男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

1955年5月下旬号

通号 0119 通巻No 0934
発行年 1955 雑誌コード 0722
総ページ数 132 POSコード
表紙内容 オディール・ヴェルソワ
本誌紹介 カンヌ映画祭/「われら巴里っ子」/「悪魔のような女」/シナリオ「たそがれ酒場」
定価 120円(税込) ※品切れ
記事目次
P.5 特別口絵 香川京子
P.5 特別口絵 ドナ・リード
P.5 特別口絵 ヴァージニア・メイヨ
P.5 特別口絵 ウィリアム・ワイラー
P.9 新作グラフィック セヴン・イヤ・イッチ
P.9 新作グラフィック 悪魔のような女
P.9 新作グラフィック 銀の盃
P.9 新作グラフィック スピードに命を賭ける男
P.9 新作グラフィック 偽れる接吻
P.9 新作グラフィック 修善寺物語
P.9 新作グラフィック 女中っ子
P.9 新作グラフィック つばくろ笠
P.9 新作グラフィック 六人の暗殺者
P.9 新作グラフィック 東京暴力団
P.9 新作グラフィック おえんさん
P.25 時評
P.26 カンヌ映画祭の波瀾
P.28 映画上映料と映写時間制限の問題
P.30 座談会 俳優グループの発生とその生態 有馬稲子×小林正樹×木村功×増田順二
P.35 鼎談 趣味・女優・仕事・そろばん 城戸四郎×堀久作×渋沢秀雄
P.38 デフレのゴールデン・ウィーク
P.40 海外進出を目指すソヴェト映画の方向転換
P.49 研究 「悪魔のような女」
P.52 座談会 パリ風景が伴走する庶民の生活映画「われら巴里っ子」 双葉十三郎×高季彦×清水千代太
P.57 映画人クロースアップ 高千穂ひづる
P.57 映画人クロースアップ 小林桂樹
P.57 映画人クロースアップ 川喜多雄二
P.61 映画の30年 第8回
P.64 英国映画のソフィスティケーション喜劇 その近例としての「完全なる夫」
P.67 日本映画紹介 うちのおばあちゃん
P.67 日本映画紹介 落日の決斗
P.67 日本映画紹介 つばくろ笠
P.67 日本映画紹介 東京暴力団
P.67 日本映画紹介 33号車応答なし
P.67 日本映画紹介 制服の乙女たち
P.67 日本映画紹介 男ありて
P.67 日本映画紹介 旗本やくざ
P.67 日本映画紹介 風雲に日月双紙
P.67 日本映画紹介 美わしき歳月
P.67 日本映画紹介 母の曲
P.67 日本映画紹介 のんき裁判
P.67 日本映画紹介 目白三平
P.67 日本映画紹介 火牛坂の悪鬼
P.75 外国映画紹介 スピードに命を賭ける男
P.75 外国映画紹介 愛欲と戦場
P.75 外国映画紹介 緑の火-エメラルド
P.75 外国映画紹介 銀の盃
P.75 外国映画紹介 野性の女
P.75 外国映画紹介 カラミティ・ジェーン
P.75 外国映画紹介 前科者
P.80 短篇映画 オーケストラ
P.80 短篇映画
P.80 短篇映画 たのしい版画
P.80 短篇映画 今宵も楽し
P.80 短篇映画 日鋼室蘭
P.80 短篇映画 みかん
P.80 短篇映画 美術家訪問
P.80 短篇映画 本を読むお母さん
P.82 日本映画批評担当4ケ月を終って 日活
P.82 日本映画批評担当4ケ月を終って 大映
P.82 日本映画批評担当4ケ月を終って 松竹
P.82 日本映画批評担当4ケ月を終って 東宝
P.82 日本映画批評担当4ケ月を終って 東映
P.82 日本映画批評担当4ケ月を終って 新東宝
P.86 日本映画批評 日活と新東宝の青春怪談
P.86 日本映画批評 心に花の咲く日まで
P.86 日本映画批評 貝殻と花
P.86 日本映画批評 女郎蜘蛛
P.86 日本映画批評 麝香屋敷
P.89 外国映画批評 喝采
P.89 外国映画批評 ショウほど素敵な商売はない
P.89 外国映画批評 星のない男
P.89 外国映画批評 三つ数えろ
P.89 外国映画批評 ピーター・パン
P.89 外国映画批評 バルテルミーの大虐殺
P.93 新盛り場風土記 川崎
P.97 旬報回転扉
P.98 映画界の動き
P.100 撮影所
P.102 興行街
P.104 輸入映画のプリント制限
P.105 ヴァリエテ 民芸「ウィルヘルム・テル」と俳優座試演会
P.105 ヴァリエテ 東童と新児童 2つの児童劇団公演
P.105 ヴァリエテ 演劇雑記
P.105 ヴァリエテ イヴェット・ジロオ 5
P.109 シナリオ たそがれ酒場
P.109 「たそがれ酒場」の映画化について 一つの試み
P.109 「たそがれ酒場」の映画化について 素人の狙ったもの
P.109 「たそがれ酒場」の映画化について 「たそがれ酒場」に就て
P.130 旬報サロン
P.132 編集室