マイ・フェア・レディ

まいふぇあれでぃ|My Fair Lady|My Fair Lady

マイ・フェア・レディ

amazon
レビューの数

87

平均評点

74.0(523人)

観たひと

976

観たいひと

126

  • KINENOTE Selection映画館で観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ミュージカル / ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1964/12/1
上映時間 173分
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット
メディアタイプ
音声

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

ジョージ・バーナード・ショウの「ピグマリオン」を脚色したミュージカル。脚色(作詞)は「恋のてほどき」のアラン・ジェイ・ラーナー。「スタア誕生(1954)」のジョージ・キューカーが演出したミュージカル。撮影はハリー・ストラドリング、音楽はアラン・ジェイ・ラーナーの作詞、舞台と同じくフレデリック・ロー及びアンドレ・プレヴィンが作曲をそれぞれ担当した。出演は「クレオパトラ(1963)」のレックス・ハリソン、「シャレード」のオードリー・ヘップバーン、舞台で同じ役を演じたスタンレー・ハロウェイ、「恋をしましょう(1960)」のウィルフリッド・ハイド・ホワイト、ジェレミー・ブレットなど。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

イライザ(オードリー・ヘップバーン)は花売り娘だ。うすら寒い三月の風の中で声をはりあげて売り歩く。ある夜、ヒギンス博士(レックス・ハリソン)に言葉の訛りを指摘されてから、大きく人生が変った。博士の家に住み込むことになったのだ。だが、今までの色々の苦労よりももっと苦しい難行を強いられた。何度も同じ言葉を録音するのだ。博士の家に同居するピカリング大佐は親切で優しい。ある日、イライザの父親ドゥリットル(スタンレー・ハロウェイ)が娘を誘惑されたと勘違いして怒鳴り込んだが、貴婦人になる修業をしていると聞いて喜んだ。それから4カ月。イライザは美しい貴婦人として社交界へデビューした。アスコット競馬場。イライザの美しさは群を抜き、名うてのプレイボーイ、フレディでさえが彼女につきまといはじめた。陰で彼女を見守る博士とピカリングは気が気ではなかった。彼女の正体がばれたら、貴族侮辱罪で社交界から追放されるだろう。彼女は誰にも気づかれずうまくやっていた。ところが各馬がゴール寸前になったところ、興奮したイライザは、つい地金を出してしまった。だが、それもご愛嬌ですんだ。つづく大使館のパーティでは完全なレディになっていた。そこに博士の昔の弟子で、人の正体を暴いては強請っている自称言語学者がイライザにつきまとい始めた。彼は得意げにイライザの正体を暴露した。「ベルギーの王女です!」大成功だ。その夜、博士とピカリングが成功を喜んでいる傍らで、イライザは悲しみと怒りで泣いていた。誰もイライザに労いの言葉をかけてくれない。自分は博士の実験台にすぎなかったのだ。そうして彼女は邸を飛び出した。博士がイライザの家出を嘆いて、母の家へ行くと、そこにイライザがいた。家に帰るように言う博士に、イライザはフレディと結婚すると宣言する。一人邸に戻った博士は、イライザの不在に淋しさを感じ、彼女を愛する心を意識した。録音器の訛りの多い彼女の声を静かに聞きながら心を痛めていた。ふと、その録音器が止まった。なんとそこにイライザが立っていたのだ。博士はとんで行って抱き締めたい気持ちをこらえながら言った。「イライザ。ぼくのスリッパはどこ?」

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2016年冬の増刊号

スペシャル・セレクション:「マイ・フェア・レディ」

2004年5月上旬特別号

DVDコレクション:第121回 「マイ・フェア・レディ」

1970年8月下旬号

SBグラビア:マルの「マイ・フェア・レディ」

1968年8月号増刊 ミュージカル・スター

ステージ特集 :「マイ・フェア・レディ」から「オリバー!」まで全17品のグラフィック・フラッシュ・バック

「マイ・フェア・レディ」から「オリバー!」まで:日本で上映されたミュージカル・メモ

1965年5月上旬号

巻頭グラビア 第37回アカデミー賞発表:「マイ・フェア・レディ」主要部門を獲得

1965年2月上旬決算特別号

外国映画批評:マイ・フェア・レディ

1965年1月上旬新年特別号

巻頭グラビア 新春をかざる魅惑の外国映画:マイ・フェア・レディ

旬報試写室:マイ・フェア・レディ

1964年12月上旬号

特別グラビア:本場の味“マイ・フェア・レディ”を70ミリ映画で

外国映画紹介:マイ・フェア・レディ

1964年10月号増刊 ’65年版 新作洋画への招待

各社期待の大作(グラビア):マイ・フェア・レディ

マイ・フェア・レディ:

1964年3月上旬号

「マイ・フェア・レディ」再演舞台の栄光:

1963年11月下旬号

SB SB情報:「マイ・フェア・レディ」の観客たち

1963年10月下旬号

SB 二つの「マイ・フェア・レディ」論:

2022/01/30

2022/01/30

-点

テレビ/有料放送/WOWOW 


ミュージカルの定番を初めて鑑賞。名曲の数々。

2021/10/20

2021/10/20

79点

その他/ツタヤディスカス、Blu-rayレンタル 
字幕


特典映像

Blu-rayレンタルで、幻のオードリーの声を聴いてみた。
レストアされた美麗映像に、彼女の声を《合わせている》。
感激だが、僅か2曲。
感想は書かないでおきます。

YouTubeで、やっぱりアップされてるんですね、これが。
「証拠を見せて」は綺麗な画面で、
「素敵じゃない?」は、しょうもない画質でしたが。

Show Me 証拠を見せて 2分弱
Wouldn't Be Loverly? 素敵じゃない? 4分弱

2021/10/15

2021/10/15

79点

その他/NHK/BS4K 
字幕


ジョージ・キューカー

8K版、4K放送。
画質は「ウエストサイド物語」よりは見栄えがするが、色彩が地味な印象。
オール・セット撮影で、屋外シーンがゼロだからか。
舞台版の映画化だからしょうがないが、人工的な2時間50分余である。
フォーマットは、スーパーパナビジョン70。

イライザの役柄は、作中で21才ぐらいと評する台詞があって(もしかして「ピグマリオン1938」のほうだったか?)、オードリーには少し厳しい。
ちなみに1956年のブロードウェイ上演時に、ジュリー・アンドリュースは20才か21才!

バーナード・ショーが書いた1913年!初演のステージは、はっきりしたハッピーエンドではなかったらしく、後年、変更されてかなり抵抗したと、ウイキペディアにあるのは実に興味深い。
私にとっては、今も昔も「?」なラストだから。
ヒギンズ教授は、独身男なのに使用人が7~8人いてあきれる。

オードリーの生歌声は、「エンリー・イギンズ」の最初と最後の1分半で聴ける。
実に涙ものである。
歌えてるじゃん!
中間部分がなぜマーニー・ニクソンの吹替えかというと、ここが「レディ」の部分だから・・・。
どこまでも、オードリーを馬鹿にした話である。

YouTubeで、TVエド・サリヴァン・ショーでの5分間即席ステージだが、1961年のジュリー・アンドリュースが1曲、モノクロ映像で見れる。

2021/04/09

2021/06/01

65点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


階級社会イギリス

八波むとしを思い出しました。

2021/04/25

2021/04/25

79点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


11年ぶりに観る

2010年以来だから、すっかり内容を忘れていた。

貧困な花売り娘の発する訛りがひどいものだから、
言語学者の紳士が気になって、彼女を上流階級の令状に
仕立て上げようとする物語ミュージカル。

いちおう興味深い試みであった。
彼女の訛りがひどいからで、なにしろこれを直すのに百年かかるのではないかと思うほどひどいのだ。
これを終えたら彼女には一つの失望が待っていた。そこからテーマは始まるという印象を覚えた。
そこは面白かったし、まだまだ話は続くのであった。

彼女のビフォーアフターにも差が歴然と表され、驚きに値した。

2021/04/07

2021/04/07

75点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


難しいなあ

絶賛もできるが同じくらいがっかりもする。
オードリー・ヘプバーンは熱演だが歌が吹き替えなのは残念だ。名曲はたくさんあるが、芝居と歌・ダンスがギクシャクしていて観ていて気持ちがスムーズについていかない。まだまだあるがどっちにせよ、大作、傑作ミュージカルには違いない。