男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロシア52人虐殺犯 チカチーロ

  • ろしあごじゅうににんぎゃくさつはんちかちーろ
  • Citizen X
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.0点(9人)

  • 観たひと

    16

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1995
公開年月日 1996/4/27
上映時間 0分
製作会社 アサイラム・フィルムス=シタデル・エンターテインメント
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

旧ソ連で実際に起きた連続殺人事件を基に、困難な状況下にもかかわらず、執念で真犯人を追いつめる捜査官の姿を描いた一編。テレビ映画用に製作されたが、日本では劇場公開された。原作はロバート・カレンのノンフィクション小説『子供たちは森に消えた』(邦訳・早川書房)。監督・脚本は「ミシシッピー・バーニング」「マイルズ・フロム・ホーム」などの脚本家出身で、本作が劇映画デビューとなるクリス・ジェロルモ。製作はティモシー・マークス、エグゼクティヴ・プロデューサーはマシュー・チャップマン、ローラ・ビックフォード、デイヴィッド・R・ジンスバーグ、撮影は「愛人 ラマン」のロベール・フレース、音楽は「あなたが寝てる間に…」のランディ・エデルマン、美術はジョゼフ・ロンヴァリ、編集はウィリアム・C・ゴールデンバーグがそれぞれ担当。主演は「クライング・ゲーム」のスティーヴン・レア。共演は「私に近い6人の他人」のドナルド・サザーランド、「ショーシャンクの空に」のジェフリー・デマンほか。また、「エクソシスト」などの名優マックス・フォン・シドーが特別出演。

あらすじ

モスクワ南部、ロストフ州。農場で子供の死体が発見された。州民警本部の検死官ブラコフ(スティーヴン・レア)は、近くの森から次々に発見された子供や女性の死体を検死、そのむごたらしさに涙する。事件を連続殺人犯の犯行とにらんだ彼は上層部に上申。ところが党書記長ボンダルチュク(ジョス・アックランド)をはじめとする上層部は、「共産主義社会に殺人鬼はいない」と一笑、ブラコフに主任捜査官の任を押しつける。彼の理解者は上司のフェチソフ少佐(ドナルド・サザーランド)だけだ。ブラコフは被害者が駅から失踪していることに気づき、張り込みを開始するが、乏しい予算では十分な効果はあがらない。苦悩する彼を尻目に、被害者は増えていく。ある夜、ブラコフは駅で挙動不審な中年男、チカチーロ(ジェフリー・デマン)を見つけ、真犯人と直感。しかし、逮捕したはいいが、チカチーロは模範的共産党員だったため釈放される。ついには犯人扱いまでされて、ストレスでダウンするブラコフ。そんな彼をフェチソフは陰日向に支える。ゴルバチョフ政権が誕生し、上層部も刷新された。フェチソフは将軍に、ブラコフは署長に昇進、希望の中二人は捜査を再開。そんな二人を助けたのが、精神分析医ブハノフスキー博士(マックス・フォン・シドー)の的確な犯人像分析レポート、『市民X』だった。厳重な捜査網の中、再逮捕されたチカチーロに面会した博士は、彼に犯行を自供させた。かくしてチカチーロは裁判の結果、死刑となった。

関連するキネマ旬報の記事

1996年9月下旬特別号

劇場公開映画批評:ロシア52人虐殺犯チカチーロ

1996年5月下旬特別号

KINEJUN CRITIQUE:ロシア52人虐殺犯 チカチーロ

1996年5月上旬号

COMING SOON【新作紹介】:チカチーロ