作会社 アビレーヌ
配給 ユーロスペース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

失恋した少年と少女との一夜の出会いから思いがけぬ悲劇までを描く。製作総指揮はアラン・ダアン、製作はパトリシア・モラーズ。監督・脚本は「汚れた血」のレオス・カラックスで、本作品が長編第一作である。撮影は「汚れた血」のジャン・イヴ・エスコフィエ、音楽はジャック・ピノーが担当。出演は「汚れた血」のドニ・ラヴァンとミレーユ・ペリエ、キャロル・ブルックスほか。84年カンヌ映画祭ヤング大賞、85年シネデクヴェルト賞を受賞。

あらすじ

アレックス(ドニ・ラヴァン)は失恋したばかり。恋人フロランス(アンナ・バルダチーニ)は親友のトマ(クリスチャン・クロアレック)のもとに去った。アレックスは壁の絵の裏の「自分史」に新たに書き入れる。「最初の殺人未遂、83年5月25日。グロ・カユーの河岸にて」。一方、ミレーユ(ミレーユ・ペリエ)も恋人ベルナール(エリー・ポワカール)と喧嘩別れした。外に出たベルナールがインターフォンで中のミレーユと話すのを聞きとめたアレックスは、ベルナールの後をつけてカフェで彼のメモを拾う。ミレーユとベルナールにあてたパーティへの誘いだった。アレックスはそのパーティにベルナールの友人と称して入り込み、ミレーヌの姿を追う。すでに彼は彼女に恋してる。キッチンで出会った二人は、とりとめなく話し続ける。ミレーユのアパート。ドアから水がもれている。部屋の中に飛び込んだアレックスが床にうずくまったミレーユの背中を抱きかかえたとたん、ミレーユのセーターの胸に赤いシミが拡がる。ミレーユはその手にハサミを持っていたのだ。

関連するキネマ旬報の記事

1988年10月下旬号

外国映画紹介:ボーイ・ミーツ・ガール