男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アナザー・カントリー

  • あなざーかんとりー
  • Another Country
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.2点(124人)

  • 観たひと

    250

  • 観たいひと

    38

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1984
公開年月日 1985/8/1
上映時間 90分
製作会社 ゴールドクレスト=ナショナル・フィルム・ファーナンス
配給 ヘラルド・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

1930年代の英国のパブリック・スクールを舞台にそこに学ぶ寮生たちの姿を描く。製作はアラン・マーシャル、エグゼキュティヴ・プロデューサーはロバート・フォックス、監督はこれが長編一作目になるマレク・カニエフスカ。ジュリアン・ミッチェルの原作を基に自ら脚色、撮影はピーター・ビジウ、音楽はマイケル・ストーレイ、編集はジェリー・ハンブリングが担当。出演はルパート・エヴェレット、コリン・ファースなど。

あらすじ

1983年モスクワ。アメリカ人ジャーナリスト(ベッツィー・ブラントリー)は、年老いたガイ・ベネット(ルパート・エヴェレット)にインタヴューしている。ガイは、祖国イギリスを裏切り、ロシアに亡命しているスパイだった。何故彼はスパイになったのか?インタビュアーを前に、彼は青春の思い出を話しはじめた。1932年夏。ガイは、パブリック・スクールの最終学年を迎えようとしていた。上流階級の選ばれた者しか入学できない、この全寮制の学校で、明晰で活発な彼は、目立つ存在だった。新しい学年が始まれば、学校を支配する生徒達の自治会エリート・メンバー“ゴッド”に選ばれるはずになっている。そして、ゆくゆくは外交官となり、パリ駐在大使になるというエリート・コースを順調に進む未来が約束されていた。彼にはジャド(コリン・ファース)という親友がいた。彼はレーニンに傾倒している共産主義でガイのブルジョワ的思考を軽蔑していたが、そんなガイが憎めずに好きだった。第一次大戦で戦死した卒業生を讃える追悼礼拝式でガイは、別寮の美少年ハーコート(ケアリー・エルウィズ)に一目惚れしてしまった。パブリック・スクールでは、同性愛は浸透しやすいのだ。そんな時、ガイの同僚の学生が、同性愛の現場を目撃され羞恥心から自殺するという事件がおこった。この事件で校内には不穏なムードが漂う。自責の念にかられた寮の責任者バークレイ(マイケル・ジェン)。一方、デラヘイ(ロバート・アディ)は、与えられた特権を活かして、生徒達に尊大に振る舞った。そんな二人を巧みに操り、地固めを進めるのがメンジース(フレデリック・アレクサンダー)だ。また軍国主義者のファウラー(トリスタン・オリヴァー)のガイに対する激怒は爆発していた。彼はガイやジャドのような異端者が我慢ならないのだ。彼はハートコートにますます夢中になるガイを、同性愛という理由で“ゴッド”のメンバーにはなれなくした。輝いていたはずのガイの未来が閉ざされたその時から、彼の心には復讐の炎が根ざし出した。ジャドの思想に感化されていた彼は、それを使って、スパイという反撃の道を選ぶのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2012年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:語り継ぎたい映画シリーズ 第3弾「アナザー・カントリー(HDニューマスター)」

1985年10月下旬号

外国映画紹介:アナザー・カントリー

1985年9月上旬号

外国映画批評:アナザー・カントリー

1985年6月上旬号

グラビア:アナザ・カントリー

1985年5月下旬号

試写室:アナザ・カントリー