男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

逃亡者(1993)

  • とうぼうしゃ
  • The Fugitive
  • ----

amazon


  • 平均評点

    75.4点(463人)

  • 観たひと

    905

  • 観たいひと

    25

  • レビューの数

    43

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1993
公開年月日 1993/9/18
上映時間 0分
製作会社 キースバリッシュ/アーノルドコペルソンプロ作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

妻殺しの汚名を着せられた医師が、無実を晴らすために逃亡生活を送る姿を描いて1960年代に大ヒットしたテレビドラマの映画化。監督は「沈黙の戦艦」のアンドリュー・デイヴィス。製作は「フォーリング・ダウン」のアーノルド・コペルソン。エグゼクティヴ・プロデューサー、原案は、数々の人気テレビドラマを製作してきたロイ・ハギンスと「バトルランナー」のジェブ・スチュアートと「ワーロック(1989)」のデイヴッド・トゥーヒー。撮影は「レイジング・ブル」のマイケル・チャップマン。音楽は「生きてこそ」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。主演は「パトリオット・ゲーム」のハリソン・フォード。他に「JFK」のトミー・リー・ジョンズ、「ゆりかごを揺らす手」のジュリアン・ムーア、「ノー・マーシイ 非情の愛」のジェローン・クラッベらが共演。

あらすじ

シカゴの著名な外科医リチャード・キンブル博士(ハリソン・フォード)は、富と名声に恵まれた順風満帆の人生を送っていた。ある夜緊急手術を終えて帰宅してみると、家から見知らぬ片腕の男が飛び出して行き、中では妻ヘレン(セーラ・ウォード)が倒れていた。虫の息の彼女はキンブルの腕の中で息絶えた。キンブルは妻殺しの容疑で逮捕され起訴された。片腕の男(アンドレアス・カツラス)を見たというキンブルの主張も空しく、次々と不利な状況証拠を突きつけられたこともあって死刑判決が下った。州立刑務所へ身柄を移送される途中護送車が列車と衝突する事故が起き、かろうじて助かったキンブルはその場から脱出した。こうして身の潔白を証明するために片腕の男を探し求めるキンブルの逃走の旅が始まった。一方キンブルの逃走を察知した官憲は、ジェラード連邦保安官補(トミー・リー・ジョーンズ)を捜査の最前線に配置して、キンブルを追跡する。ジェラードはキンブルを巨大ダムの排水口に追いつめるが、キンブルはそこから決死のダイビングを試みる。九死に一生を得たキンブルはシカゴに戻り、元同僚のアン・イーストマン医師(ジュリアン・ムーア)の協力で、病院の中にある義手を持つ人のリストを調べあげ、遂に片腕の男の居所をつきとめる。彼の家に忍びこんだキンブルは、事件の黒幕が親友のニコルス博士(ジェローン・クラッベ)であることを知り、彼の業績をたたえるパーティの会場に乗りこんでいく。キンブルとニコルスは大乱闘となるが、駆けつけたジェラードによってニコルスは真犯人として逮捕されるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年11月下旬号

外国映画紹介:逃亡者

1993年10月上旬秋の特別号

巻頭特集 逃亡者 そしてテレビから映画へ:作品評

巻頭特集 逃亡者 そしてテレビから映画へ:ハリソン・フォード インタビュー

巻頭特集 逃亡者 そしてテレビから映画へ:アンドリュー・デイヴィス インタビュー

巻頭特集 逃亡者 そしてテレビから映画へ:アーノルド・コペルソン インタビュー

巻頭特集 逃亡者 そしてテレビから映画へ:30年がひと区切りとなる映画のTV化とTVの映画化

巻頭特集 逃亡者 そしてテレビから映画へ:コラム

巻頭特集 逃亡者 そしてテレビから映画へ:テレビからの映画化リスト

1993年9月下旬号

グラビア特集:逃亡者

1991年3月下旬号

外国映画批評:逃亡者

1991年2月上旬号

外国映画紹介:逃亡者

1991年1月下旬号

グラビア:逃亡者

待望の3監督の新作研究:逃亡者