男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ゲット・ショーティ

  • げっとしょーてぃ
  • Get Shorty
  • Get Shorty

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.1点(79人)

  • 観たひと

    170

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1995
公開年月日 1996/6/15
上映時間 105分
製作会社 ジャージー・フィルムズ
配給 UIP
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

映画フリークの借金の取立屋がハリウッドに乗り込んで、映画製作を巡る騒動に巻き込まれる姿を描いたオフビート・コメディ。全編に散りばめられたマニアックな映画ネタやユニークなキャラクター群が見どころ。『スティック』『グリッツ』『ラブラバ』などで知られるミステリー作家エルモア・レナードの同名小説(邦訳・角川文庫)を、「アダムス・ファミリー」1、2のバリー・ソネンフェルドが監督とエグゼクティヴ・プロデューサーを兼ねて映画化。脚本は「リトルマン・テイト」「ヘブンズ・プリズナー」のスコット・フランク。製作は助演もしているダニー・デヴィート、「パルプ・フィクション」のマイケル・シャンバーグ、「リアリティ・バイツ」のステイシー・シェールで彼ら3人が主宰するジャージー・フィルムズの作品。撮影は「アダムス・ファミリー2」のドン・ピーターマン、音楽は「ミステリー・トレイン」などジム・ジャームッシュ作品でおなじみジョン・ルーリー、美術は「恋のクレジット」のピーター・ラーキン、編集はジム・ミラー、衣裳は「パルプ・フィクション」のベッツィ・ヘイマンが担当。主演は「ブロークン・アロー」のジョン・トラヴォルタ、「アウトブレイク」のレネ・ルッソ、「クリムゾン・タイド」のジーン・ハックマン、「ジュニア」のダニー・デヴィート。「フロークン・アロー」のデルロイ・リンド、「リトル・ビッグ・フィールド」のデニス・ファリーナらが脇を固めるほか、ベット・ミドラー、ハーヴェイ・カイテル、映画監督のペニー・マーシャルなどがカメオ出演している。

あらすじ

マイアミの取立屋、チリ・パーマー(ジョン・トラヴォルタ)は、「セルピコ」でアル・パチーノが着ていたのと同じ革のコートを持つほどの映画好き。ある日、彼らのボスが急死したため、チリたちの組織はレイ(デニス・ファリーナ)をボスとする組織の傘下に入った。以前よりチリを快く思っていなかったレイは、早速彼に従うように命じ、クリーニング店主レオ・デボー(デイヴィッド・ペイマー)の借金の取り立てを命じる。レオは飛行機事故で死んだので、彼の妻フェイ(リンダ・ハート)を訪ねて探ると、彼女はレオが生きている可能性があると語った。ラスベガスに飛んだチリはレオの存命を確認。今はLAの競馬場にいることを突き止めるが、情報の見返りにLAでB級映画プロデューサーのハリー・ジム(ジーン・ハックマン)がカジノで作った15万ドルの借金の集金を頼まれる。LAに向かったチリは、ハリーのが同棲する女優のカレン・フロレス(レネ・ルッソ)の家に。深夜、無断で侵入したチリだったが、ハリーとすっかり意気投合。彼はレオの話を元にしたプロットを語り出す。ヤクザから1万5千ドルを借金したレオは高飛びを決意。飛行機に乗り遅れた彼の目の前で、機は墜落したため、死んだと思われたレオに30万ドルの補償金が航空会社から支払われた。レオは大金を手にベガスに行き、ほとぼりが冷めた頃に妻が後を追って行くことに。運がいいことに、賭博で金は50万ドルに増えた……。チリとハリーは、いつしかこの話を映画化しようと盛り上がる。翌日、ハリーは、以前に自分の映画に投資したリムジン社が準備中の作品「フリークス」に再投資した20万ドルをベガスで使ってしまったことを告白。そして、さらにおもしろく、金になりそうな「ミスター・ラブジョイ」なる作品の権利をつかんだが、脚本家が急死したため、脚本家の妻ドリス(ベット・ミドラー)が50万ドルで脚本を売ると言い出していると、チリに語った。さらにその映画には大スターのマーティン・ウィアー(ダニー・デヴィート)を起用するつもりだとも。さらにリムジン社のボス、ボー・キャトレット(デルロイ・リンド)や手下のベアー(ジェームズ・ガンドルフィーニ)は、麻薬を売買する危険な商売に手を染めていることも隠さずに話した。話を聞いたチリは、ボーたちと決着を付けることを決意。タイミングよく現れた彼らにうまく話を運ぼうとするが、ハリーがつい「ラブジョイ」のことを口を滑らせてしまった。ボーは以前に投資した金を返すか、「ラブジョイ」に投資させるかのどっちかだと迫って去る。チリはヤクザから足を洗い、好きな映画製作に賭けてみることにした。一方、最初は警戒していたカレンも、チリの紳士的な態度や映画マニアであることがわかって打ち解け「ラブジョイ」の内容を詳しく話した。一方、レイがこちらに向かっていることを知ったチリはレオを見つけ、レイに発見されたら金ばかりか命も失うぞと言い、レオがだまし取った30万ドルを巻き上げる。ボーは「ラブジョイ」の脚本がすっかり気に入り、一緒にリライトしないかとチリに話を持ちかける。その申し出を断った彼は、名画座で大好きな「黒い罠」を楽しむ。彼に映画に誘われたカレンは作品の台詞を暗唱する姿を見て、彼の映画への思いを痛感。元夫であるマーティンを「ラブジョイ」の製作に誘い込むことをチリに提案し、彼に会わせることを約束した。その頃、空港を舞台にした麻薬取り引きでトラブルを起こしたボーたちは、取り引き相手のコロンビア人を殺害した。翌日、チリはカレンの案内でマーティンに会い、彼と意気投合。一方、ボーはハリーに接近し、50万ドルの追加融資を持ちかけた後、空港ロッカーに金があるのでチリに取りに行かせるよう彼に言う。それはコロンビア人が麻薬売買で用意した金で、麻薬取締官にロッカーがマークされているため、ボーたちに手が出せないものだった。ハリーから話を聞いたチリは、危険を承知で空港に行くことを決める。ハリーは密かにレイに連絡し、レオが航空会社からだまし取った30万ドルはチリが持っていることを告げた。チリは空港でわざと麻薬取締官に捕まり、怪しくないことを証明する。一方、LAに着いたレイはハリーの事務所を訪ね、彼を殴り倒して金を返済するよう迫った。計算が狂って驚くハリーの眼前で事務所に来たボーの手下を射殺。重傷を負った彼に銃を突きつけ、チリとレオ、そして金のある空港ロッカーのことを聞いて去った。ハリーは殺人容疑で釈放されるが間もなく釈放。「ラブジョイ」をハリーと作りたいボーは、チリを自宅におびき寄せて殺そうとするが、ボーの汚さに嫌気が指したベアーが彼を助け、逆にボーは転落死。やがて、レオの金を受け取りに空港に現れたレイは、麻薬取締官たちに逮捕された。追い詰められたレイが拳銃を構えた瞬間……「カット!」の声。ここは「ラブジョイ」から「ゲット・ショーティ」と改題された映画の撮影スタジオだ。ハリーやカレン、ピーターに囲まれたチリも満足げだった。

関連するキネマ旬報の記事

1996年11月上旬特別号

劇場公開映画批評:ゲット・ショーティ

1996年8月下旬上半期決算号

劇場公開映画批評:ゲット・ショーティ

外国映画紹介:ゲット・ショーティ

1996年6月下旬号

特集 ゲット・ショーティ:ジョン・トラヴォルタが愛される理由

特集 ゲット・ショーティ:作品評

COMING SOON【新作紹介】:ゲット・ショーティ