男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

テンタクルズ

  • てんたくるず
  • Tentacles
  • Tentacles

amazon


  • 平均評点

    49.0点(42人)

  • 観たひと

    63

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア
製作年 1977
公開年月日 1977/6/11
上映時間 102分
製作会社 A・エッセ・シネマトグラフィカ・プロ
配給 日本ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 4chステレオ
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

深海に眠る巨大なタコの人類への挑戦を、立体音響トレンブル・サウンドと共に描く海洋アドベンチャー。製作はオビディオ・G・アソニティス、監督は「デアボリカ」のオリヴァー・ヘルマン、脚本はティト・カルピ、ジェローム・マックス、スティーヴ・カラバトソス、撮影はロベルト・デットーレ・ピアッツォリ、水中場面調整及び監督はネストーレ・ウンガロ、音楽はステルヴィオ・チプリアーニが各々担当。出演はジョン・ヒューストン、シェリー・ウィンタース、ボー・ホプキンス、ヘンリー・フォンダ、デリア・ボッカルド、クロード・エイキンズなど。テクニカラー、テクノビジョン。

あらすじ

それは晴天の7月のある日。カリフォルニアのサロナビーチで、10ヵ月の赤ん坊が姿を消した。又、船で作業中の男が行方不明になり、腐乱死体で発見されたり、事件は次々に起こった。ロバーズ警部(クロード・エイキンズ)の調査は難行する。やがて、真相究明にのりだしたベテラン記者ターナー(ジョン・ヒューストン)は、トロージャン・トンネル会社の海底作業に関連を求めた。この社の社長(ヘンリー・フォンダ)の依頼で、海洋学者ウィル(ボー・ホプキンス)も調査にのりだし、2人の部下を現場に派遣したが、2人共大きな岩陰の何物かに襲われた。そんなころ、ターナーとロバーズは、死んだ人達はいずれも行方不明になる前、無線かラジオを用いているという事実に気づく。一方、深海に潜ったウィルは、トロージャン社の電気振動装置のせいで魚が大量に死んでいるのを発見する。これによって、何物かが目覚めたのだ。ターナーの妹ティリー(シェリー・ウィンタース)の息子のヨットレース中、何物かが--巨大なタコがあらわれた。やがて、妻をも失ったウィルは、飼育研究中のシャチを海に放つ。海の殺し屋のシャチ。深海に2匹のシャチが巨大ダコとの死闘を開始した。食いちぎられる巨大ダコの触手。やがて、静けさが訪れ、平和がもどってきた。

関連するキネマ旬報の記事

1977年7月下旬号

外国映画批評:テンタクルズ

外国映画紹介:テンタクルズ

1977年6月上旬号

グラビア:「テンタクルズ」

特集 「テンタクルズ」:インタビュー特集1 美しい海底を舞台にしたアドベンチャー映画

特集 「テンタクルズ」:インタビュー特集2 未知の感触にリアルな臨場感を出すために

特集 「テンタクルズ」:分析採録

1976年12月下旬号

グラビア:「テンタクルズ」