男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スカーレット・レター(1995)

  • すかーれっとれたー
  • The Scarlet Letter
  • ----

amazon


  • 平均評点

    63.2点(22人)

  • 観たひと

    58

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1995
公開年月日 1996/2/3
上映時間 0分
製作会社 ライトモティーヴ=アライド・スターツ=シナージ=ムーヴィング・ピクチャーズ
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

19世紀アメリカ文学の名作として名高いナサニエル・ホーソーンの小説『緋文字』を、フェミニズムの強調などの新たな解釈を加えて映画化。植民地時代の北米大陸を舞台に、姦通の烙印を押されながらも真実の愛を貫き通して闘った女性の姿を描いた愛の物語。監督は「ミッション」「シティ・オブ・ジョイ」のローランド・ジョフェ。製作はジョフィと「ダイ・ハード3」のアンドリュー・ヴァイナの共同。脚本は「愛と青春の旅だち」のダグラス・デイ・スチュワート、撮影は「デモリションマン」のアレックス・トムソン、音楽は「チャーリー」のジョン・バリー。美術は「バリー・リンドン」でアカデミー賞に輝き、「キリング・フィールド」「シティ・オブ・ジョイ」に続いて監督とは3作目のロイ・ウォーカー、衣裳は「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」でアカデミー賞を受賞したガブリエラ・ペスクッチがそれぞれ担当。主演は「ディスクロージャー」のデミ・ムーア。共演は「不滅の恋 ベートーヴェン」のゲイリー・オールドマン、「ザ・ペーパー」のロバート・デュヴァルほか。

あらすじ

17世紀、北米大陸のニューイングランド地方。若く美しいヘスター・プリン(デミ・ムーア)は、仕事で忙しい夫のロジャー(ロバート・デュヴァル)よりもひと足早く、戒律の厳しいこの地方に入植した。ここは先住民族のインディアンとの間に緊張が高まりつつあった。ある日彼女は、インディアンに聖書の教えを説く牧師のアーサー・デイムスデイル(ゲイリー・オールドマン)と出会い、2人は互いに引かれ合う。そんな時、ロジャーを乗せた船が沈没したとの報せが届く。呆然とするヘスターを励ますアーサーに、彼女はこの結婚は15歳の時に親の借金のためにした、愛のないものだと打ち明ける。2人の愛は燃え上がり、やがて彼女はアーサーの子を身ごもった。町の審問会で父親の名を問われても決して明かさなかった彼女は投獄された。数カ月後、娘パールを生んだ彼女は解放されるが、以後、姦通を意味する緋色の「A」の文字を生涯胸に縫い付けるよう命じられる。厳しい迫害と中傷の中、ヘスターは自らの愛を信じて愛するアーサーとパールのために、毅然と生き続ける。そんな折り、死んだはずのロジャーが姿を現した。インディアンに捕らわれていたのだ。実の夫が生きているとわかれば、彼女の死刑は免れない。ヘスターを恨むロジャーは、自分の身分は明かさない代わりに彼に献身的な愛を捧げるよう要求し、彼女はこの屈辱的な申し出を飲んだ。また、ロジャーはインディアンの襲撃を恐れる町の長老たちにもっともらしいアドバイスを与え、町の名士としての地位を着実に築く。さらに彼は、パールを魔女として弾劾し、その父親がアーサーであることを突き止める。その夜、冷静さを失ったヘスターを、長老の息子ブリュスターが襲いかかった。彼女は逃げおおせたが、それを見ていたロジャーはインディアンの仕業に見せ掛け、彼を殺した。町の人々はインディアンを疑い、ついに戦いの火蓋が切って落とされた。ヘスターとアーサーは混乱の中、パールを救出する。パールは緋文字「A」を母の胸から取り去り、川に流した。

関連するキネマ旬報の記事

1996年4月上旬春の特別号

外国映画紹介:スカーレット・レター

1996年3月下旬号

劇場公開映画批評:スカーレット・レター

1996年2月上旬号

KINEJUN CRITIQUE:スカーレット・レター

グラビア 《New Releases [新作紹介]》 :スカーレット・レター