レヴェナント 蘇えりし者

れべなんとよみがえりしもの|THE REVENANT|THE REVENANT

レヴェナント 蘇えりし者

amazon
レビューの数

210

平均評点

77.5(1608人)

観たひと

2216

観たいひと

275

(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • KINENOTE Selection映画館で観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル 西部劇 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016/4/22
上映時間 157分
製作会社
配給 20世紀フォックス映画
レイティング R-15
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット
メディアタイプ
音声 5.1ch

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

予告編 ▲ 閉じる▼ もっと見る

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

レオナルド・ディカプリオと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督が初タッグを組み、実話を基にした小説を映画化。荒野に取り残された男が復讐のため、過酷なサバイバルに挑む。ゴールデングローブ賞作品賞、監督賞、主演男優賞受賞。撮影監督は、「ゼロ・グラビティ」のエマニュエル・ルベツキ。音楽は、「ラストエンペラー」の坂本龍一。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

アメリカ西部の未開拓な荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に見捨てられ置き去りにされたばかりか、最愛の息子を殺されてしまう。グラスはフィッツジェラルドに復讐を果たすため、厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、約300キロにわたる過酷な旅に出る……。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2017年2月下旬号 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン:読者選出外国映画ベスト・テン

2016年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「レヴェナント:蘇えりし者」

2016年5月上旬号

●レポート:「レヴェナント:蘇えりし者」レオナルド・ディカプリオ来日会見

UPCOMING 新作紹介:「レヴェナント 蘇えりし者」

2020/02/03

2020/02/03

75点

その他/録画BSプレミアム 
字幕


惚れ惚れするような映像

 なかなか凄まじい映画だった。

 ストーリィよりも、その映像のこだわりと、夕暮れ時の自然光の美しさを十二分に見せてくれた。
 
 そして、レオナルド・ディカプリオが、雪の中での過酷な撮影だったようだが、熊のシーンも戦いの場面もこれでもかと言わんばかりの執念の演技で、やっとアカデミー賞を獲得したのも分かる気がした。

 撮影の仕方も黄昏時の自然光のマジックアワーという撮影だそうで、それが本当に美しかった。ちょっと長いが、見応えがある。

2020/01/06

2020/01/06

65点

VOD/NETFLIX 
字幕


2回目

見たのはなんとなく覚えてたけどストーリー全く覚えてなかったので2回目。
映像は凄いけどテンポ悪すぎるわ。

2019/12/19

2019/12/20

98点

VOD/NETFLIX/購入/テレビ 
字幕


オスカーにふさわしい映画

ネタバレ

見てるだけで寒い、痛い撮影大変そう
とにかくディカプリオの息子を殺されたこと、生きることへの執念がすごい
映像を見る限りどうやって撮影したのかと思うよ

2019/08/04

2019/08/04

60点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/テレビ 


超人ディカプリオ

ネタバレ

美しい大自然の映像が美しく、ディカプリオの悲惨な姿の気休めにはなる。

この映画は、単純な復讐譚ではない。
実話をベースにしているようだが、かなり美化、単純化しているようだ。

どう見てもトム・ハーディだけが悪者ではなく。ディカプリオも隊長も正義ではない。

熊に襲われるシーンは衝撃的だった。
にしても、ディカプリオが超人的すぎる。自ら川に入ったり、季節がいつなんだと突っ込みたくなる。

2019/06/20

90点

選択しない 


オスカー受賞おめでとう☆

レオナルド・ディカプリオが、初のオスカーを受賞した作品ということで観ました。

アメリカの歴史の源流を見た気持ちにさせてくれる見応えある映画です。
西部劇より更に前の開拓時代の創世記の話なので、過酷な映像も時折ありました。
毛皮をめぐっての白人とインディアンの血を血で洗うような戦いぶりは壮絶としか言いようがありませんでした。人の欲とは何と恐ろしいものなんでしょうか。

ストーリーそのものは単純です。レオナルド・ディカプリオ扮する主人公グラスが仲間に息子ホークを殺されて、熊に襲われた傷を抱えながらも冬山から生還して復讐を果たすというものでした。
それ故に凄惨なシーンのオンパレードなのですが、素晴らしい映像美で、魅入ってしまうのです。
時にタルコフスキーばりに水を活かしたみたり、「プライベート・ライアン」を想起させたり、イニャリトゥ監督のセルフオマージュもあり楽しませてもらいました。

そして本作で映し出された開拓時代から、脈々と受け継がれた戦いの歴史があっての今のアメリカがあることを考えると本作の価値は高いと思います。
重い映画ではありますが、目が釘付けになる面白さがありました。

2017/11/13

2019/05/13

100点

レンタル/長野県/ゲオ/ゲオ須坂店/DVD 
吹替


これぞ傑作!

ストーリーは自分を置き去りにした仲間に復讐をする話です、もちろんただ復讐するだけではなく、生きるとは何かを考えさせられる映画でした、最初はクマに襲われ、息子を殺されて生き埋めにされ、今度はインディアンに追われながらも必死に生きる姿を描いている映画でした。ほとんどサバイバル映画で映像も川のせせらぎや小鳥のさえずりがメインで音楽はあまり流れません、映像は綺麗で素晴らしかったです。一瞬たりとも目が離せませんでした。音楽も坂本龍一さんの曲も素晴らしかったです。ほとんど曲がなくてクマに襲われるシーンもリアルに感じます、何度も言いますがこの映画は素晴らしい、一生懸命生きる姿が感動します、人生で1度は見るべき映画です!個人的な最終評価は文句なしの10点中10点です。惨殺なシーンもあって1度見ればいいと思う映画でしたが映像はとても綺麗でいろんなことを考えさせられる映画なのでまた見たい気もあります。是非見ることをお勧めします。