男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マイ・ビューティフル・ランドレット

  • まいびゅーてぃふるらんどれっと
  • My Beautiful Laundrette
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.3点(70人)

  • 観たひと

    124

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1985
公開年月日 1987/3/20
上映時間 0分
製作会社 ワーキング・タイトル=SAFプロ(チャンネル4)
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

南ロンドンを舞台にパキスタンとイギリスの二人の青年の交流を描く。イギリスの商業TV局チャネル4が“フィルム・オン・フォー”という番組のために製作したものだが、試写を見たジャーナリストの勧めで、エジンバラ映画祭に出品したところ好評だったので、劇場公開されることになった。製作はサラ・ラドクリフとティム・ビーヴァン。監督は“Hit”(84)のスティーブン・フリアーズ。脚本はパキスタンとイギリスのハーフであるハニフ・クレイシ。撮影はオリヴァー・ステイプルトン、音楽はルーダス・トナリスが担当。出演はゴードン・ウォーネック、ダニエル・デイ・ルイスほか。16ミリを35ミリにブローアップ。

あらすじ

パキスタン青年オマール(ゴードン・ウォーネック)は、父(ロシャン・セス)とロンドンのみすぼらしいアパートに住んでいた。父はかつてボンベイで新聞記者をしていたが、妻を亡くしアルコールづけになっていた。オマールは父の弟ナセル(サイード・ジャフリー)が経営するガレージで働き始める。ナセルは金儲けを第一に考え、イギリス女性レイチェル(シャーリー・アン・フィールド)を情婦にしていた。ナセルの瀟洒な邸に招かれたオマールはいとこのタニア(リタ・ウルフ)に久し振りに再会する。いとこのサリム(デリック・ブランシュ)の車で帰宅する途中、幼ななじみのジョニー(ダニエル・デイ・ルイス)を見かけて声を掛けた。南ロンドンのコイン・ランドリーの経営をまかされるが、うまくいかない。ジョニーに手伝いを頼んだ。サリムから麻薬の運び屋の仕事を請け負い、一部をくすね、それを売って改装費に当てる。ナセルはジョニーをつかい、アパートの家賃を払わない貧乏詩人を追い出させた。パウダーズと改称したコイン・ランドリーの新装開店の日、店内ではナセルとレイチェルがダンスをし、奥では裸になったオマールとジョニーがキスし抱きあう。タニアが現われ、レイチェルを「男に囲われている女なんて寄生虫と同じよ」となじる。傷つくレイチェル。サリムはジョニーのかつてのパンク仲間が歩いているのを見て、車で追いかけ足をけがさせた。レイチェルが去り、男性優位主義のパキスタン人社会にうんざりしたタニアが家を出て、ナセルは兄のアパートに行き慰めを求める。パンク連中はパウダーズの前にとめてあったサリムの車を破壊し、サリムをなぐりつける。じっと見ていたジョニーは意を決して止めに入り、かつての仲間ともみあう。しばらくしてオマールが来て、ジョニーを介抱する。「俺は降りる」というジョニーの傷を水で洗うオマール。やがて、二人は互いの身体に水をかけあう。

関連するキネマ旬報の記事

1987年8月上旬号

外国映画紹介:マイ・ビューティフル・ランドレット

1987年6月上旬号

外国映画紹介:マイ・ビューティフル・ランドレット

1987年4月上旬号

外国映画批評:マイ・ビューティフル・ランドレット

1987年3月下旬号

グラビア:マイ・ビューティフル・ランドレット

試写室:マイ・ビューティフル・ランドレット