グレイテスト・ショーマン

ぐれいてすとしょーまん|THE GREATEST SHOWMAN|THE GREATEST SHOWMAN

グレイテスト・ショーマン

amazon
レビューの数

366

平均評点

82.3(2975人)

観たひと

3850

観たいひと

288

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ミュージカル / 伝記 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2018/2/16
上映時間 105分
製作会社 ローレンス・マーク/チャーニン・エンターテインメント
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット
メディアタイプ
音声

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

予告編 ▲ 閉じる▼ もっと見る

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

「ラ・ラ・ランド」の音楽チームが楽曲を手掛けたミュージカル映画。19世紀半ばのアメリカ。興行師バーナムは型破りなショーを成功させるが、社会には認めてもらえない。そんななか、英国女王に謁見する機会を得たバーナムは、オペラ歌手ジェニーと出会う。出演は、「レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマン、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズ、「ダーティ・グランパ」のザック・エフロン、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン、「スパイダーマン:ホームカミング」のゼンデイヤ。脚本は、「美女と野獣」の監督を務めたビル・コンドン。監督は、VFX出身のマイケル・グレイシー。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

19世紀半ばのアメリカ、P.T.バーナム(ヒュー・ジャックマン)は幼なじみの妻チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)を幸せにしようと挑戦と失敗を繰り返してきたが、オンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。しかし、バーナムの型破りなショーには根強い反対派も多く、裕福になっても社会に認めてもらえない状況に頭を悩ませていた。そんななか、若き相棒フィリップ(ザック・エフロン)の協力により、イギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを得る。バーナムはレティ(キアラ・セトル)たちパフォーマーを連れて女王に謁見し、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)と出会う。彼女のアメリカ公演を成功させれば、一流のプロモーターとして世間から一目置かれる存在になると考えたバーナムは、ジェニーのアメリカ・ツアーに全精力を注ぎ込むため、団長の座をフィリップに譲る。フィリップは一座の花形アン(ゼンデイヤ)との障害の多い恋に悩みながらも、ショーを成功させようと奮闘する。しかし、彼らの行く手には、これまで築き上げてきたものをすべて失うかもしれない波乱が待ち受けていた……。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2018年3月下旬映画業界決算特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「グレイテスト・ショーマン」

2018年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

UPCOMING 新作紹介:「グレイテスト・ショーマン」

2024/03/16

2024/03/17

75点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/テレビ 
字幕


各人を大切にする、とは言え対立する部分は多くある、難しいところ。

多様性、と括ったら安っぽい感じがするが、各個人がイキイキするところを見つけた。しかし、一部の人からは反発を食う。そしていつの間にか、自分の中にも変化が出てきたり、「足るを知る」と言いたい場面も出てきたり。。
ストーリーは非常にわかりやすいものの、悩ましい場面が多い。

2024/02/17

2024/02/17

94点

選択しない 


命のこもったショー

安アパートの屋上での夫婦のダンス、子供達との触れ合いは幻想的で心を奪われる。
サーカス団員達の心のこもったダンスも自分の表現を全て出すという気持ちが全面に表現されていて目頭が熱くなった。

2024/01/27

2024/01/28

72点

VOD/Hulu/レンタル/PC 
字幕


序盤の貧しい生活ながら暖かい家族、そこから、家族のために一念発起して見せ物小屋を始めていく展開が一番熱い。
世間での尊敬を求めて、主人公は道を踏み外す。
主人公は実はフリークスたちに意外に冷たかったりするのだが、それでも彼の行なってきた事には恩を感じるようで、再び力を合わせることになる。
中盤以降はありがちな展開だが、ミュージカルの楽しさがあり、主人公も基本的に家族第一な人物なので好感が持てるし、奥さんも献身的でしかもしっかりした価値観の持ち主なので、ファミリードラマとして面白く見れた。

2023/08/03

2023/08/06

90点

レンタル 
字幕


音楽・歌唱すべてのレベルが高い

そして、19世紀なかばのニューヨークを描いた画面もとても美しいです。
マイノリティを見世物にするという設定やストーリーは、アカデミー賞において無冠に終わった(パフォーマンスはあったけど)のも頷ける微妙さがあるけれど、家族愛をコアにしていて泣けます。
アメリカのショービジネスの底力を見せつけるような映画。話は飛んじゃうけど、フロリダのディズニーワールドでは、アカペラグループが何気なくステージをしていて、それがめちゃめちゃうまかったりしたんですが、そんな底力を見せつけられたような映画でした。

2023/02/28

2023/03/05

90点

映画館/東京都/TOHOシネマズ日比谷 
字幕


見世物と芸術と

ネタバレ

あの子供が幸せなら良し

歌手の人の後日談は入れて欲しかった

2022/12/04

2022/12/24

80点

テレビ/有料放送/WOWOW 
字幕


娯楽性満載

ハリウッドはこの手の娯楽映画を作るのが本当に上手いと思う。テーマは皆同じようなものだが、何度でも観たくなってしまう。そういえば「トップガン・マーヴェリック」を68回観たという人が日経新聞に掲載されていたが、ハリウッドの娯楽映画はディズニーランドみたいなものかもしれない。
観客のいないサーカス小屋でのフィリップ(ザック・エフロン)とアン(ゼンデイヤ)の逢瀬がサーカス小屋の空間をいっぱいに使用して斬新且つ美しかった。