佐藤二朗

|Jiro Sato| (出演)

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

本名
出身地 愛知県愛知郡東郷町
生年月日 1969年5月7日
没年月日

略歴▼ もっと見る▲ 閉じる

愛知県春日井市で生まれ、4歳から愛知郡東郷町で育つ。小学校の学習発表会が俳優志望のきっかけで、信州大学経済学部卒業後は“役者は趣味でいい”とリクルート社に入社するが、入社式当日に退社を決め、塾講師や求人広告営業で食いつなぎながら、文学座や劇団3○○の養成所に通う。劇団に入団はしなかったものの、1995年の金子修介監督「ガメラ・大怪獣空中決戦」ではヘリコプターのパイロット役でひっそりとスクリーン初登場を果たした。役者の夢は捨てきれず、96年より演劇ユニット“ちからわざ”を主宰。作・出演をつとめ、俳優活動に入った。99年からテレビドラマにも出演するようになり、ちからわざの公演を見た堤幸彦によってTBS『ブラックジャックII』00の医師役に起用され、これが転機となる。以来、舞台公演と並行して多数のドラマに出演。映画も「溺れる魚」01の取立屋役を皮切りに堤作品の常連となり、低予算映画などを中心に経歴を積み上げる。警察、医師、教師、運転手、サービス業店員といった周辺人物としてワンポイント的な出番で存在感を示し、出演作は映画・ドラマで計150本以上に及ぶ。特に180cm超の身長と四角く武張った顔を活かし、不安・不条理または陽性のオフビート感など非日常を与える役割に定評がある。福田雄一監督「大洗にも星はふるなり」09の粗忽な海の家店主や、フジテレビ『全開ガール』11の蘊蓄弁護士などは近年の陽性演技の代表例。正統派でも評価は高く、TBS『JIN/仁』09・11の主人公に協力する漢方医が顕著な代表作となる。2008年にはドラマ業界の裏方を描くミニドラマ『拝啓トリュフォー様』で初主演。東名阪ネット6『幼獣マメシバ』09でも中年ニート役で主演し、劇場版も作られた。12年には新作「マメシバ一郎」も公開予定。自身も患った強迫性障害が題材の「memo」08で映画監督デビューも果たしている。

キネマ旬報の記事▼ もっと見る▲ 閉じる

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.11「HiGH & LOW THE RED RAIN」

撮影現場レポート:向井理×木村文乃×佐藤二朗「RANMARU 神の舌を持つ男」

2009年7月上旬号

インタビュー:佐藤二朗 「幼獣マメシバ」主演

HOT SHOTS:佐藤二朗&一郎「幼獣マメシバ」

フィルモグラフィー