男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エボリ

  • えぼり
  • Cristo si e Fermato a Eboli
  • Cristo si e Fermato a Eboli


  • 平均評点

    72.5点(10人)

  • 観たひと

    23

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア フランス
製作年 1979
公開年月日 1983/3/12
上映時間 151分
製作会社 ヴィデス・チネマトグラフィカ=RAI・TV2=アクシオン・フィルム=ゴーモン
配給 フランス映画社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

南イタリアの地方小都市エボリよりさらに南東のアペニン山脈中の高地に位置するルカニア地方を舞台に、そのキリストも来なかったという南部の僻村に流刑された政治犯カルロ・レーヴィの自らの体験を綴った原作『キリストはエボリに止りぬ』を基に「ローマに散る」(75)のフランチェスコ・ロージが監督した79年モスクワ映画祭グランプリ受賞作品。製作はフランコ・クリスタルディとニコラ・カラッロ、脚本はトニーノ・グエッラとラファエレ・ラ・カプリアとフランチェスコ・ロージ、撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はピエロ・ピッチオーニ、編集はルッジェーロ・マストロヤンニが各々担当。出演はジャン・マリア・ヴォロンテ、イレーネ・パパス、レア・マッサリ、パオロ・ボナチェリ、アラン・キュニー、フランソワ・シモン、ルイジ・インファンティーノなど。

あらすじ

年老いたカルロ・レーヴィ(ジャン・マリア・ヴォロンテ)は、自分の部屋の壁に飾ってある彼自身が描いた農夫や子供たちの肖像画をながめながら、その人々と接した一年半のことを思い出していた。その一年半とは、政治犯としてルカニア地方に流刑されてすごした彼にとっては特別な期間だったのだ。北イタリアのトリノに生まれたレーヴィは、作家であり、画家、医者でもある文化人だが、反ファシズム活動で逮捕され、3年間の刑期で南イタリアのガリアーノに流刑されたのだ。1935年の冬、エボリから汽車に乗って深い山中に入り、バスに乗りついで終点についたレーヴィは、そこからさらにタクシーに乗ってようやく目的地の村に着いた。村の中央広場に行き村長レイジ・マガローネ(パオロ・ボナチェリ)に会ったレーヴィは、彼からこの村に流刑されている他の10人の流刑者たちと交流しないことを忠告され、政治犯として守るべき規則を指示された。彼はここで二人の医師ミリロ(V・ヴィターレ)とジビリスコ(F・カラッリ)や酔いどれの司祭トライエッラ(フランソワ・シモン)らと会った。翌朝、村長の指示に従って流刑人名簿にサインした後、村を散歩したレーヴィは村の様々な人々と知りあった。彼が医者だという噂が広まり、病気の子供を抱いた母親たちが押しかけた。夏がきて、新しい家を見つけた彼を姉のルイザ(レア・マッサリ)が尋ねた。姉に、この土地の農民たちの貧しさや中産階級が農民たちを搾取していることを話すレーヴィ。姉に励まされ絵を描き始めた彼のもとに、家政婦として近隣に住むジュリア(イレーネ・パパス)が幼い息子と共に通うようになる。やがて、彼は医師としての正式な許可を得て村人たちの信頼を強めた。36年5月、イタリアがエチオピア侵略に成功し、共産主義者2人を除く流刑者たちに恩赦がくだる。人々に送られ、雨の中、レーヴィは村を去った。

関連するキネマ旬報の記事

1983年4月下旬号

外国映画批評:エボリ

外国映画紹介:エボリ

1983年2月下旬決算特別号

グラビア:エボリ

特集「エボリ」:批評

特集「エボリ」:批評

1982年11月下旬号

試写室:エボリ