レヴェナント 蘇えりし者

れべなんとよみがえりしもの|THE REVENANT|THE REVENANT

レヴェナント 蘇えりし者

amazon
レビューの数

153

平均評点

78.5(1064人)

観たひと

1470

観たいひと

241

(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • KINENOTE Selection映画館で観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル 西部劇 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016/4/22
上映時間 157分
製作会社
配給 20世紀フォックス映画
レイティング R-15
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット
メディアタイプ
音声 5.1ch

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

予告編 ▲ 閉じる▼ もっと見る

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

レオナルド・ディカプリオと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督が初タッグを組み、実話を基にした小説を映画化。荒野に取り残された男が復讐のため、過酷なサバイバルに挑む。ゴールデングローブ賞作品賞、監督賞、主演男優賞受賞。撮影監督は、「ゼロ・グラビティ」のエマニュエル・ルベツキ。音楽は、「ラストエンペラー」の坂本龍一。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

アメリカ西部の未開拓な荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に見捨てられ置き去りにされたばかりか、最愛の息子を殺されてしまう。グラスはフィッツジェラルドに復讐を果たすため、厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、約300キロにわたる過酷な旅に出る……。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2016年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「レヴェナント:蘇えりし者」

2016年5月上旬号

●レポート:「レヴェナント:蘇えりし者」レオナルド・ディカプリオ来日会見

UPCOMING 新作紹介:「レヴェナント 蘇えりし者」

2016/11/29

2016/11/30

80点

レンタル 
字幕

ディカプリオが念願のオスカーを獲得した作品ということで期待して観賞。
ディカプリオの鬼気迫る演技、自然光を利用した美しくかつ荒々しい自然描写は抜群だった。
ストーリー的に全編に渡って重苦しいのはしょうがないところ。
でも一番はクマ…とにかく怖かった…

2016/05/05

2016/11/30

65点

映画館 
字幕


迫真の演技

息子の仇を討つために、瀕死の重傷を負いつつも過酷な環境を生き抜く男を追った実話ベースの物語に引き込まれ、全身から鬱々とした殺気を発しながら場面を禍々しく彩るL・ディカプリオの迫真の演技に魅せられる。 

ただ、残念だったのは語り口で、白人の理不尽な暴虐や、それにさらされる先住民の悲哀といった米国史の暗部をはじめ、主人公以外の登場人物や、父と子の絆の深さが描き切れていない気がしなくもなく、せっかくのスリリングで雄大な物語にイマイチ感情移入できずのこの点数とした。

あと、監督はA・G・イニャリトゥだし、 音楽は坂本龍一だし、撮影はE・ルベツキだし、と自分好みのスタッフ陣に期待しすぎた反動もある。

2016/11/29

2016/11/29

80点

レンタル/京都府/ゲオ/ゲオ円町店/ブルーレイ 


最も好きな俳優、ついに

ストーリーの構成の難しさではなく、人間という、ディカプリオ自身が訴えているものそのものを映画にしたような作品で、感情的なく難しさがあった。
人間とは一体なんなのか、文明とはなんなのか、憎悪や愛とはなんなのか、、
また見たいと感じた。
やはり、ディカプリオの演技は凄まじいものがある。

2016/11/12

2016/11/12

80点

レンタル 


エマニュエル・ルベツキの映像

エマニュエル・ルベツキの映像に魅せられた2時間半だった。暴力的でありながら、美しさを湛えるアメリカ西部の自然。また、先住民たちの佇まいも美しく、その面差しにも清廉さがうかがえる。一方、彼らを野蛮人と揶揄する開拓民たちは、欲深く、薄汚れた顔が並ぶ。彼らの方が野蛮人である。先住民に対する差別感情が分かるセリフや女性を性奴にするシーンも、それをはっきり意識させた。
暴力的な自然に、暴力的な人間たちが済む世界で、彷徨するディカプリオはまさに幽鬼。あの世に片足をつっこんだ彼が見る、幻覚はあまりにもおだやか。妻や息子への豊かな愛が伝わってくる。

2016/11/08

2016/11/09

90点

レンタル 
字幕


これはディカプリオの演技ありき。明暗のある映像もすばらしい。

2016/11/08

2016/11/08

90点

選択しない 


冒頭の映像数十分に圧倒され、まさかその興奮と緊張が2時間30分最後まで続くとは… とにかく映像、撮影等色々と凄かった。
そして絶対映画館で観るべき映画だった。後悔。
蘇えりし者笑