男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ゴールド・パピヨン

  • ごーるどぱぴよん
  • Gwendoline
  • ----

amazon


  • 平均評点

    49.9点(14人)

  • 観たひと

    22

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1984
公開年月日 1984/11/23
上映時間 0分
製作会社 パラフランス=フィルム・デル・ラルマ=GPFI
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

行方不明になった父を探して人外魔境に入り込んだヒロインの冒険を描く。製作はジャン・クロード・フリューリー。監督は「チャタレイ夫人の恋人(1982)」のジュスト・ジャカン。ジョン・ウィリー作の漫画をジャカンが脚色。撮影はジャン・ポール・ムリス、音楽はピエール・バシュレが担当。出演はアメリカ人のトーニー・キテインとブレント・ハフの他に、ザブー、ベルナデット・ラフォンなど。英語サウンドトラック版。

あらすじ

あるアジアの港町。フランスからグエンドリン(トーニー・キテイン)という名の若い娘が密入国した。彼女の父が幻の黄金の蝶を追って砂漠で姿を消したので、その行方を探しに来たのだ。召使のベス(ザブー)が食物を調達して戻ってくると彼女がいない。ならず者たちに誘拐され、淫売宿に売られていたのだ。好色な主人に脅かされていると、突如、ウィラード(ブレント・ハフ)という男が闖入してきて主人と手下をやっつける。主人に貸していた金を取り立てるのに、鋭利な刃物で相手を瀕死の状態にするという乱暴なウィラードにグエンドリンは目をつける。だが、彼は彼女の父が消えた場所がヤキ・ヤキの砂漠と知るとすげなく断わった。そして、あるブツを秘かに運ぶ役を引き受ける。だが、取り引き相手は悪辣な奴で射ち合いになり、取り引きはおじゃんに。グエンドリンはそのブツをこっそり売って得た金で、ウィラードに案内を承知させた。グエンドリン、ベス、ウィラードの三人は砂漠に入り込み、キオプス族につかまった。この砂漠ではカリビドゥの風が吹き荒れるので、捕虜をつかまえては生け贄にしていた。これが最後と思った夜、まだ愛を知らぬグエンドリンにウィラードは、手足を縛られたまま藁を使って愛の甘美を教える。翌朝、ベスの度肝を抜く作戦が功を奏して脱走に成功した。密林に入りこんだ三人は、謎の女王が支配する禁断の都にたどりつく。女たちはみな若く、肌をわずかにおおっているだけ。あたりを女戦士たちが徘徊していた。ベスとウィラードがつかまった。この女だけの都には、一人だけ男性がいた。驕漫な女王(ベルナデット・ラフォン)につかえる科学者のなれの果てのダルシー(ジャン・ルージュリー)だ。彼こそはグエンドリンの父を女王の命で亡き者にした仇であった。女王は女戦士を互いに闘わせ、その勝者とウィラードをセックスさせ、その後でウィラードを殺すことにした。グエンドリンはマスクをつけて女戦士になりすます。激しい闘争の末にグエンドリンは勝ち残りウィラードとセックスをする。ダルシーは女王にこきつかわれるのが嫌になり、都のエネルギー・コントロール装置を破壊する。グエンドリン、ベス、ウィラードは逃げ出すが、ウィラードは逃げおくれて、外界との唯一の接点は砂に埋もれてしまう。グエンドリンががっかりしていると、どうやって脱出したものか、そこにウィラードが姿を現わすのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1985年3月上旬号

外国映画紹介:ゴールド・パピヨン

1985年1月上旬号 戦後復刊900号記念特別号

外国映画批評:ゴールドパピヨン

1984年12月上旬号

グラビア:ゴールドパピヨン

試写室:ゴールドパピヨン