男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブルックリン最終出口

  • ぶるっくりんさいしゅうでぐち
  • LAST EXIT TO BROOKLYN
  • LAST EXIT TO BROOKLYN

amazon


  • 平均評点

    67.1点(13人)

  • 観たひと

    17

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ 西ドイツ
製作年 1989
公開年月日 未公開
上映時間 103分
製作会社 ノイエ・コンスタンチン・フィルム・プロ作品
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ニューヨークのブルックリンを舞台に、セックスと喧噪、孤独の人間ドラマを描くヒューバート・セルビー・ジュニアの同名小説の映画化作品。製作はベルント・アイヒンガー、監督は「クリスチーネ・F」のウリ・エデル、脚本はデズモンド・ナカノ、撮影はシュテファン・チャプスキー、音楽はマーク・ノップラーが担当。出演はジェニファー・ジェイソン・リー、スティーブン・ラングほか。日本版字幕は進藤光太。カラー、ビスタサイズ。ドルビーステレオ。1989年作品。

あらすじ

52年、ニューヨーク州ブルックリン85番街。3人の酔っ払い兵が、ストリート・ギャング風の若者たちに襲われ、警官やMPたちがやって来た。その時、若者たちを庇ったのは鉄鋼所の労働組合の現場責任者であるハリー・ブラック(スティーブン・ラング)だった。妻子との日常生活に疲れていたハリーにとって、組合での地位こそが生活のすべてで、スト期間中である現在、自分が無制限に経費を使えることをヴィニー(ピーター・ドブソン)たち若者に自慢し、ビールを振る舞うのだった。労働者のビッグ・ジョー(バート・ヤング)は、娘のドナ(リッキー・レイク)の妊娠を知り、バイク好きの息子スプーク(キャメロン・ジョアン)から、相手がトミーであることを知らされ、彼に殴りかかるが、一方でふたりを結びつけようと画策するのだった。トララ(ジェニファー・ジェイソン・リー)は色仕掛けで男を拾い、金を巻きあげるカモを探して」いる。ヴィニーに惚れているゲイのジョージェット(アレクシス・アークエット)は、仲間を集めパーティを開く。招かれたハリーは、ゲイのレジーナに魅せられ一夜を共にするが、ヴィニーに振られたジョージェットは、もうろうとする意識の中でタクシーにはねられ、息絶えるのだった。鉄鋼所では、騎馬警官が組合側のピケに放水し、会社側のトラックを走.らせた。この後、経費の使いこみが発覚し、ハリーは要職を失った。金のないハリーはレジーナに捨てられ、街を彷徨いスプークに襲いかかろうとするところを、ヴィニーたちに殴り倒されるのだった。ドナが赤ん坊を産み、トミーとの披露宴の席で、ストの妥結が発表される。トララはカモにスティーヴ中尉を選ぶ。やがてトララは彼に惚れていることに気づくが、中尉は朝鮮に旅立ってゆく。酒に溺れるトララは、見ず知らずの男たちに身体を任せるのだった。そんな彼女に服をかけてやるスプーク。彼は秘かにトララに憧れていたのだ。そしてストが妥結した鉄鋼所に労働者が出社してゆき、ブルックリンの街に、再び活気が戻るのだった。(松竹富士配給*1時間43分)

関連するキネマ旬報の記事

1990年5月下旬号

外国映画批評:ブルックリン最終出口

外国映画紹介:ブルックリン最終出口

1990年3月下旬号

試写室:ブルックリン最終出口

1990年2月上旬号

グラビア:ブルックリン最終出口