男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

鏡の中の女

  • かがみのなかのおんな
  • Face to Face Ansikte mot Ansikte
  • ----

amazon


  • 平均評点

    78.7点(13人)

  • 観たひと

    21

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 スウェーデン
製作年 1975
公開年月日 1982/6/27
上映時間 0分
製作会社 シネマトグラフ・プロ
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

恵まれた生活を送っていた一人の女医が突然精神的な病いに陥りはじめて絶望的な苦悩を経験するという、生と死と愛をテーマにした人間ドラマ。製作・監督・脚本は「秋のソナタ」のイングマール・ベルイマン、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、モーツアルトの『幻想曲』ハ短調のピアノ演奏はチェービー・ラレテイ、編集はシブ・ラングレン、製作デザインはアンネ・ハーゲゴード、メークアップはセシリア・ドロットが各々担当。出演はリヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン、アイノ・トーベ・ヘンリクソン、グンナール・ビヨルンストランド、カリ・シルバン、シフ・ルード、スヴェン・リンドベルイなど。

あらすじ

エニー・イサクソン(リヴ・ウルマン)は、ストックホルムの総合病院の精神療法医であり、家族にも恵まれ、何不自由なく生活している聡明で美しい女性である。幼ない頃事故で両親を失った彼女は、かわりに祖父母に育てられ、今日も引越しで荷物を運び出してガランとした部屋から祖母(アイノ・トーベ・ヘンリクソン)に「そちらに行く」と電話したところだ。旧式のアパートに祖父母を訪ねたエニーは、大よろこびの祖母とベッドに寝たままの祖父(グンナール・ビヨルンストランド)の歓迎を受ける。その夜、疲れた身体を休めていたエニーは、寝苦しさからハッと目をさますが、暗闇の中で見知らぬ老女の幻覚を見てゾッとした。病院では、彼女はマリヤ(カリ・シルバン)の世話をしていたが、一向に快復する様子がなく医者の無力さに絶望的になっていた。ある日、主任医師の家で開かれたパーティで、エニーは婦人科医のトーマ(エルランド・ヨセフソン)と知り合う。食事を誘われたエニーは、すんなり承諾し明け方まで語り合うのだった。数時間後、マリヤが今は空き家になったエニーの家で気を失っているという知らせを受けたエニーは、早速かけつけるが、マリアを連れ込んだらしい二人の男に強姦されそうになる。かたくなに抵抗する彼女に男たちは諦めて帰っていった。その後トーマに電話をかけたエニーは、一夜を彼と共にするが、SEXなしで、ただ共に眠りたいとたのんだ。その後突如笑いの発作が彼女を襲う。家に送られたエニーは、三日間眠り続けるが、その後も再び幻覚に襲われ、ついに自殺をはかる。一命をとりとめ入院したエニーは、夢の中で、両親や祖父母と対面する。彼女は生身の人間として、感じていることをはじめて吐露するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1982年8月上旬号

外国映画紹介:鏡の中の女

1982年6月上旬号

特集 鏡の中の女:作品批評

特集 鏡の中の女:作品批評

特集 鏡の中の女:作品批評

グラビア:鏡の中の女

1982年5月下旬号

試写室:鏡の中の女