男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

好きと言えなくて

  • すきといえなくて
  • The Truth about Cats & Dogs
  • The Truth about Cats & Dogs

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    66.1点(29人)

  • 観たひと

    57

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル コメディ / ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1996
公開年月日 1996/7/13
上映時間 97分
製作会社 ヌーン・アタック
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

対照的な2人の女性が1人の男性を巡って繰り広げる恋のさや当てを描いた、ロマンティックなラブ・コメディ。監督は「ハドソン・ホーク」「ハードロック・ハイジャック」などコメディを得意とするマイケル・レーマン。脚本は、サンフランシスコのラジオ局でDJとして活躍するオードリー・ウェルスのオリジナルで、彼女と「シザーハンズ」「ネイキッド」のリチャード・ハシモトがエクゼクティヴ・プロデューサーを務める。製作は「ラスト・ボーイスカウト」のカリ=エスタ・アルバートで、彼女が設立した映画製作会社ヌーン・アタックの第1回作品。撮影は「ビバリーヒルビリーズ じゃじゃ馬億万長者」のロバート・ブリンクマン、音楽は「ミセス・ダウト」「フィラデルフィア」のハワード・ショア、美術は「パシフィック・ハイツ」のシャロン・シーモア、編集は「ハードロック・ハイジャック」のスティーブン・セメル、衣裳はブリジット・ケリーが担当。主演は「リアリティ・バイツ」「ヤング・ヒットマン」のジャニーヌ・ギャロファロと「パルプ・フィクション」「湖畔のひと月」のユマ・サーマン。共演は「日の名残り」のベン・チャップリン、TV『In Living Color』で人気のジェイミー・フォックスほか。

あらすじ

ラジオ・パーソナリティのアビー(ジャニーヌ・ギャロファロ)は容姿に自信がなく、これまでの恋愛の成功率はゼロ。だが、仕事の方は順調で、特にペットについての相談では定評のある番組『The Truth about Cats & Dogs 』は高い人気を誇っている。ある日、犬についての相談を寄せたファッション・カメラマンのブライアン(ベン・チャップリン)は、彼女の優しい応対とその声にすっかり感激し、お礼にデートに誘う。アビーは行く気もなく、見ていた雑誌の美しいモデルの容姿を伝え、それを目印にと約束するが、すっぽかす。翌晩、アパートの隣室に住む女性がボーイフレンドと大喧嘩していたのでアビーが仲裁に入った。その女性こそ、あの雑誌の美人モデルのノエル(ユマ・サーマン)だった。翌日、ノエルがラジオ局にお礼にやって来るが、そこに偶然ブライアンが訪れ、ノエルの美しさにひと目惚れ。彼はノエルをアビーと思い込み、後から現れたアビーもノエルを自分と偽り、自分はその友人だと紹介してしまう。3人はベニス・ビーチのバーで会ううち、アビーはブライアンを好きになってしまう。2日後の夜、アパートにいたアビーにブライアンから電話がかかってきた。何時間も話すうち、2人の電話を通した恋愛感情は盛り上がり、気持ちはベッドインまで達する。だが、アビーは本当のことが言えず、ノエルに真相を伝えてほしいと頼むが、困ったことに彼女も本当にブライアンを好きになってしまった。彼の前でとぢらが好きか選ばせようと、2人はブライアンのアパートを訪ねる。だが、彼はノエルの美しさに完全に心奪われた様子で、アビーは敗北を認めて1人寂しく部屋を去る。落ち込んだアビーに、ノエルから昨夜のことは許してほしいという留守番電話が入った。親友の気持ちも分かってきたが、彼を引き止めることができない自分が悲しい。家に閉じこもっていたアビーが外に出る気になって買い物をしていると、偶然ブライアンに会った。夕焼けを眺めて話をするうち、彼を好きな気持ちがこみ上げてくるが、好きといえないもどかしさ。一方、ブライアンが電話を通して語り合ったアビーの人柄に恋しており、彼の本心は容貌ではないことを知ったノエルは、アビーと一緒に真実を明かす。ブラインはひどく傷つくが、やがて意を決してアビーを追いかける。お互いの気持ちを知った2人は、ようやく一緒になれた。

関連するキネマ旬報の記事

1996年6月下旬号

特集 好きと言えなくて:ユマ・サーマン論

特集 好きと言えなくて:作品評

COMING SOON【新作紹介】:好きと言えなくて