男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

コピーキャット

  • こぴーきゃっと
  • Copycat
  • Copycat

amazon


  • 平均評点

    61.8点(96人)

  • 観たひと

    215

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / スリラー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1995
公開年月日 1996/3/16
上映時間 123分
製作会社 アーノン・ミルチャン・プロ
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

過去の有名な事件の手口を模倣する正体不明の連続殺人犯と、それを追う2人の女性の対決を描いたサイコ・サスペンス。新鋭アン・ビダーマンとデイヴィッド・マドセンのオリジナル脚本を、「ジャック・サマースビー」のジョン・アミエルが監督。製作は「JFK」「タイ・カップ」のアーノン・ミルチャンと、マーク・ターロフ。エグゼクィヴ・プロデューサーはマイケル・ネイサンソンとジョン・フィードラー。撮影は「フリー・ウィリー2」の名手ラズロ・コヴァックス、音楽は「告発」のクリストファー・ヤング、美術は「クライング・ゲーム」のジム・クレイ、編集は「キリングフィールド」(アカデミー賞受賞)「ネル」のジム・クラークと「オール・ザット・ジャズ」でアカデミー賞受賞のアラン・ハイムが担当。主演は「死と処女」のシガニー・ウィーヴァーと、「ピアノ・レッスン」でアカデミー主演女優賞を受賞したホリー・ハンター。共演は「バッド・ガールズ」のダーモット・マルロニー、「依頼人」のウィル・パットン、「リトルマン・テイト」などにも出演している大物ジャズシンガーのハリー・コニック・ジュニアほか。

あらすじ

サンフランシスコに住む犯罪心理分析学者のヘレン・ハドソン博士(シガニー・ウィーヴァー)は、講演会場のトイレで彼女が担当した殺人鬼ダリル(ハリー・コニック・ジュニア)に襲われ、ワイヤーで宙釣りにされて危うく命を失いかけた。そのショックからアゴラフォビア(屋外恐怖症)となった彼女は、自宅に閉じこもったままで、外界とはコンピューターとファクスで接触していた。ある日、サンフランシスコ郊外で女性ばかりを狙った殺人事件が発生。異常犯罪の影を感じたヘレンは殺人課に連絡を取る。事件を担当する敏腕女性刑事M・J・モナハン(ホリー・ハンター)は同僚の若い刑事ルーベン(ダーモット・マルロニー)を伴って、彼女に協力を求めた。現場の写真を見たヘレンは、コンピューターを駆使してプロファイリング(犯人の心理を行動面から検証すること)を始め、最新の事件がボストン絞殺魔ことアルバート・デサルボの手口に酷似していることに気づく。事件に関わり始めたヘレンに何者かの魔手が忍び寄る一方、異常殺人はエスカレートしていく。丘の上でヒッピー風の女性の全裸死体が発見され、ヘレンはヒルサイド絞殺魔ことビアンキとヴォーノの手口だと分かる。やがて、ガソリンスタンドの車内で女性の死体が発見され、謎めいた手紙とカセットテープも見つかる。それはサムの息子ことバーコウィッツの手口だ。ヘレンは姿なき犯人が、実在の殺人犯のコピー殺人を続けていることを知る。緊張が高まる中、警察署内で中国人の発砲事件が起き、同僚でモナハンの元恋人ニコレッティ(ウィル・パットン)をかばってルーベンが殉職した。魅力的なパートナーを失い、モナハンはヘレンとの絆を深めていく。2人は刑務所に収容されているダリルと接触し、犯人がダリルと手紙をやり取りしていた事実を知った。その犯人、ピーター・フォーリー(ウィリアム・マクナマラ)という青年は、ダリルの著書によってヘレンに興味を抱いたのだった。まもなく、警官に化けたピーターにヘレンがさらわれた。意識が回復したヘレンは、自分が例の講演会場のトイレで、かつてダリルにされたのと同じように宙釣りにされているのを知る。ピーターは一連の締めくくりに、ダリルの犯行を模倣して、彼がなし得なかったヘレン殺しを完遂させようとしていたのだ。だが、異変に気づいたモナハンが現場に駆けつけ、2人は苦戦の末に連携でやっとピーターを倒した。ピーターが失敗したことを知ったダリルは、刑務所から別の男に新たな手紙をしたためた……。

関連するキネマ旬報の記事

1996年7月下旬号

外国映画紹介:コピーキャット

1996年6月下旬号

劇場公開映画批評:コピーキャット

1996年6月上旬特別号

劇場公開映画批評:コピーキャット

1996年3月上旬号

COMING SOON【新作映画紹介】:コピーキャット

1996年2月上旬号

特集 サイコパス・ムービーへの招待:「コピーキャット」作品評