男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スペースバンパイア

  • すぺーすばんぱいあ
  • Lifeforce
  • Lifeforce
  • 平均評点

    62.3点(136人)

  • 観たひと

    251

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル SF / ホラー
製作国 イギリス
製作年 1985
公開年月日 1985/8/10
上映時間 102分
製作会社 ゴラン=グローブス・プロ(キャノン)
配給 日本ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

宇宙で発見された生物が、地球人の精気を吸い取っていくというSF恐怖映画。製作はキャノン・グループのメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローブス。監督は「ポルターガイスト」(82)のトビー・フーバー。コリン・ウィルソン著『宇宙ヴァンパイア』(新潮文庫。映画に合わせて『スペース・バンパイア』と改題)に基づいて、ダン・オバノンとドン・ジャコビーが脚色。撮影はアラン・ヒューム、音楽はヘンリー・マンシーニ、特殊ヴィジュアル効果はジョン・ダイクストラが担当。出演はスティーヴ・レイノルズバック、マチルダ・メイほか。

あらすじ

1986年、ハレー彗星の調査に向かった宇宙船チャーチル号は、宇宙空間に浮ぶ宇宙船を発見。船長のカールセン大佐(スティーヴ・レイノルズバック)はクルーとともに探査する。なかには巨大なコウモリ状の宇宙生物の死体が多数あった。そして、全裸の女一人、男二人が透明なカプセルに収容されているのを発見し、チャーチル号に回収した。一カ月後、米国のコロムビア号は船内火事をおこしているチャーチル号に接近。クルーの焼死体と無傷のカプセルを発見した。欧州宇宙研究センターに安置されたカプセルのうち、美女のものに異変がおきた。なんと彼女(マチルダ・メイ)が起きあがり、ガードマンを誘い、抱きついた。彼の肉体から精気が美女に吸い取られ、またたく間にミイラの如くひからびたのだ。ファラーダ博士(フランク・フィンレイ)が駆けつけた時には、彼女はロンドンの町に消えていた。ケイン大佐(ピーター・ファース)が捜査指揮をとる。死の学問を研究するブコフスキー博士(マイケル・ゴザード)によると、生物はみなライフフォースを持ち、あの宇宙生物は強大なエネルギーを吸い取っているという。被害者の方も2時間すると、スペースバンパイアになってしまう。ついにロンドンの町で被害者が出始める。全滅したと思われたチャーチル号の船長カールセンが乗った脱出カプセルがテキサス州に着陸した。ロンドンにやってきた彼は、クルーが次々にミイラになり、宇宙生物を地球にやってはならないと思い船を爆破したという。バンパイアを追ってケイン、カールセンはサルストン精神病院に急ぐ。バンパイアは看護婦、院長、サー・パーシー(オーブリー・モリス)と続々とエネルギーを奪っていった。カールセンはチャーチル号で美女バンパイアと交わったことを告白する。ロンドンではパンパイアの犠牲者がうごめきNATOは核攻撃を計画する。教会でカールセンは美女バンパイアと再会。教会前では、二人の男性パンパイアがロンドンから集めたエネルギーを、ハレー彗星内にある巨大宇宙船に送り込んでいる。ファラーダ博士の説では、スペースバンパイアを退治するには十字の鉄くいで貫くしかないという。全裸で美女バンパイアと抱き合い、自分自身と彼女を鉄くいで貫くと、大爆発がおきた。

関連するキネマ旬報の記事

1985年10月上旬号

外国映画紹介:スペースバンパイア

1985年9月上旬号

外国映画批評:スペースバンパイア

1985年8月下旬号

グラビア:スペースバンパイア