男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クロウ 飛翔伝説

  • くろうひしょうでんせつ
  • The Crow
  • ----

amazon


  • 平均評点

    73.4点(64人)

  • 観たひと

    113

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 1994
公開年月日 1994/9/17
上映時間 0分
製作会社 エンターテインメント・メディア・インヴェストメント=エドワード・R・プレスマン・プロ=ジェフ・モスト・プロ
配給 日本ヘラルド
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

墓場から蘇った不死身のヒーローの哀しみに満ちた復讐を通して、愛の不滅をうたうダーク・ファンタジー。主演のブルース・リーの遺児ブランドン・リーが、撮影中の発砲事故により28歳で死亡し、本作が遺作となった。彼の出演場面はほとんど撮り終えていたが、残された場面はコンピュータのデジタル合成(ドリーム・クエスト・イメージズ担当)により完成された。また、全編に流れるオルタネイティヴグランジ・ミュージックなど、ジェネレーションXのカルチャーを積極的に取り入れた点も注目される。ジェームズ・オバーの同名カルト的コミック(キネマ旬報社)を「エルム街の悪夢5 ザ・ドリーム・チャイルド」などホラー専門の脚本家デイヴィッド・J・スコウとサイバー・パンクSFの旗手である小説家のジョン・シャーリーが脚色。監督にはオーストラリア出身で「スピリッツ・オブ・ジ・エア」のアレックス・プロヤスが当たった。撮影は「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「夢の涯てまでも」のグレアム・レヴェルで、主題歌はジェーン・シベリーのIt Can't Rain All Time。美術は「バーチャル・ウォーズ」のアレックス・マクドウェル。共演は「愛が微笑む時」のアーニー・ハドソン、「蜘蛛女」のマイケル・ウィンコットほか。

あらすじ

退廃と欲望渦巻く近未来都市。今日も冷たい雨が降りしきる町の片隅で、墓場からロック・ミュージシャンのエリック(ブランドン・リー)が蘇った。この世と冥界とを結ぶ神秘的なカラスのパワーを得た、彼は一年前のハロウィンの夜、自分と恋人シェリー(ソフィア・シャイナス)を惨殺したものたちへの復讐を開始する。まずティン・ティンを血祭りに上げ続いてギデオンの質屋に現われたエリックはティン・ティンが売ったシェリーの婚約指輪を取り戻すと店に火を放った。そこへ、1年前の事件を担当した警官のアルブレヒト(アーニー・ハドソン)が駆け付け、エリックは彼に犯人たちの死を予告する。彼は次いで、自分とシェリーの良き友人だった少女サラと再会する。エリックは一味のファンボーイとの情事とドラッグに耽るサラの母親ダーラ(アンナ・トムソン)を救い、母親としての務めを果たすように諭す。一方復讐者の存在に気づいた街を牛耳る犯罪王トップ・ダラーはその正体を探らせる。エリックはダラーのアジトに乗り込み、壮絶な銃撃戦の末に一味を倒すが、ダラーはサラを誘拐して逃走した。エリックは敵が待ち受ける教会に赴くが、ダラーの腹心グランジ(トニー・トッド)にカラスを撃たれ、不死身のパワーを失う。そこへアルブレヒトが現われて窮地を救った。ダラーを倒したエリックは、静かに眠りについた。

関連するキネマ旬報の記事

1994年10月下旬号

外国映画紹介:クロウ 飛翔伝説

1994年8月下旬上半期決算号

グラビア 《New Release》(新作映画紹介):クロウ 飛翔伝説

KINEJUN CRITIQUE:クロウ 飛翔伝説