男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ピンクパンサー5 クルーゾーは二度死ぬ

  • ぴんくぱんさーふぁいぶくるーぞーはにどしぬ
  • Curse of the Pink Panther
  • Curse of the Pink Panther

amazon


  • 平均評点

    55.6点(25人)

  • 観たひと

    46

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 イギリス
製作年 1983
公開年月日 1983/12/17
上映時間 110分
製作会社 タイタン・プロ
配給 MGM=UA=CIC
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

シリーズの主人公、クルーゾー警部を演じたピーター・セラーズの死後に製作された、失踪したクルーゾー警部を探し出そうとするニューヨークのヘボ警官の珍騒動を描くシリーズ第八作。製作はブレイク・エドワーズとトニー・アダムス、エグゼキュティヴ・プロデューサーはジョナサン・D・クレイン。監督は「ビクター/ビクトリア」ブレイク・エドワーズ。脚本はブレイク・エドワーズとジョフリー・エドワーズ。撮影はディック・ブッシュ、音楽はヘンリー・マンシーニが担当している。出演はテッド・ワス、デイヴィッド・ニーヴン、ロバート・ワグナー、ハーバート・ロム、キャプシーヌなど。それにクレジットはされてないが、ロジャー・ムーアも出ている。日本版字幕は菊池浩司。パナビジョンで撮影。

あらすじ

中近東のルガシュで有名な宝石“ピンクの豹”が盗まれた。その頃、ドレフュス警部(ハーバート・ロム)は大統領から、失踪中のクルーゾー警部を探し出せという特命を受けた。クルーゾーに散々煮え湯を飲まされてきたドレフュスは、クルーゾーの行方がわからぬ方が良かったのだが、大統領命令とあらば仕方ない。インターポルのコンピューター、ハクスレー600で最優秀の警官を選抜してクルーゾー探索にあたらせることになった。ドレフュスは一計を案じ、コンピューターに細工して世界一間抜けな警官を選び出させた。選ばれたのは、ニューヨーク市警のクリフトン・スレイ刑事(テッド・ワス)。クルーゾーが再び姿を現わせば商売あがったりのマフィアのボス、ブルーノ(ロバート・ロギア)は殺し屋をさし向けた。しかし、スレイのドジのおかげでことごとく失敗する。ドレフュスを尋ねたスレイは机にぶつかり、そのはずみにドレフュスは窓から飛び出して下の池に落ち、重傷を負う。その夜、ドレフュス博物館に忍び込んだスレイを、クルーゾーの召使いケイトー(バート・クウォーク)が襲う。ケイトーから、クルーゾーを最後に見たのは、変装道具屋のボールス教授(H・コーマン)だと聞いたスレイは教授の所へ。手掛りは得られず若い女と犬の空気人形を買わされる。スレイは南仏のホテル・デュ・キャップに向かった。ここで、スレイはクルーゾーと縁の深いチャールズ卿(デイヴィッド・ニーヴン)、かつてはクルーゾーの妻だったチャールズ卿夫人(キャプシーヌ)、卿の甥のジョージ(ロバート・ワグナー)に会い、クルーゾーがスぺインのバレンシアに行ったらしいと聞き出す。彼の生命をマフィアとルガッシュの秘密情報員が狙う。ルガッシュは宝石の保険金をすでに使ってしまったので、今さらクルーゾーに出馬されて宝石を取りもどされては困るのだ。若い女の空気人形のおかげで生命拾いをしたスレイは、バレンシアに。ここでも殺し屋に狙撃される。彼の危機を救った若い美女ジュレタ(レスリー・アッシュ)と熱い一時を過ごそうとしたら、何者かによって彼女は催眠銃で倒される。バレンシア警察に逮捕されたスレイを双眼鏡で覗いていたのは、入院中のはずのドレフュスだった。隙をみて逃げだしたスレイを、ジョージが救いリットン卿のヨットに連れて行く。ジュレタは、本当はチャンドラ伯爵夫人(ジョアナ・ラムリー)の秘書だと聞いたスレイは、空とぶレジャー用の快速パラシュートで、イビザ島にあるチャンドラ伯爵夫人の城館ヘ。そのスレイに向かって、ドレフュスがバズーカ砲を射つ。だが、弾ははずれ、ドレフュスはバズーカ砲の反動で海に落下。スレイはチャンドラに歓迎される。彼女が紹介した人物が、実はクルーゾーだったのだが、整形手術しているので、スレイにはわからなかった。その人物は映画スターのロジャー・ムーアそっくりだったが、ムーアにしてはやる事なす事ドジばかし。スレイは彼のサインをもらって去って行く。チャンドラが盗んだ“ピンクの豹”を見に行くと、宝石は消えていた。その頃、ヨットではチャールズ卿らが“ピンクの豹”に見入っていた。パリにもどったスレイは、再び机にぶつかり、ドレフュスは窓から下の池に落ちてしまう。

関連するキネマ旬報の記事

1984年1月下旬号

外国映画批評:ピンク・パンサー5・クルーゾーは二度死ぬ

1984年1月上旬号

外国映画紹介:ピンク・パンサー5・クルーゾーは二度死ぬ

1983年12月下旬号

グラビア:ピンク・パンサー5・クルーゾーは二度死ぬ