男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

自由の代償

  • じゆうのだいしょう
  • Faustrecht der Freiheit
  • ----

amazon


  • 平均評点

    75.9点(8人)

  • 観たひと

    18

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 西ドイツ
製作年 1975
公開年月日 1977/1/22
上映時間 0分
製作会社 タンゴ・フィルム
配給 欧日協会
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

資本の論理の現代を生きる人間を描く。監督は46年生まれでこれが20作目のライナー・ヴェルナー・ファスビンダー、脚本はライナー・ヴェルダー・ファスビンダーとクリスチャン・ホホフ、撮影はミハエル・バルハウス、音楽はペール・ラーベンが各々担当。出演はライナー・ヴェルダー・ファスビンダー、ペーター・カテル、カール・ハインツ・ベーム、ハリー・ベアなど。

あらすじ

ホモセクシュアルの詐欺師フォックス(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー)は、ギャンブルで思わぬ金を手に入れ、金持ちの男に恋をし、甘い生活にふける。だが、もうけた金を父親のあぶなっかしい事業に投資し、何もかもうまくいかず、ついには金も恋人も失ってしまうフォックス。自由さえ金で買えると考えていた彼は、その買いとった自由にうちのめされてしまったのだ。ある日、フォックスは人気のない地下道で死んでいた。そして2人の子供が、クスクス笑いながら彼のポケットを探り、金を盗んで走り去っていくのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1977年10月上旬秋の特別号

外国映画紹介:自由の代償