男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ストレンジャー(1996)

  • すとれんじゃー
  • Never Talk to Strangers
  • Never Talk to Strangers

amazon


  • 平均評点

    56.6点(48人)

  • 観たひと

    76

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル エロス / サスペンス・ミステリー / スリラー
製作国 アメリカ
製作年 1996
公開年月日 1996/6/15
上映時間 86分
製作会社 アライアンス・コミュニケーションズ
配給 コロンビア トライスター映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

美しき犯罪心理学者を襲う恐怖を描いた、エロティックなサイコ・ミステリー。「ゆりかごを揺らす手」「ギルティ 罪深き罪」「ビジター 欲望の死角」と、この種のジャンルを得意とする女優レベッカ・デモーネイが、初のエクゼクティヴ・プロデューサーにも挑んだ主演作。監督はロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの創設者であり、映画・TVの分野でも活躍する英国演劇界の重鎮で、これが初のハリウッド映画となるピーター・ホール。脚本はルイス・グリーンとジョーダン・ラッシュのオリジナル。製作はハンガリー映画界出身のアンドラス・ハモリと、「暴走特急」のジェフリー・R・ニューマン、マーティン・J・ワイリーの共同。カナダのトロント・ロケを中心としたダークな画調が効果的な撮影は、「ジャーニー・オブ・ホープ」のハンガリーの名手、エレマー・ラガリー。音楽は「キャリー」「殺しのドレス」「レイジング・ケイン」などブライアン・デ・パルマ監督のスリラー作品でおなじみのピノ・ドナジオ、美術はリンダ・ロザリオとリチャード・パリス、編集はロベルト・シルヴィ。共演は「デスペラード」「暗殺者」のラテン系セクシー男優、アントニオ・バンデラスがヒロインの相手役を務め、「潜望鏡を上げろ」のハリー・ディーン・スタントン、「ザ・インターネット」のデニス・ミラー、トニー賞受賞のブロードウェイの名優レン・キャリオウらが脇を固めている。

あらすじ

若く才気溢れる女性犯罪心理学者のサラ・テイラー(レベッカ・デモーネイ)は今、マックス・チェスキー(ハリー・ディーン・スタントン)という獄中のレイプ連続殺人犯の診断を行っている。彼女の鑑定が重大な鍵を握っているが、サラはチェスキーが多重人格ではないかと疑っていた。彼女は郊外のアパートで一人暮らしをしており、一階上にはかつての恋人クリフが住んでいた。よりを戻そうとまとわりつく彼が、今の彼女にはうっとうしい。チェスキーの弁護士から、サラが自分に対して偏見を抱いているというチェスキーの異議の申し立てがあったが、サラは彼の症状を説明した上で、あくまで公正と反論した。帰途、彼女はスーパーでラテン系のハンサムな男、トニー・ラミレス(アントニオ・バンデラス)に声をかけられた。初めは用心した彼女だったが、男のなれなれしさに気圧されたかのように電話番号を教えてしまう。帰宅すると、長い間疎遠だった父のヘンリーが待っていた。しかし、彼のことをよく思っていないサラは、少しの金を与えて追い返してしまう。翌日、トニーから電話がかかり、魅せられたかのように彼のアパートを訪ねたサラは、明け方までトニーとお互いのことを話し合った。彼女は5歳の時、母を事故で亡くしていた。トニーはセキュリティ・システムを売り歩く仕事をしており、共に一時、N.Y.州オールバニーに住んでいたことも分かった。サラのチェスキーに対する診断が続く。そんなある日、彼女に不吉な枯れ花が届いた。サラはトニーを疑うが、彼は激しく否定。一時のきまずいやりとりの後、2人は再び激しい愛を交わす。ところが、不審事は続き、事務所に来た妙な手紙から新聞に自分の死亡記事が掲載されているのを知る。サラはチェスキーを疑うが、厳重な禁固中の彼に、外部との連絡は不可能だった。さらに、彼女の愛猫が無残な箱詰め死体となって届けられるのに及び、サラは誰がが自分を狙っていることを知る。彼女はデューデコフという私立探偵を雇い、明日、商売でボストンに向かうというトニーの行動を追跡調査させた。トニーはN.Y.に向かい、空港で家族らしき女性と幼い女の子の出迎えを受け、熱い抱擁を交わしていたという。トニーは明らかに嘘をついている。そんな時、クリフが何者かに襲われ、瀕死の重傷を負った。サラはトニーの留守を狙って彼のアパートに忍び込むと、意外にもサラの母の事故死を伝える古い新聞の切り抜きと自分に関する大量のファイルを発見した。アパートに戻った彼女に追い打ちをかけるように、壁に「愚か者に死を!」という殴り書きが。さらにバスルームのヒーターが落下し、危うく命を落としそうになる。そこへ突然、トニーが現れた。彼は空港の女性はサラの離婚した夫の妹であり、彼女の恋人であるトニーは、その行方を捜すよう頼まれていたと言う。そこへヘンリーが現れた。揉み合ううち、全ての事件の要因は、サラの幼児期に母が亡くなった事故にあったことが判明する。幼い頃彼女は父に性的虐待を受けていて、母はそれを制止しようとして父に殺されたのだ。サラは叔母に引き取られて育てられたが、心に傷を負った彼女は知らぬ間に二重人格者として行動していた。すべての事件の犯人はサラだった。激情にかられ、サラのもうひとつの人格はトニーとやってきた父を銃で殺した。我に帰った彼女は、正当防衛になるよう現場を工作した。それから、しばらくして、日常の生活に戻ったサラの姿があった。

関連するキネマ旬報の記事

1996年11月上旬特別号

劇場公開映画批評:ストレンジャー

1996年6月上旬特別号

COMING SOON【新作紹介】:ストレンジャー