男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エマニュエル

  • えまにゅえる
  • Emmanuelle
  • ----


  • 平均評点

    51.9点(15人)

  • 観たひと

    28

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1984
公開年月日 1984/9/29
上映時間 0分
製作会社 サラ・フィルム=APSプロ
配給 東映クラシックフィルム
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

大ヒットしたファッショナブル・ポルノ「エマニエル夫人」シリーズ。製作はアラン・シルッキー。監督は「続 エマニエル夫人」(75)のフランシス・ジャコベッティ。エマニュエル・アルサンの小説の主人公のキャラクターを借りてフランシス・ルロワとアイリス・ルタンが脚本を執筆。撮影はジャン・フランソワ・ゴンドレ、音楽はミシェル・マーニュが担当。出演はミア・ニグレン、シルヴィア・クリステル、パトリック・ボーショウ、デボラ・パワーなど。

あらすじ

ロサンジェルスの豪邸で、30年代風のパーティが開かれていた。エマニュエル(シルヴィア・クリステル)が若い男にエスコートされてやって来た。彼女はある男を見ると、逃げるように立ち去った。男はかつての恋人マルコ(パトリック・ボーショウ)だ。翌日、新聞社に現われたエマニュエルは編集長に手記を送ることを約し、ブラジルに飛ぶ。ジャングルの中にある病院にヘリコプターで行き、整形外科医サンタノ(クリスチャン・マルカン)の執刀で変身する。まったく別人に生まれ変わったエマニュエル(ミア・ニグレン)の精神面を心配したサンタノは、女医のドナ(デボラ・パワー)をカウンセラーとしてつける。ドナはエマニュエルを田舎の酒場につれていく。そこにいた若い男とエマニュエルはファック。彼女が処女と知ると男は怒って、彼女を殴る。次にドナは彼女をリオ・デ・ジャネイロ社交界の女王マリア(ソフィー・ベルジェル)の家に連れていった。ある日、パーティに行った彼女はマルコが入って来たのを見て、一瞬尻ごみした。だが、思い直してマルコに対面し、テーブルの下でファック。その後、彼女はいろんな男とファックし、看護婦のスザンナ(ソニア・マーティン)と抱き合ったりする。だが、マルコを思い切れないエマニュエルはパリに飛んだ。そして、とあるレストランでマルコと再会。マルコが「君とはリオ以前に会ったような気がする」と言うと彼女はほほえむ。

関連するキネマ旬報の記事

1992年4月上旬春の特別号

インタビュー THE FACE '92:エマニュエル・ベアール

1989年10月上旬号

インタビュー:エマニュエル・ベアール

1984年11月上旬号

外国映画紹介:エマニュエル

1984年10月上旬号

グラビア:エマニュエル