インターステラー

いんたーすてらー|INTERSTELLAR|INTERSTELLAR

インターステラー

amazon
レビューの数

366

平均評点

83.5(3007人)

観たひと

4079

観たいひと

359

(C)2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル SF / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2014
公開年月日 2014/11/22
上映時間 169分
製作会社 Legendary Pictures=Lynda Obst Productions=Paramount Pictures
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット デジタル
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督によるSFアドベンチャー。宇宙のワームホールを利用し、惑星間を旅する壮大な冒険を描く。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー、「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイ、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステイン。35ミリ/IMAXフィルムで撮影され、日本では東京・有楽町 丸の内ピカデリーにて35ミリフィルムで上映。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

劇的な環境変化によって、寿命が尽きかけている未来の地球。新たに発見された宇宙のワームホールを利用し、居住可能な新たな惑星を探すという、生きて帰れるかわからない重大な使命を担う壮大な旅に、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男(マシュー・マコノヒー)と、数少ないクルーが選ばれる。人類の限界を超え、不可能にも思える史上最大のミッションのため、前人未到の未開の地へ旅立った一行は、自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することができるのか……。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2015年1月下旬号

読む、映画:「インターステラー」

2015年1月上旬号

読む、映画:「インターステラー」

2014年12月下旬号

SF映画のあらたな夜明け「インターステラー」:インタビュー クリストファー・ノーラン[監督]

SF映画のあらたな夜明け「インターステラー」:「インターステラー」はSF映画史の転回点だ! 証言(1) 過去と現在、天と地が重なる場所で

SF映画のあらたな夜明け「インターステラー」:「インターステラー」はSF映画史の転回点だ! 証言(2) アドベンチャー・ホテル 「インターステラー」の暮らし方

SF映画のあらたな夜明け「インターステラー」:「インターステラー」はSF映画史の転回点だ! 証言(3) 陶酔のヴィジョン

読む、映画:「インターステラー」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「インターステラー」

2014年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「インターステラー」

2024/01/15

2024/01/18

80点

レンタル/新潟県/TSUTAYA/蔦屋書店 竹尾インター店/ブルーレイ 
字幕


しっかり娯楽作品

◎ キューブリックの『2001年 宇宙の旅』は、人間がまだ猿のようだった時に始まり、未来に向かって一直線に進んでいく。そして、なんだかよく分からない次元にまで入り込み、回答を示さないままオープンエンドで終了してしまう。
◎ この名作に触発されたことは間違いないノーラン作品は、観る者に解釈を任せるのでなく、きちんと伏線を回収し、解決を示してみせる。しかも、キーになるのは人間同士の愛情だという分かりやすい解釈で、しっかり娯楽作品になっている。3度目の鑑賞だが、傑作である。

2023/08/31

2023/08/31

90点

選択しない 


イマジネーションの凄さ

圧倒的なイマジネーションにより5次元の世界を映像化していて、それだけでも感嘆。ノーラン監督はやはり凄い。描いている事は父娘の愛情、絆が軸なので壮大なスケールの世界観、宇宙観だがついていけるし、さらに知的好奇心を刺激してくれて満足。年寄り映画ファンとしては脇でジョン・リスゴーやエレン・バーンスティンが出ていて懐かしい。

2023/02/12

2023/02/12

98点

VOD/NETFLIX/レンタル/テレビ 
字幕-吹替


起こりうる事は起こる

ネタバレ

未知を認めるのが科学。
マーフィーの法則。
「失敗する余地があるなら、失敗する」
「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」

相対性理論。
「時間と空間は,立場によってかわる」「質量とエネルギーは同じものである」「重力で光が曲がる」「重力は空間の曲がりから生まれる」

学びに繋がる映画はとても素敵で、そして感動的だった。
凄くいいことを教えてもらえた。すごくいい映画。

「感情を持つ相手とのコミュニケーションにおいて完璧な正直さは外交的で安全とは限らない。」
ターズ好き。

マン博士がクーパーを置いて行こうとした時すごく人間の泥臭さを感じた。死の淵を経験した強者とでも言うのか、、

「穏やかな夜に身を任せてはいけない。例え老いても終わり行く日に燃え滾り怒るのだ。怒れ、怒れ、消えゆく光に怒れ。死の淵にある賢人は闇が正しいと知っている。彼らの言葉は稲妻を裂けなかった。だから穏やかな夜に身を任せてはいけない。怒れ、怒れ、消えゆく光に怒れ。」

2023/01/27

2023/01/27

-点

VOD/Hulu/レンタル/PC 
字幕


秀逸

新たな星を探しに行くという、シンプルな入りであるが、そこから物語が奥深さを見せていき、単なるSFに済まない作品になっているのがすごい。

2022/12/15

2022/12/15

69点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕

まさに壮大なSF映画という感じで、映画力を感じるスケールでした。
科学にも物理にも弱いので、5次元とか重力とか相対性理論とか方程式とかさっぱりですし、宇宙にも詳しくないので特に5次元のお父さんと3次元の過去の娘やら今の娘やらがドッキングするあたりの細かいカラクリはさっぱりちんぷんかんぷんではありましたが、深く考えてもわかるもんじゃないなーとシンプルにSFとして楽しんだ感じです。
あまりにスケールがデカすぎてちょっと気後れしちゃうほど宇宙はデカイ。そして怖い。
戻ってきた時に娘がもう老い先長くないというのは切ないなあ〜。
極限まで追い詰められて暮らしてたマン博士の気持ちもわからなくはないけど客観的に見てクソでしたね笑
酸素のないところで宇宙服破壊するってイカれてる。
170分、体感的にはそこまで長さは感じませんでしたがシンプルに時間として長い笑

2022/08/18

2022/09/18

90点

選択しない 


幽霊の正体

 第2の地球を探すため宇宙へ旅立った父クーパー。その父が必ず帰ってくることを信じて待つ娘マーフィー。その父と娘が時空を超えて繋がり合い、人類を救うことになる。
 そのスケールは壮大でありながら、きわめて身近な親子の愛だった。
 なにしろ、幽霊が出るという娘の部屋の向こう側に行くために、気の遠くなるような宇宙空間を経由しなければならない。近くて遠い所という人間関係や心理的な距離のたとえはあるものの、これほど果てしなく遠い隔たりは見たことがない。視覚的には、手を伸ばせばいくらでも届きそうな距離なのに。しかし、30数年後、父が旅立つ前に託した腕時計によって、娘が父の存在を確信するシーンは素晴らしかった。二人が繋がり合った瞬間だ。父から送られた情報が重力の謎を解きあかすことになり、それが地球外の星への人類の移住を可能にすることになる。
 普通、宇宙をテーマにする作品は物理学や理論の難しさ、ちんぷんかんぷんの用語に惑わされて訳が分からなくなってしまう。重力、4次元や5次元、時空のひずみだのと、聞いたことはあっても実のところよくわからない。
 しかし、この映画はそんな理屈があまり邪魔にならない。
劇中で、宇宙を共にした女性アメリアがクーパーに語る言葉が印象的だ。
 「愛は私たちの理解を超えた何かを意味してるのよ。愛は感知できる。愛は時空を超えるのよ。たとえどんなに可能性が低くても、彼に会えるかもしれないと思うとうれしかった。それが間違いだということにはならない」と。
 人類が移住できそうな星へ先行して探査に出た博士の恋人のアメリアの独白だ。その星へ確認に向かうかどうかを判断するときのことで、これを聞いたクーパーは情緒的だと感じ、私情に基づいた判断を退ける。
 見ているこちらも、クーパーと同じように感じた。しかし、父と娘が80数年を経て約束どおり再会したときに、このアメリアの話が実はこの映画の核心だと思えた。