男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ハードプレイ

  • はーどぷれい
  • White Men Can't Jump
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    62.9点(19人)

  • 観たひと

    41

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル コメディ / アクション
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1993/3/27
上映時間 0分
製作会社 20世紀フォックス映画作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

アメリカ西海岸のバスケット・コートで、2人の師が技を競い、ペテン・ゲームを繰りひろげるアクション・コメディ。監督・脚本は「ブレイズ」のロン・シェルトン、製作は「マージョリーの告白」のデイヴィッド・レスターとドン・ミラー、エグゼクティヴ・プロデューサーはミシェル・ラパポート、撮影は「燃えつきるまで」のラッセル・ボイド、音楽は「ブレイズ」のベニー・ウォレスが担当。主演は「ジャングル・フィーバー」のウェズリ・スナイプス、「ドク・ハリウッド」のウディ・ハレルソン、「ナイト・オン・ザ・プラネット」のロージー・ペレズ、「ボーイズ'ン・ザ・フッド」のティラ・フェレル。また多数の元プロバスケットボール選手が出演し、出演者全員がNBA(全米バスケットボール協会)のスカウト担当のディック・ベイカーによる3か月に及ぶトレーニングを受けて撮影に臨んだ。ストリート・ミュージシャン役で、伝説的なジャズミュージシャンのジョン・ヘンドリック、ビル・ヘンダーソン、ソニー・クレイヴァーが出演している。

あらすじ

アメリカ西海岸のベニス・ビーチ・コートでは、バスケットボール狂たちがピック・アップ・バスケット(2人組で得点を争う)のプレイに熱中していた。黒人のシドニー(ウェズリー・スナイプス)は賭けの稼ぎで妻ロンダ(ティラ・フェレル)と子供を養うプロ級の腕前だ。ある日、白人のビリー(ウディ・ハレルソン)が現れ、シドニーの挑発に乗って賭けにチャレンジし、シュートを決めた。愛人グロリア(ロージー・ペレズ)の待つアパートに帰ったビリーのもとにシドニーが訪ねて来て、コンビを組もうと誘い、翌日最初のボロ儲けに成功した。お互いに金が必要なシドニーとビリーに、1700ドルのゲームに挑むチャンスがやって来るが、シドニーのシュートが決まらず負けてしまう。しかしグロリアはビリーがシドニーのペテンにかけられたと直観し、2人が彼の家へ行くとシドニーは開き直るばかり。そこでロンダは、元手の金を出すからスポンサーつきで開催されるトーナメントに出場して欲しいと提案する。真剣勝負で闘い、5千ドルを手にしたシドニーとビリーは、山分けした賞金を賭け、夜のコートで勝負するがビリーが負け、グロリアは怒って家を出て行き、ビリーは借金しているストッキ兄弟につかまり、ひどい目にあわされた。ビリーはバスケ仲間でテレビ局に勤める男のつてで、クイズ狂のグロリアをテレビのクイズ番組に出場させることに成功する。捜し出したグロリアは大喜びで、強力なクイズ王たちを破って、見事8万ドルを稼いだ。2千ドルを就職資金にと、グロリアからもらったビリーは、全財産を盗まれてしまったシドニーに元手2500ドルの賭けにコンビを組んでモノにしようと誘われ、グロリアの反対も聞かず賭けに乗ってしまう。その勝負とは、地元で最も強いチームが久々にビーチに帰って来るので彼らに挑戦しようというものだった。シドニーとビリーは、ビリーが今まで出来なかったダンクシュートを決めて勝ち賞金を手にすることが出来、ビリーはグロリアと仲直りして、シドニー一家も無事引越すことができたのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年5月上旬号

外国映画紹介:ハード・プレイ

1993年2月上旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):ハード・プレイ

KINEJUN CRITIQUE SPECIAL:ハード・プレイ