男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エル・マリアッチ

  • えるまりあっち
  • El Mariachi
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.3点(105人)

  • 観たひと

    196

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1994/2/24
上映時間 0分
製作会社 ロス・フリーガンス・プロ(コロンビア映画提供)
配給 ケイブルホーグ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

メキシコの小さな町にたどり着いたミュージシャンが、殺し屋に間違えられたことから起きた騒動記。弱冠24歳のロバート・ロドリゲスが、監督・製作・脚本ほか7役を兼ね、製作費わずか7千ドル(約77万円)、撮影日数14日間で撮り上げた作品。主演のカルロス・ガラルドが共同製作。音楽はマーク・トルエーロ、アルバロ・ロドリゲス、ホワン・スアレス、セシリオ・ロドリゲス、エリック・ガスリーが担当。スローモションの多用など、低予算を逆手にとった撮影技法の数々が、一種独侍のおもしろい効果を上げている。93年度サンダンス・フィルム・フェスティヴァル観客賞受賞。共演はコンスエロ・ゴメスほか。

あらすじ

メキシコの小さな田舎町、アクーナに黒いギター・ケースを抱えたマリアッチ・ミュージシャン(カルロス・ガラルド)が、仕事を探してやってきた。同じ頃刑務所を脱獄したアズール(レイノル・マーティネス)が、盗んだ金をひとり占めした昔の仲間、モーリシオ(ピーター・マルカルド)の配下を皆殺しにしていた。アズールはマリアッチと同じような黒いギター・ケースにマシンガンを入れ、同じような黒い衣装に身を包んでいた。手下を殺されたことに激怒したモーリシオは、アズールの行方を追い、町中に黒いギター・ケースを持った黒服の男を探し出すよう指令を出す。一方、何も知らぬマリアッチはホテルにチェックイン、フロントがモーリシオに知らせたために殺し屋たちがホテルに急行する。自分が殺し屋に狙われていることを知ったマリアッチはホテルを脱出。からくも逃げのびるが大切なギター・ケースを置いてきたことに気付き、危険を覚悟でホテルに戻った。再び殺し屋たちに見つかった彼は、機転を利かせて4人の殺し屋たちを倒した。行き場のなくなったマリアッチは、仕事の売り込みに立ち寄ったバーの美しい経営者のドミノ(コンスエロ・ゴメス)を頼り、ドミノは彼をかくまう。だが彼女はモーリシオの愛人だった。モーリシオの手下が彼女に、黒いギター・ケースを持った黒服の男のことを告げると、彼女はマリアッチに疑いを抱くが、彼に歌わせ本当のミュージシャンであることを信用する。一方ドミノを利用してモーリシオに接近しようと考えたアズールは、彼女の店でマリアッチのギター・ケースを間違って持って帰ってしまう。それに気付いたマリアッチは取り戻そうとマシンガンの入ったギター・ケースを抱えてアズールを追いかけるが、殺し屋たちに見つかり、逆に捕らえられる。モーリシオはマリアッチを見て人違いに気付き、彼は釈放される。その頃、アズールはドミノを捕らえ、モーリシオの家に向かっていた。マリアッチは彼女を救うべく、単身現場に向かう。敵を片付けるが撃たれて指を失いギターが弾けなくなった彼は、マシンガンを提げてまた町を去って行った。

関連するキネマ旬報の記事

1994年4月上旬春の特別号

外国映画紹介:エル・マリアッチ

1994年3月下旬号

グラビア 《New Release》(新作映画紹介):エル・マリアッチ

外国映画批評:エル・マリアッチ

1994年3月上旬号

特集 エル・マリアッチ:作品評