男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラスト・オブ・モヒカン

  • らすとおぶもひかん
  • The Last of the Mohicans
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    71.8点(122人)

  • 観たひと

    240

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル 西部劇 / 歴史劇
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1993/3/6
上映時間 112分
製作会社 モーガンクリークプロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

1825年に発表された、ジェームズ・フェニモア・クーパーの小説『モヒカン族の最後』を原作に、18世紀、建国前夜のアメリカ東部を舞台に、インディアンに育てられた白人青年と、イギリス人大佐令嬢の愛を描く歴史ドラマ。監督・脚本・製作は「刑事グラハム 凍りついた欲望」のマイケル・マン、共同製作はハント・ローリー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「フリージャック」のジェームズ・G・ロビンソン、共同脚本はクリストファー・クロウ、撮影は「恋のためらい フランキーとジョニー」のダンテ・スピノッティ、音楽は「ミシシッピー・バーニング」のトレヴァー・ジョーンズと「キンダガートン・コップ」のランディ・エデルマンが担当。主演は「マイ・レフトフット」のダニエル・デイ・ルイス、「不法侵入」のマデリーン・ストウ。

あらすじ

1757年、独立前夜のアメリカ東部。コーラ(マデリーン・ストウ)は妹アリス(ジョディ・メイ)と共に、英軍を率いる父、マンロー大佐(モーリス・ローヴス)に会うため、植民地争いの最前線へと向かっていた。護衛隊を指揮するヘイワード少佐(スティーヴン・ワディンソン)に求婚されていたが、答えを出せずにいる。突然仏軍側のインディアン、マンロー大佐の軍に妻子を殺されたマグア(ウェス・ステューディ)率いるヒューロン族が一行を襲った。コーラに銃口が向けられた時、モヒカン族の酋長チンガチェック(ラッセル・ミーンズ)と2人の息子、ウンカス(エリック・シュウェイグ)とホークアイ(ダニエル・デイ=ルイス)が現れ彼女を救った。ホークアイは、イギリス人開拓者の孤児だった。彼らは大佐の待つ砦に一行を案内する。コーラとホークアイは愛し合うようになっていた。だが、嫉妬にかられたヘイワードがホークアイを反逆罪で捕え、牢に入れてしまう。仏軍の猛攻の前に、やむなく降伏したマンロー大佐らは砦を出るが、そこへまたヒューロン族が襲いかかった。混乱の中コーラを救うホークアイ。酋長とウンカスも駆け付けアリスを救い出すが、大佐は命を落とす。逃避行の中で、ウンカスとアリスの間にも愛が芽生えていた。一行は激流を下るが、ホークアイは、コーラにヘイワードと共に別行動をすすめ、説き伏せると、目もくらむ高さの滝を飛び降りていった。しかしコーラとアリスはヒューロン族に捕らえられてしまう。ホークアイはヘイワードを通訳にしてヒューロン族の酋長に2人を助けてほしいとかけ合うが、酋長は、コーラを火あぶりの刑にし、アリスはマグアと結婚させると宣言、コーラの身代りに自分を殺せというホークアイの言葉を、ヘイワードは、自分をと言い換え、コーラの代わりに処刑される。コーラとホークアイは釈放されるが、ウンカスが単身アリスを助けに乗り込み、殺される。アリスも投身自殺し、激怒したチンガチエックは、マグアに戦いを挑み、倒す。最後のモヒカン族、チンガチエックとホークアイ、そしてコーラは、ウンカスとアリスを弔うのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年4月上旬春の特別号

外国映画批評:ラスト・オブ・モヒカン

外国映画紹介:ラスト・オブ・モヒカン

1993年2月上旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):ラスト・オブ・モヒカン

特集 ラスト・オブ・モヒカン:作品論

特集 ラスト・オブ・モヒカン:マイケル・マン監督 インタビュー

特集 ラスト・オブ・モヒカン:ダニエル・デイ=ルイス論