男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラ・パロマ

  • らぱろま
  • La Paloma
  • ----

amazon


  • 平均評点

    81.5点(21人)

  • 観たひと

    45

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ファンタジー
製作国 スイス フランス
製作年 1974
公開年月日 1984/12/22
上映時間 0分
製作会社 シテール・フィルム=アルトコ・フィルム=フィルム・ロザンジュ
配給
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

青年貴族と娼館の歌姫ラ・パロマとの幻想的な恋を描く。製作はイヴ・ペイロ、監督・脚本は「ヘカテ」のダニエル・シュミット、撮影はレナート・ベルタ、音楽はゴットフリード・ヒュンスベルク、編集はイラ・フォン・ハスペルクが担当。出演はイングリッド・カーフェン、ペーター・カーン、ペーター・カテル、ビュル・オジェ、ジェローム・オリヴィエ・ニコランなど。

あらすじ

マダム・リリーの娼館では、退廃的な紫煙の中で命がけの賭博が行なわれている。客たちは少女の娼婦や美少年を相手にその場に酔っている。この娼館で評判の歌姫ヴィオラ、またの名を“ラ・パロマ”(イングリッド・カーフェン)が“シャンハイ”を歌いながら舞台に現われる。その艶姿をじっと見つめている男の客がいた。名前をイジドール(ペーター・カーン)というその男は、連日ラ・パロマの楽屋に黄色いバラを持って訪ねるが、酒びたりの彼女に激しく拒絶される。ある日彼女は酒のために倒れてしまい、医者はあと数週間の命と宣告する。この時になって彼女は、イジドールの求愛を受け入れる。イジドールに連れられてヨーロッパの病院を転々とした彼女は、奇跡的に回復した。イジドールの居城で幸福な日々に酔うヴィオラ。しかし、そんな二人をイジドールの母だけは不安の面持ちで見つめていた。ある日、イジドールの親友ラウル(ペーター・カテル)が訪ねて来た。美青年の彼と激しい恋におちた彼女は、イジドールにラウルと旅立ちをする金を求めるが拒絶される。忠実でなくなった彼に怒った彼女はある復讐を実行する。やせ衰え生気を失ってゆく彼女は病床につき、イジドールに遺書を残して死んでゆく。廃人のごとき日々を送るイジドール。やがて三年が過ぎ、遺書をラウルと共に開封する日が来た。それには、亡骸を掘り起こし骨壷に収めて礼拝堂にまつって欲しいと書かれてあった。二人は約束通り墓を掘りおこした。そこには、何と生前のままの美しいヴィオラが横たわっていた。驚き逃げ去る人々をよそに、イジドールはヴィオラの肉体を切り刻んだ。夢からさめると、そこは例の娼館。ラ・パロマが“シャンハイ”を陶酔するように歌っている。トランプ手品師がこう語りかける。「あなたのために……いつまでも……想い出を」。

関連するキネマ旬報の記事

1985年3月下旬号

外国映画紹介:ラ・パロマ

1984年12月下旬号

グラビア:ラ・パロマ