男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

わが街(1991)

  • わがまち
  • Grand Canyon
  • Grand Canyon

amazon


  • 平均評点

    76.0点(25人)

  • 観たひと

    56

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1992/5/16
上映時間 134分
製作会社 20世紀フォックス映画作品
配給 20世紀フォックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

犯罪と荒廃にむしばまれた大都会ロサンゼルスに生きる6人の男女の生活を描く。監督・脚本・製作は「偶然の旅行者」のローレンス・カスダン、彼の夫人メグ・カスダンが共同脚本、共同製作はチャールズ・オークン、マイケル・グリロ、撮影はオーウェン・ロイズマン、音楽はジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。

あらすじ

ロサンゼルスに住む弁護士のマック(ケヴィン・クライン)はもう若くはないことに焦燥感を抱いており、その悩みを友人の映画プロデューサー、デイヴィス(スティーヴ・マーティン)に打ち明けるが、ヴァイオレンス・アクション映画ばかり手がける彼はてんで取り合わない。そんな話をした帰り道、マックは車が故障し物騒な黒人地区に迷い込んでしまい、黒人少年たちにからまれるが、サイモン(ダニー・グローヴァー)という男に助けられる。マックは「グランド・キャニオンにぜひ行くべきだ」と勧めるサイモンに感銘を受けた。一方、デイヴィスは白昼強盗に襲われ大腿を撃たれて入院するはめになる。ベッド生活を続けるうち、彼もまた自分を見つめ直し始める。ある日、マックの妻クレア(メアリー・マクドネル)が夫を送り出した後、日課のジョギングをしていると、藪の中に捨てられているヒスパニック系の赤ん坊を見つけた。彼女はその子を家に連れて帰り、世話を焼く。その頃、マックは職場で一度だけ過ちを冒した秘書との問題でかき回され、帰宅するとクレアから赤ん坊を見せられ仰天してしまう。誘拐になるぞと説き伏せ、警察に預けることにするが、赤ん坊の件は2人の言い争いの種となった。サイモンの方も、夫を亡くし、息子と娘と共に黒人地区に住む妹がおり、その息子が悪い仲間とつきあっているらしく家が何者かによって銃撃されるなど、問題を抱えていた。そんな彼らであったが、マックはサイモンとの出会いをきっかけに自分の人生を見つめ直そうとし、サイモンに秘書の友人のジェーン(アルフレ・ウッダード)を交際の相手として紹介したり、彼の妹にもっと環境の良いアパートを探してやったりする。デイヴィスもまた、あるべき人生を語る映画を作ることを決心する。様々な困難を抱えながら大都会に生きる彼ら。そうしてある日、マックはクレアと息子を、サイモンはジェーンと妹の息子を連れ、グランド・キャニオンに行く。雄大な景色に見入る彼らの上空をヘリコプターが飛んでいくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1992年5月上旬号

外国映画批評:わが街

外国映画紹介:わが街

1992年3月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):わが街

特集 わが街:作品論

特集 わが街:ローレンス・カスダンの系譜

特集 わが街:NOTES