男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

1974年7月上旬号

通号 0635 通巻No 1449
発行年 1974 雑誌コード 0721-7/1
総ページ数 190 POSコード
表紙内容 「未来惑星ザルドス」
本誌紹介 「未来惑星ザルドス」/「チャップリンの黄金狂時代」
定価 400円(税込) ※品切れ
記事目次
P.11 グラビア ジョン・ブアマン監督 「未来惑星ザルドス」
P.16 グラビア 「ダーティメリー・クレイジーラリー」
P.18 グラビア マーチン・リット監督 「コンラック先生」
P.20 グラビア 「新・個人教授」
P.21 グラビア 「チャップリンの黄金狂時代
P.24 グラビア 戦前の日活フィルム発掘
P.26 グラビア 二本の独立プロ作品
P.27 お楽しみはこれからだ 第19回
P.31 グラビア 「仁義なき戦い・完結篇」
P.32 グラビア 松竹の大作「流れの譜」
P.34 グラビア 神代の「青春の蹉跌」
P.36 グラビア 「花と蛇」
P.36 グラビア 「新団地妻・けものの昼下り」
P.37 川崎グランド・オールナイト
P.38 池袋文芸坐・オールナイト
P.39 新宿ロマン・オールナイト
P.40 ご愛読者ご招待・ご優待案内
P.42 グラビア われらの映画館 ロサンゼルス松竹国際
P.47 顔と言葉
P.48 随想 
P.50 〈巻頭ディスカッション〉 「未来惑星 ザルドス」/ジョン・ブアマンのSFイメージの謎 福島正美×小野耕世×金坂健二×白井佳夫
P.56 生と死のためのSF的な寓話
P.60 シナリオ 未来惑星ザルドス
P.76 「チャップリンの黄金狂時代」を見る歓び!
P.80 夢魔の世界の不滅性/「黄金狂時代」について
P.84 特別分析 チャップリンの黄金狂時代
P.98 今年こそ鈴木清順に映画を撮ってもらうために!
P.103 アカデミー賞をめぐるハリウッドの政治
P.106 ぼくの映画オモチャ箱 第13回 「キャロル」のヒロイン山口小夜子、映画を語る
P.110 われらの映画館 第59回 
P.111 山中貞雄論 第3回
P.118 日本映画縦断 第22回 岡田茂東映社長に聞く・上
P.123 日活ロマン・ポルノ裁判ルポ
P.126 架空シネマテーク 第10回 黒沢だけしか頭になかった
P.130 1974年カンヌ映画祭レポート 1
P.133 TVムービー評
P.134 キネ旬試写室 おかしなおかしな大冒険
P.134 キネ旬試写室 ともだち
P.134 キネ旬試写室 ミスター・マジェスティック
P.137 新作入荷状況
P.138 プロフェッショナル ジーン・サックス
P.138 プロフェッショナル 五社英雄
P.140 キネ旬ロビイ
P.143 ぼくの映画の本棚
P.144 日活アクションの華麗な世界 第53回 裕次郎のサラリーマン映画と青春映画・1
P.146 ワールド・リポート
P.150 今号の問題作 極秘的エロス恋歌1974
P.152 映画批評 0課の女 赤い手錠
P.152 映画批評 イルカの日
P.152 映画批評 シンデレラ・リバティー
P.152 映画批評 ムツゴロウの結婚記
P.152 映画批評 三婆
P.152 映画批評 野獣死すべし 復讐のメカニック
P.156 読者の映画評
P.158 ヌーヴェル・ヴァーグの映画体系 第106回
P.160 文化映画
P.162 映画 トピック・ジャーナル
P.164 VARIETY
P.164 興行価値
P.166 映画界の動き
P.168 映画館
P.169 日本映画紹介 ともだち
P.169 日本映画紹介 カレンダー・レクイエム 黄色い銃声
P.169 日本映画紹介 ザ・カラテ
P.169 日本映画紹介 モスクワわが愛
P.169 日本映画紹介 赤線最後の日昭和33年3月31日
P.169 日本映画紹介 男女性事学 個人教授
P.169 日本映画紹介 日本百年
P.169 日本映画紹介 野獣死すべし 復讐のメカニック
P.169 邦画新作情報
P.172 撮影進捗状況
P.175 外国映画紹介 イワン・デニーソヴィチの一日
P.175 外国映画紹介 クレイジー・ボーイ突撃大作戦
P.175 外国映画紹介 ペイネ 愛の世界旅行
P.175 外国映画紹介 ラストタンゴ・イン・アカプルコ
P.175 外国映画紹介 空手アマゾネス
P.175 外国映画紹介 黒帯ドラゴン
P.175 外国映画紹介 重犯罪特捜班 ザ・セブン・アップス
P.175 外国映画紹介 赤ちゃん戦争
P.175 洋画新作情報
P.181 指定席
P.182 DISK 今月の映画音楽レコード
P.184 シネガイド
P.186 テレビで見られる劇映画
P.188 封切表
P.190 編集室