男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

コカコーラ・キッド

  • こかこーらきっど
  • The Coca-Cola Kid
  • ----


  • 平均評点

    64.8点(10人)

  • 観たひと

    26

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 オーストラリア
製作年 1985
公開年月日 1987/10/31
上映時間 0分
製作会社 グランド・ベイ・フィルムズ・インターナショナル=シネマ・エンタープライセス
配給 シネマテン
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

コカコーラのセールスマンがオーストラリアにも広めようと苦心するコメディ・タッチのドラマ。製作はマーク・モファットとリッキー・ファーター、監督はドゥシャン・マカヴェイエフ、原作・脚本はフランク・ムーアハウス、撮影はディーン・セムラー、音楽はティム・フィンが担当。出演はエリック・ロバーツ、グレタ・スカッキほか。

あらすじ

コカコーラ・カンパニーのオーストラリア支部長のところに、アメリカ本社からテレックスが入った。販売体制の建て直しをするため、本社きってのヤリ手社員ベッカー(エリック・ロバーツ)を派遣したというのだ。ベッカーはトラブル・シューター、すなわち難関突破の専門家だった。エリートらしくビシッと決めたベッカーはオーストラリアでまずホテルのボーイに歓迎される。彼はしかしベッカーをCIAのスパイと勘ちがいしてベッカーに大サービス。しかもその男前ぶりに見とれる始末。支部に出社すると待っていたのは秘書のテリー(グレタ・スカッキ)。彼女は、仕事の腕はあやしいものだったが、性格は良くセクシー、ベッカーはさっそく彼女と仕事の打ち合せ。セールス・レポートをチェックしているうちに、あることに、ベッカーは気づいた。一部の地域にコカ・コーラが一本も売れていないのだ。調査をするうちに、問題の地域アンダーソン峡はジョージ・マクドウェル男爵(ビル・カー)の領地で、コカコーラとよく似たソフト・ドリンク、マクコークというのを売り出しているのだった。ベッカーはすぐさま男爵の領地に乗り込んだ。工場を偵察していると何とその男爵に見つかってしまう。しかし男爵はベッカーを気骨のある男だと思う。一方、テリーは、そんなベッカーの行動が気が気ではない。彼女はアンダーソン峡に行くのをやめさせようとする。実は彼女は男爵の娘だったのだ。彼女は結婚して子供がいたが離婚して今働いていることは、秘密だったのだ。そんなことはおかまいなしで、ベッカーは大軍団を率いてアンダーソン峡に乗り込んで行き、思いどおりに事をすすめるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1988年6月上旬号

外国映画紹介:コカコーラ・キッド

1987年11月上旬号

グラビア:コカコーラ・キッド

1987年10月下旬号

キネ旬試写室:コカコーラ・キッド