男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ピクニックatハンギングロック

  • ぴくにっくあっとはんぎんぐろっく
  • Picnic at Hanging Rock
  • Picnic at Hanging Rock

amazon


  • 平均評点

    69.7点(113人)

  • 観たひと

    218

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 オーストラリア
製作年 1975
公開年月日 1986/4/26
上映時間 116分
製作会社 ピクニック・プロ
配給 松竹富士
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ハンギングロックで三人の女性が消えた! 67年にジョーン・リンジーが発表した同名小説の映画化。製作はハルとジムのマッケルロイ双子兄弟。エグゼキュティヴ・プロデューサーはパトリシア・ロヴェル。監督は「刑事ジョン・ブック/目撃者」のピーター・ウェアー。脚本はクリフ・グリーン。撮影はラッセル・ボイド(77年度英アカデミー撮影賞を受賞)。音楽はブルース・スミートンが担当し、ザンフィルのパン・フルートがフューチャーされている。出演はレイチェル・ロバーツ、ドミニク・ガード、アン・ランバートなど。

あらすじ

1900年2月14日、ヴァレンタイン・デー。オーストラリアの寄宿制学校アップルヤード・カレッジの生徒たちが岩山ハンギングブロックにピクニックに出かけた。アップルヤード校長(レイチェル・ロバーツ)は孤児セイラ(マーガレット・ネルソン)の参加を許さなかった。朝、数学教師マクロウ(ヴィヴィアン・グレイ)とフランス語教師マドモアゼル・ポワテール(ヘレン・モース)に引率された一行は、ハシー(マーティン・ヴォーン)の馬車でハンギングロックに向かう。ここは火山の隆起でできあがった奇岩で、その奇怪な形状は見るものに異様な感じを与えた。食事のあと、まどろむ一行。やがて、ミランダ(アン・ランバート)、アーマ(カレン・ロブソン)、マリオン(ジェーン・ヴァリス)はマドモアゼルの許可を得て岩山を散歩することにした。三人の後からでぶの不平屋イーディス(クリスティーン・シュラー)もついて行く。そんな四人を見守るマイクル(ドミニク・ガード)とアルバート(ジョン・ジャレット)。マイクルは退役大佐フィッツヒューバートの甥でイギリスからやって来た若者、アルバートは大佐邸で働く下僕だった。四人は上へ上へとのぼる。ミランダは「物にはすべて正しい始まりと終りがある」という。下ではなぜか時計が十二時でとまっていた。イーディスがとめるのに三人はひかれるように上へのぼって行った。イーディスが全身すり傷だらけで下山してきた。三人が消えたという。同時にマクロウの姿も消えていた。ミランダの横顔に魅せられていたマイクルはアルバートと語りあって岩山へ行く。「もう一週間たっているので無駄だよ」とアルバートはマイクルを残して邸へもどる。翌日、アルバートはハンギングロック山中で倒れているマイクルを発見。そして、その近くの岩のすき間からアーマを見つけ出した。衰弱しているが大けがはしていない。しかし記憶は失っていた。アップルヤード・カレッジでは娘を退校させる親が相次いで校長を悩ませ、ミランダをしたっていたセイラは深く沈んでいた。アーマとマイクルは、湖を散策する。アーマはヨーロッパに行くことになり、学校に挨拶に来るが、級友は真相を話せと責めたてた。授業料滞納で孤児院に戻すと校長に宣告されていたセイラが屋上から落ちて不審な死をとげた。その後、しばらくして校長も不思議な死をとげた。

関連するキネマ旬報の記事

1986年6月下旬号

外国映画紹介:ピクニック atハンギングロック

1986年5月下旬号

外国映画批評:ピクニック atハンギングロック

1986年5月上旬号

グラビア:ピクニック atハンギングロック

特集 ピクニック at ハンギングロック:評論

1986年4月上旬号

試写室:ピクニック atハンギングロック