フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

ざふろりだぷろじぇくとまなつのまほう|THE FLORIDA PROJECT|THE FLORIDA PROJECT

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

amazon
レビューの数

112

平均評点

75.4(612人)

観たひと

879

観たいひと

132

(C)2017 Florida Project 2016, LLC.

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2018/5/12
上映時間 112分
製作会社
配給 クロックワークス
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット デジタル
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

第90回アカデミー賞助演男優賞ノミネートほか多数の映画賞を席巻したドラマ。フロリダのディズニー・ワールドの外側にある安モーテルで、母ヘイリーと暮らす6歳のムーニーは夢のような日々を送っていた。だが、ある出来事によって現実が影を落とし始める。監督・共同脚本は、「タンジェリン」のショーン・ベイカー。出演は、本作で放送映画批評家協会賞最優秀若手俳優賞などを受賞した子役のブルックリン・キンバリー・プリンス、「オリエント急行殺人事件」のウィレム・デフォー。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

6歳のムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)は、フロリダのディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテル“マジック・キャッスル”でママのヘイリー(ブリア・ヴィネイト)と暮らしている。ある日、隣のモーテルに同年代の女の子ジャンシー(ヴァレリア・コット)が越してきたと聞くと、仲良しの男の子スクーティ(クリストファー・リヴェラ)たちとモーテルに向かい、彼女のおばあちゃんの車にいたずらをして大目玉をくらう。ムーニーたちはジャンシーを仲間に加え、安モーテルや土産物店が立ち並ぶハイウェイ脇のエリアを探索。マジック・キャッスルに戻ると入室禁止の部屋に忍び込み、モーテル中の電気をストップさせる。モーテルの管理人ボビー(ウィレム・デフォー)はムーニーたちを叱るが、子どもたちは悪びれる様子もない。ムーニーは失業したヘイリーを助けるため、ダイナーで働くスクーティの母アシュリーからワッフルをもらったり、教会のフードドライブで食料をもらったりしていた。次の仕事が見つからないヘイリーは、リゾートホテルの前でニセの香水を売り始める。ある日、ムーニー、スクーティ、ジャンシーは古い空き家だらけのエリアへ冒険に出かける。荒れた家で暖炉を見つけたムーニーは、ライターを持っていたスクーティに火を点けてほしいと頼む。3人は親には内緒の約束をして別れる。モーテルに戻ると、ヘイリーが火事に大はしゃぎしていた。スクーティの様子がおかしいことに気づいたアシュリーは真相を知り、ムーニーと遊ぶことを禁ずる。スクーティ親子の態度が変わったことに気づいたヘイリーはアシュリーを問い詰めるが、理由は分からない。モーテルに居住は許されないというルールのため、ヘイリーとムーニーは月1回、向かいのモーテルに滞在する。しかし10ドルの値上げを言い渡されトラブルに。行き場がなくなった二人を受け入れてくれたのは、ジャンシーのおばあちゃんだった。香水売りも取り締まられたヘイリーはある決意をする。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2018年8月上旬特別号

読者の映画評:「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」川久保圭子/「万引き家族」井口祐介/「心と体と」

2018年6月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」

2018年5月下旬号

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」:インタビュー ショーン・ベイカー[監督]

UPCOMING 新作紹介:「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」

2021/09/22

2021/09/22

90点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


ウィレム・デフォーが素晴らしい

フロリダ・ディズニーワールドのすぐ側の下層階級の住むモーテルという設定がいい。たまにヘリコプターが下りてくるのだが、ヘリで来る富裕層の人がいるのだろう。その対比をさりげなく見せる。
子どもたちの演技がとても自然で、リアルな家族映画ということでアメリカの是枝監督という感じだ。社会派という点では、アメリカのケン・ローチでもいいかも。つばの飛ばしごっこやソフトクリームのなめあいなど、夏休みの子どもの世界を自然体で描く。田舎の子どもの世界という感じだ。そのほのぼの感と対照的なのがシングルマザーで、仕事もなく行き詰まり、売春を手を染める。そのシーンは見せない。お母さんはいろんなことに絶望しているのだが、割と淡々と描いている。うまい演出だ。さらに
管理人のウィレム・デフォーが素晴らしい。基本的には優しく、その優しさと仕事の忠実さで細かくモーテルの住人を監視している。住みやすいようにといろんな片付けもいとわずにしている。誰かに評価してもらいたいというのではなく、プライドをもって凛として淡々と日常業務をこなし生きている。一方で。ルールを破る人や怪しい人物には厳しい。これも凛として生きてるからだろう。最近にないロールモデルだ。
中野翠2018ベスト4

2021/05/31

2021/06/01

83点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/タブレット 
字幕


第90回アカデミー賞助演男優賞ノミネートほか多数の映画賞を席巻したドラマ。フロリダのディズニー・ワールドの外側にある安モーテルで、母ヘイリーと暮らす6歳のムーニーは夢のような日々を送っていた。だが、ある出来事によって現実が影を落とし始める。
内容の良し悪しではなく、ジャケットとタイトルの「真夏の魔法」というのが素敵な感じなんだけど、内容は全く違う
内容は、娘だけ見ると毎日楽しく過ごしている感じだけど、詐欺まがいのことをして態度も良くない母親
夢の国ディズニーランドの裏でこんな世界というギャップ
見ていると、娘が不憫でならない
そんな悪い環境もなんのそので笑顔が絶えない娘、眉間にシワを寄せてばかりの母親
映画は、どちからと言えば母親の方がメイン
だからジャケとタイトルと全然違った

2020/10/10

80点

選択しない 


最後の涙にやられた

あぁ、こんな感じかぁ〜iPhoneも悪くないなぁとか思ってたら、最後にやられた。あんな泣き方されたら誰だって辛いわ!😳

2020/09/19

2020/09/19

70点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/テレビ 
字幕


ヒューマンドラマ

フロリダのディズニーワールドのすぐ近くのモーテルに暮らす生活貧困者の生活を子供達の視点から描いている。アメリカの裕福の象徴ディズニーワールドの隣にはその日暮らしの生活を送っている人たちがいる皮肉。母親や子供達の自然な演技とその場にいるような気にさせる画面に釘付けになった。

2020/06/09

2020/06/09

85点

テレビ/有料放送/ムービープラス 
字幕

貧困はまた貧困を生むというハードなお話だがフロリダのどこまでも明るい青い空、輝くばかりの緑の芝生、怖い顔だが心優しいデフォーなどに囲まれいきいきと演技する天才子役達の演技力とショーン・ベイカー監督の演出力に舌を巻く。傑作。

2020/05/02

2020/05/02

70点

テレビ/有料放送/ムービープラス 


フロリダのカラッとした感じとパステル調の映像に対して、内容的には、誰も知らないみたいな。
シングルマザーの娘ムーニー目線だから、日々いたずらとかで過ぎていく。、けど現実は母親は働きもせず、パチモンを観光客に売りつけたりで生活している、どうしようも無いクズ人間。
でも、彼女は娘には愚痴や暗いところ、不安な感情を一切見せないし、男におぼれたり、虐待なんて事は全くなく、一途に娘を愛している。
娘の将来とか考えたら、働いたらいいのにって思うけど、そのあたりの事情は描かれてないから、よくわからない。
ラスト、助けを求めてやってきたムーニーに戸惑っていた友達が、手を引いてディズニーランドの人混みに消えていくシーンは、じわじわと何かを訴えてくる