キネマ旬報シアター

NEWS

2017.4.22
【上映スケジュール変更のお知らせ】

片渕監督の舞台挨拶決定に伴いまして、5月1日(月)の上映スケジュールを
下記の通り変更させていただきます。お間違いなきよう、ご注意下さい。

■スクリーン2の上映作品が変更となりました
・「山河ノスタルジア」9:00の回を「マイマイ新子と千年の魔法」へ変更いたします。
・「マイマイ新子と千年の魔法」20:20の回を「山河ノスタルジア」へ変更いたします。

■舞台挨拶付きの回が、開始時間が変更となりました
・「この世界の片隅に」11:10の回 →10:55に変更となります。
・「マイマイ新子と千年の魔法」11:30の回 →11:05に変更となります。

2017.4.22
【片渕須直監督の舞台挨拶が決定!!】

5/1(月)下記上映回にて、片渕須直監督の舞台挨拶が決定しました!

■「この世界の片隅に」10:55~ ■「マイマイ新子と千年の魔法」11:05~

各回終了後、15分~20分ほどご登壇いただく予定です。
全席指定席、チケット発売は4/24(月)から劇場窓口にて開始いたします。
2017.4.22
【『キネ旬パス』受付終了のお知らせ】

平素は、当劇場をご愛顧いただきまして、誠に有難うございます。
これまでご提供してまいりました各種キネ旬パスについて、当劇場の提供サービス見直しに伴い、来る2017年4月末日をもって販売受付を停止させていただくこととなりました。
継続利用をご希望のお客様には、申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願い致します。
今後ともお客様にご満足いただける新たなサービスを検討してまいりますので、引き続きご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

【販売受付終了日】 2017年 4月30日

・キネ旬パス(年間)  新規購入および継続更新
・キネ旬パス(半年)  新規購入および継続更新
・キネ旬パス(月額)  新規購入および再入会

なお、発行済の各フリーパスに関しましては、引き続き有効期限までサービスを継続し、ご利用戴けます。但し、月額パスについては、来る7月末日をもってサービスを停止させていただきます。

また、「友の会」については、引き続き同一内容でサービスをご提供させていただきます。新規入会や継続更新も可能ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。
2017.4.14
【『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太監督トークショー 決定!!】

5/13(土) 『湯を沸かすほどの熱い愛』11:40上映開始 ~13:50上映終了
[トークショー]14:00~15:00(60分予定)

※全席指定、4/29(土)よりチケット販売開始。
※スクリーン②での上映ですが新作料金になります。フリーパス、②③鑑賞券利用不可。
2017.4.8
【音感上映続々決定!】

★『ラ・ラ・ランド』4月29日(土)20:35/5月4日(木)13:40
★『セッション』5月12日(金)21:00/5月14日(日)18:25

※全席指定、チケットは各上映日の1週間前より販売開始いたします。

現在の上映作品

2017年4月22日(土)~2017年5月19日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「ラ・ラ・ランド」(スクリーン1)

thumb

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

『セッション』のデイミアン・チャゼル監督によるオリジナルミュージカル。女優を目指すミアは、場末のバーでピアノを弾いていたセバスチャンと出会う。惹かれ合う二人だが、セバスチャンが加入したバンドの人気が出るとともに二人の関係に暗雲が立ち込める。第74回ゴールデングローブ賞7冠を受賞した。

  • 監督:デイミアン・チャゼル/出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス 、ジェシカ・ローゼンバーグ ほか/2016年

2017年4月15日(土)~2017年4月28日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

【ロマンポルノ・リブート】
「ホワイトリリー」(スクリーン1)

thumb

(C)2016日活

ロマンポルノ生誕45周年を記念したロマンポルノ・リブート・プロジェクトの一作。ジャパニーズホラーの先駆者・中田秀夫が、女性同士の純愛に迫る。慰めあうように生きるはるかと登紀子の秘密に悟が踏み込み……。中田監督はにっかつ撮影所時代に、ロマンポルノを代表する小沼勝監督に師事した経験を持つ。

  • 監督:中田秀夫/出演:飛鳥凛、山口香緖里、町井祥真、西川カナコ ほか/2016年/R18+

2017年4月8日(土)~2017年4月28日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「未来を花束にして」(スクリーン1)

thumb

(C)Pathe Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2015. All rights reserved.

20世紀初めにサフラジェットと呼ばれた女性参政権活動家たちに焦点をあてたドラマ。悪条件下で洗濯工場勤めをするモードは、参政権を求めて活動する女性たちと出会う。

  • 監督:サラ・ガヴロン/出演:キャリー・マリガン、ヘレナ・ボナム=カータ 、ブレンダン・グリーソン、メリル・ストリープ ほか/2015年

2017年4月22日(土)~2017年5月5日(金)

鑑賞料金:一般1800円/一作品
サービス料金はこちら

「マイマイ新子と千年の魔法」(スクリーン2)

thumb

(C)髙樹のぶ子・マガジンハウス/「マイマイ新子」製作委員会

芥川賞作家・高樹のぶ子が自らが幼少時代を描いた自伝的小説を映画化。監督は『この世界の片隅に』の片渕須直。昭和30年代の山口県防府市国衙。小学3年生の少女・青木新子は旧家に暮らしている。おでこにマイマイと呼んでいるつむじを持つ新子は、祖父から千年前の町や、人々の話を聞いては、その時代の様子を想像力豊かに思い描いていた。ある日、東京から転校生の島津貴伊子がやってくる…。

  • 監督:片渕須直/声の出演:福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ ほか/2009年

2017年4月15日(土)~2017年4月28日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

【第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第3位】
「淵に立つ」(スクリーン2)

thumb

(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞した、深田晃司監督の人間ドラマ。下町で金属加工業を営む夫婦のもとに風変わりな一人の男が現れ、共同生活が始まるが、やがて平凡で幸せな家庭を築いてきたかに思われた夫婦の秘密が徐々に暴かれてゆく。

  • 監督:深田晃司 /出演:浅野忠信、古舘寛治、筒井真理子 、太賀 ほか/2016年

2017年4月22日(土)~2017年5月5日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

【第90回キネマ旬報ベスト・テン外国映画第9位】
「ブルックリン」(スクリーン3)

thumb

(C))2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

コルム・トビーンの同名小説をシアーシャ・ローナン主演で映画化。1950年代。アイルランドの家族と離れ、ニューヨークで暮らし始めるエイリシュ。新生活に戸惑いながらも、イタリア系移民トニーとの恋をきっかけに彼女の人生は大きく変わっていく。

  • 監督:ジョン・クローリー/出演:シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン ほか/2015年

2017年4月22日(土)~2017年5月5日(金)

鑑賞料金:一般1400円/一作品
サービス料金はこちら

【第90回キネマ旬報ベスト・テン外国映画第2位】
「キャロル」(スクリーン3)

thumb

(C)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

パトリシア・ハイスミスによる原作をトッド・ヘインズが映画化。1950年代のニューヨークを舞台に、ジャーナリストを夢見るテレーズと、夫と離婚訴訟中のキャロルの恋愛模様を描く。テレーズ役のルーニー・マーラがカンヌ国際映画祭女優賞受賞。

  • 監督:トッド・ヘインズ/出演:イト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン 、カイル・チャンドラー  ほか/2015年