男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

飛べないアヒル

  • とべないあひる
  • Mighty Ducks
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    72.6点(34人)

  • 観たひと

    68

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1993/7/3
上映時間 0分
製作会社 アヴェット=カーナープロ作品
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

弱小の少年アイスホッケー・チームのコーチになった若い弁護士の姿を描くスポーツドラマ。監督は「ビルとテッドの大冒険」のスティーブン・ヘレク。製作は「フライド・グリーン・トマト」のコンビ、ジョーダン・カーナーとジョン・アヴネット。脚本は俳優でもある「バットマン リターンズ」(出演)のスティーヴン・ブリル。撮影は「カフス!」のトーマス・デル・ルース。音楽は「ローズ家の戦争」のデイヴィッド・ニューマンが担当。主演は「フリージャック」のエミリオ・エステヴェス。「レッド・オクトーバーを追え!」のジョス・アックランド、「いとこのビニー」のレーン・スミス、舞台で活躍するハイディ・クリング、「刑事ジョン・ブック 目撃者」のジョセフ・ソマーらが共演。

あらすじ

ミネソタ州ミネアポリス。若手弁護士のゴードン(エミリオ・エステヴェス)は、強気で裁判に勝つことだけが人生の意義だと考える男だ。しかしそんな態度をボス(ジョセフ・ソマー)に戒めれた彼は、酒を飲んで無謀運転して捕まってしまう。裁判で戦うと主張するゴードンに、ボスは訴訟を起こさず、500時間の社会奉仕をするよう命じる。その社会奉仕とは、地元の少年アイスホッケー・チームのコーチになることだ。実はゴードンは子供の頃、アイスホッケーの名選手だったのだ。しかし彼はチームの優勝を賭けたペナルティ・ショットをミスしてコーチに冷たくされるという苦い思い出があり、これが彼に勝つことへの執着を植えつけたのだ。彼が派遣された第5地区のチームはとてつもない弱小軍団で、一目見ただけでゴードンはうんざりしてしまう。しかし、嫌々立ち会った試合で、ゴードンは強豪チームホークスを率いる子供の頃のコーチ、ライリー(レーン・スミス)と再会する。次の試合の時、ゴードンはキャプテンのチャーリー(ジョシュア・ジャクソン)に卑劣な作戦を授けるが、それを無視した彼を激しく罵倒した。その夜、ゴードンは懐かしいハンス(ジョス・アックランド)の店を訪ね、昔と変わらない店の姿とハンスの温かさから、忘れていた少年のころの感情がよみがえり、チャーリーの家へ行き、自分の非を認めた。次の日からチームの特訓が始まった。ゴードンはチームをダックスと命名し、基礎から徹底的に指導した。新戦力の加入もあって、チームはついに初勝利をあげる。だがそんな時、去年行われた地域の区画割り変更で、ホークスの主力メンバーのアダム(ヴィンセント・A・ラルッソ)が、本当はダックスに入らなければならないことが判明し、弱いチームへの編入を阻止しようとするアダムの父親からゴードンは圧力をかけられるが、彼は法律事務所をクビになってもそれに応じなかった。またゴードンは、チャーリーのシングル・ママのケイシー(ヘンディ・クリング)と愛し合うようになっていた。ダックスは連勝連勝を重ね、ついに優勝決定戦へと躍り出た。対戦相手はホークスだ。試合はアダムが負傷退場して苦戦するが、チャーリーが最後のペナルティ・ショットを決めてダックスは逆転勝ちをおさめた。そしてゴードンはマイナー・リーグの選手として再起するため、町をあとにするのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年8月上旬号

外国映画紹介:飛べないアヒル

1993年7月上旬号 夏の特別号

グラビア《New Release(新作映画紹介)》:飛べないアヒル

グラビア《Talky talk》:ロブ・ニルソン来日(「原始のマン」「飛べないアヒル」(C)The Walt Disney Company)

1993年1月下旬号

グラビア《Special Selections》:飛べないアヒル