男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

尼僧白書

  • にそうはくしょ
  • Convert of Sinners
  • ----

amazon


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    1

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア
製作年 1986
公開年月日 1987/9/26
上映時間 0分
製作会社 フィルミラージュ
配給 アルバトロス・フィルム
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演エヴァ・クリマルディ Susanna
Gilda Germano Karin Well
ガブリエレ・ゴーリ Martin Philips
Katalin Marany Maria Pia Parisi

解説

修道院という抑圧された世界を舞台に修道女たちの心の葛藤を描く。監督はダリオ・ドナティ、脚本はアントニオ・ボニファチオ、原作はフランソワ・ディデロ、撮影はアリスティデ・マサチェシが担当。出演はエヴァ・クリマルディほか。

あらすじ

女性の立場の弱かった時代。子供の立場はさらに弱い。スザンナ(エヴァ・クリマルディ)は、父親の欲望をまどわせたという理由で、彼女の肉体には悪魔がいるとみなされ、修道院に入れられてしまう。美しいスザンナは、修道院に入るとすぐ修道院長に気に入られ、生活は別の意味で苦しいものだった。彼女に嫉妬の炎を燃やすシスター・テレサは彼女に陰湿にせまった。男と接する機会のない修道女たちは、女同士でなぐさめ合ったり、下働きの男の部屋に忍び込んだりしていた。うんざりしていたスザンナを、若い、修道僧のモレルが救うのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1988年7月下旬号

外国映画紹介:尼僧白書