フランシス・ハ

ふらんしすは|FRANCES HA|FRANCES HA

フランシス・ハ

amazon
レビューの数

77

平均評点

73.2(383人)

観たひと

608

観たいひと

77

(C)Pine District, LLC.
  • VODで観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2012
公開年月日 2014/9/13
上映時間 86分
製作会社 RT Features, Pine District Pictures, Scott Rudin Productions
配給 エスパース・サロウ(提供 新日本映画社)
レイティング 不明
カラー モノクロ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット 不明
メディアタイプ 不明
音声 不明

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

ニューヨークを舞台に、モダンダンサーを目指しながらなかなか芽が出ない27歳の女性が、周囲の変化にとまどい奔走するドラマ。いつも一緒にいた親友とのルームシェアを解消することになり居場所を探して友人たちの間を転々とする中で主人公が自分の人生を見つめ直す姿を、モノクロ映像でユーモラスに描く。監督・脚本は「イカとクジラ」で第78回アカデミー賞脚本賞にノミネートされたノア・バームバック。「ローマでアモーレ」「ベン・スティラー 人生は最悪だ!」(未)のグレタ・ガーウィグが、ノア・バームバック監督とともに脚本を手がけたうえに、主人公の大人になりきれないダンサー志望の女性をのびやかに演じている。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

流行の発信地とも言われるニューヨーク市ブルックリンで、モダンダンサーとして大舞台に立つことを夢見ているがなかなか芽が出ない27歳のフランシス(グレタ・ガーウィグ)は、親友のソフィ(ミッキー・サムナー)とルームシェアをしている。お金はないけど楽しく日々を過ごしていた。しかしフランシスは恋人と別れた上に、ソフィが別の場所で他の友人と同居をはじめ、住処をなくす。友人たちの間を転々とする中で、フランシスは周囲が大人らしくなっていることに焦りを覚え、自分の人生について見つめ直していく。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2014年11月上旬号

読む、映画:「フランシス・ハ」

2014年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「フランシス・ハ」

2014年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「フランシス・ハ」

2014年8月下旬号

ランダム・ウォーク/「キネ旬」的ミニシアターの歩き方:「女と女の映画史」への誘い 「フランシス・ハ」

臨時増刊8月2日号 KINEJUN next vol.07

特集 ホットな映画をモット楽しむ! 劇場バカンス 本気で薦める夏映画セレクション:夏セレ2 レコメンド編「バトルフロント」「ふしぎな岬の物語」「2つ目の窓」「フランシス・ハ」「プロミスト・ランド」「ヘウォンの恋愛日記」「放課後ロスト」「僕はもうすぐ十一歳になる。」「ぼくを探しに」「毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編」「まほろ駅前狂騒曲」「めぐり逢わせのお弁当」「物語る私たち」「リヴァイアサン」「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」「わたしは生きていける」

2019/11/01

2019/11/01

68点

VOD/U-NEXT 

・モノクロームと音楽の使い方が古きモノクロ映画を彷彿させる
・カットやセリフの展開が考えているより1歩早く展開され、テンポが大変良い
・主人公フランシス(グレタ)の行動は、劇中で交わされるセリフの老け顔の27歳
 ながらある種幼く、親友ソフィーが部屋を出て行ってからは拗らせ全開 やること
 なすこと裏目(ダンサーの仕事はうまくいかず 見栄を張り他の仕事に 友人の
 飲み会でも空気の読めない会話と空回り 思い付きのパリ旅行は友人と会えない)
 後の本人監督作「レディーバード」に通じる空回り感がふんだんにあるが、グレタ
 の愛嬌から嫌な感じは全く受けない
・ラストは振付師として才能をやっと認められ、劇中何度も描かれる不安定な
 自分の部屋にようやくたどり着き、名前が全文入らず「フランシス・ハ」に 切れ見事
・どうしても「レディーバード」と比較すると母との関係もなく空回りに終始し痛々しかった

2019/08/21

2019/08/21

65点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/タブレット 


これはフランス映画に憧れを抱くノアバームバック自身の映画へのこじらせ愛を描いたものだと思った。
とっくに夢見る少女じゃいられない年頃の主人公の事の顛末は周りの登場人物にも下支えされて分かりやすく描かれていたと思う。
しかしながら、デヴィッドボウイのモダンラヴに合わせて走っていいのはドニラヴァンだけだと断定したいし、レオスカラックスはあのシーン、浮遊感出すためにわざとパンクさせた車で並走して撮ってんだぜ、そこまでやったのならいいけど。
てことで、あのオマージュは正直いかがなものかと思ってしまった。
そんな監督だが、ラストの仕掛けにてついにその想いを成就させたようにも思える。

2019/07/21

2019/07/22

72点

選択しない 
字幕


いたっ

夢見がちな若い子にはちょっと痛いところを突かれるような話だった。
ニューヨークの生活とか憧れちゃう。

2019/06/19

2019/06/19

72点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/タブレット 


最初は、自分がこうしてるんだから、相手にも同じような事を望んだり、周りの親切心をないがしろにしたりしてたんだけど、だんだんとなんかわかってきて、大人になっていく女性の話。
素直にとても良かった

2019/05/27

2019/05/29

-点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


見習いダンサーで友人いわく"非モテ系女子"であるフランシス・ハラデー(グレタ・ガーウィグ)が、友人関係や仕事上のトラブルに翻弄されながら、ようやくバレエ・カンパニーの事務兼振付師として自立の一歩を踏み出し、それまでのようなルームシェアでなく、初めて個人名義の部屋に住むまでを描いた作品。アメリカ・インディペンデント映画の1ムーブメントである"マンブルコア"に分類される。

2019/05/28

2019/05/28

80点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


『レディ・バード』の後日譚?

名作『レディ・バード』の10年後を描いたかのような作品でした。ウディ・アレンを持ち出すまでもなくスタイリッシュさでは上回ります。

売れていないケイト・ウィンスレットみたいな(誉め言葉です)グレタ・ガーウィグが魅力的でした♪空気の読めなさも可愛い過ぎます。ダンスの才能はそれほど感じませんでしたが街を楽し気に走る姿が印象に残りました。

挫折の中でフランシスは成長していきます。不器用故に障害も多いけれど周りに悪い人はおらずある意味、羨ましい環境です。

異性相手のラブロマンスに安易に逃げず、ソフィーとの友情を描ききったのも潔くて好印象でした。楽しく観れてほっこりした気持ちになれる、そんな映画でした☆