男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

インディア・ソング

  • いんでぃあそんぐ
  • India Song
  • ----

amazon


  • 平均評点

    77.2点(9人)

  • 観たひと

    19

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1974
公開年月日 1985/10/5
上映時間 0分
製作会社 サンチャイルド=レ・フィルム・アモリアル=S・ダミアーニ・プロ=A・ヴァリオ・カヴァグリオーヌ
配給 ケイブルホーグ
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演デルフィーヌ・セイリグ Anne Marie Stroeter
ミシェル・ロンダール Ey Vice Consul
マチュー・カリエール Young Officer
Claude Monn Michael Richardson

解説

1930年代のカルカッタの仏大使館を舞台に人間の癒しがたい倦怠感、愛の渇望等を描く。製作はステファーヌ・テカルガジェフ、監督・原作・脚本はマルグリット・デュラス、撮影はブルーノ・ニュイッテン、音楽はカルロス・ダレッシオが担当。出演はデルフィーヌ・セイリグ、ミシェル・ロンダールなど。

あらすじ

1937年、インドのカルカッタ。フランス大使夫人アンヌ・マリー・ストレッテル(デルフィーヌ・セイリグ)は30代の成熟した女性。彼女は植民地の白人社会では女神のような存在で、娼婦のように男たちに身体を許している。フランス大使館でのパーティの夜、ラホールの元副領事(ミシェル・ロンダール)が招かれる。噂では、彼は30代でまだ童貞で、以前副領事の時にハンセン病患者たちに向けて発砲するという事件を起こし左遷されていたという人物である。彼は、アンヌ・マリーを見た瞬間から彼女に惹かれる。パーティが終わった時、アンヌ・マリーの恋人たちだけは、その場に残ることを許される。元副領事は、アンヌ・マリーに対する気持ちを打ち明け、ここに留まらせて欲しいと熱望するが、アンヌ・マリーは、軽く受け流してしまった。元副領事はどうにもならない気持ちを押えきれずに大声で彼女に対する思いを叫ぶ。翌朝、アンヌ・マリーの一行はデルタのプリンス・オブ・ウェールズ・ホテルに行く。アンヌ・マリーはそのまま河口に入水した。どこからともなく女乞食の歌声が聞こえてくる。

関連するキネマ旬報の記事

1996年7月下旬号

COMING SOON【新作紹介】:インディア・ソング

1985年12月下旬号

外国映画紹介:インディア・ソング

1985年11月下旬号

外国映画批評:インディア・ソング

1985年10月下旬号

グラビア:インディア・ソング