男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

F/X 引き裂かれたトリック

  • えふえっくすひきさかれたとりっく
  • F/X
  • ----

amazon


  • 平均評点

    64.4点(38人)

  • 観たひと

    72

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル SF / ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1986/11/15
上映時間 0分
製作会社 フェイド=ウィーナー・プロ作品
配給 ワーナー映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

超売れっ子のSFXマンが捲き込まれた政治がらみの殺人事件を描くサスペンス・スリラー。製作はドディ・フェイドとジャック・ウィナー。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・ペイサー。監督はこれが日本でのデビュー作となるロバート・マンデル。脚本はロバート・T・メギンソンとグレゴリー・フリーマン、撮影はミロスラフ・オンドリチェク、音楽はビル・コンティ、特殊効果はジョン・スティアーズが担当。出演はブライアン・ブラウン、ブライアン・デネヒー。

あらすじ

ロリー・タイラー(ブライアン・ブラウン)は数え切れないほどの映画でスペクタクル・シーンや血みどろのシーンを現出させてきた特殊効果マンで、この道の天才と呼ばれている。ある日、司法省証人移送計画班のエイジェントであるリプトン(クリフ・デ・ヤング)が訪ねてきて、とんでもない仕事を依頼してきた。暗黒街の大物証人ニコラス・デ・フランコ(ジェリー・オーバック)の暗殺偽装だった。当局としてはぜがひでもデ・フランコの証言を得たいが、暗殺を避けるためには組織に彼が死んだと思い込ませるしかないというのだ。リプトンの上司であるメイソン(メイソン・アダムス)にプロとしての誇りとプライドをくすぐられ、血糊や弾痕を多用しての殺人事件を成功させた。しかし、迎えに来たリプトンにいきなり拳銃をつきつけられた。辛くも脱出したロリーはメイソンにリプトンの裏切りを電話連絡するが、電話ブースに入れ代りに入った無関係の男が殺された。メイソンも敵だったのだ。ロリーは恋人である女優エレン・キーン(ダイアン・ヴェノーラ)の住むロフトに逃げ込む。翌朝、エレンも狙撃されてしまう。その頃、警察ではヴェテラン刑事レオ・マッカーシー(ブライアン・デネヒー)が調査に乗り出した。今や司法省の役人ばかりでなく警察にまで追われる身となったロリーは助手のアンディ(マーサ・ゲーマン)に連絡をとり、セントラル・パークにメイクアップ・ケースを持ってこさせる。巧みに変装した2人はリプトンを捕え、メイソンの住所を聞き出す。その頃、レオもコンピュータを駆使して、メイソンがあやしいとにらむが、上司からは独断を責められ休職になる。メイソン邸にはデ・フランコとメイソン自身が迎えのヘリコプターを待ちわびていた。ロリーはSFXを駆使してデ・フランコを倒し、メイソンと対決した。メイソンはデ・フランコが隠匿していた1500万ドルを彼と山分けしようという腹だったのだ。メイソンはレオに率いられた警察陣に射殺されてしまう。スイスの銀行から1500万ドルを引きだすデ・フランコの姿があったが、それは巧みに変装したロリーだった。その傍には警察をやめたレオの姿もあった。

関連するキネマ旬報の記事

1986年12月上旬号

外国映画紹介:F/X 引き裂かれたトリック

1986年11月下旬号

外国映画批評:F/X

1986年11月上旬号

グラビア:F/X 引き裂かれたトリック