フランシス・ハ

ふらんしすは|FRANCES HA|FRANCES HA

フランシス・ハ

amazon
レビューの数

85

平均評点

73.3(441人)

観たひと

690

観たいひと

77

(C)Pine District, LLC.
  • VODで観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2012
公開年月日 2014/9/13
上映時間 86分
製作会社 RT Features, Pine District Pictures, Scott Rudin Productions
配給 エスパース・サロウ(提供 新日本映画社)
レイティング 不明
カラー モノクロ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット 不明
メディアタイプ 不明
音声 不明

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

ニューヨークを舞台に、モダンダンサーを目指しながらなかなか芽が出ない27歳の女性が、周囲の変化にとまどい奔走するドラマ。いつも一緒にいた親友とのルームシェアを解消することになり居場所を探して友人たちの間を転々とする中で主人公が自分の人生を見つめ直す姿を、モノクロ映像でユーモラスに描く。監督・脚本は「イカとクジラ」で第78回アカデミー賞脚本賞にノミネートされたノア・バームバック。「ローマでアモーレ」「ベン・スティラー 人生は最悪だ!」(未)のグレタ・ガーウィグが、ノア・バームバック監督とともに脚本を手がけたうえに、主人公の大人になりきれないダンサー志望の女性をのびやかに演じている。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

流行の発信地とも言われるニューヨーク市ブルックリンで、モダンダンサーとして大舞台に立つことを夢見ているがなかなか芽が出ない27歳のフランシス(グレタ・ガーウィグ)は、親友のソフィ(ミッキー・サムナー)とルームシェアをしている。お金はないけど楽しく日々を過ごしていた。しかしフランシスは恋人と別れた上に、ソフィが別の場所で他の友人と同居をはじめ、住処をなくす。友人たちの間を転々とする中で、フランシスは周囲が大人らしくなっていることに焦りを覚え、自分の人生について見つめ直していく。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2014年11月上旬号

読む、映画:「フランシス・ハ」

2014年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「フランシス・ハ」

2014年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「フランシス・ハ」

2014年8月下旬号

ランダム・ウォーク/「キネ旬」的ミニシアターの歩き方:「女と女の映画史」への誘い 「フランシス・ハ」

臨時増刊8月2日号 KINEJUN next vol.07

特集 ホットな映画をモット楽しむ! 劇場バカンス 本気で薦める夏映画セレクション:夏セレ2 レコメンド編「バトルフロント」「ふしぎな岬の物語」「2つ目の窓」「フランシス・ハ」「プロミスト・ランド」「ヘウォンの恋愛日記」「放課後ロスト」「僕はもうすぐ十一歳になる。」「ぼくを探しに」「毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編」「まほろ駅前狂騒曲」「めぐり逢わせのお弁当」「物語る私たち」「リヴァイアサン」「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」「わたしは生きていける」

2020/05/31

2020/08/09

70点

その他/WOWOWで録画したものをBDで鑑賞 
字幕


自由過ぎる生き方がちょっと羨ましい。

今まで見逃していました。今や監督として活躍しているグレタ・ガーウィグが脚本と主演をして(今では夫となった)ノア・バームバックが監督した2012年の作品で、ニューヨークでモダンバレエの研究生として頑張っていたけど、27歳になっても目が出ない女性は、それでもその日その日を明るく楽しく過ごしていたけど、ルームシェアしていた親友がボーイフレンドと引っ越すことになって、家賃が払えなくなって、男の友人の部屋に転がり込んだり、それまでの奔放な生き方が通用しなくなってくる、というお話しで、自由過ぎて周りにとってはた迷惑でしかないのに、本人は気付かない内に、どんどん生きにくくなっていって、そうなって始めて生き方を見つめ直す、というのが、逆に羨ましくもあり、ちょっと生き方を変えるだけで、なんとなく丸く収まる感じになるのも面白いですね。

2020/05/06

2020/05/08

-点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/テレビ 
字幕


★★★★

ネタバレ

大人の成長物語。タイトルにつながる最後のオチがよいです。成長して自立してもまだ完全じゃないというか、完全にはなれないんだよね人って。そういう視線がやさしくてよいね!

2020/04/06

2020/04/08

-点

選択しない 


フランシス!あなたは素敵!

デジタルの白黒映画の鮮明さがとても綺麗だった。
とてもクリアで、外灯なんかが潔い光を放ってて。
アナログの白黒にはない鮮明さが、まず印象的。

彼女の、恋愛できない理由を自己分析するシーンが好き。
テーブルを囲んでる周りの大人たちは、
フランシスを理解できてなさそうだったけど、
私はとても共感したし、素敵だなと思った。

恋愛に求めるものは特別な瞬間
誰かと同じ空間に居て
特別な存在だと自分も相手も分かってる

でも、そこはパーティー
お互い別の人と話してる
笑って楽しんで
ふと部屋の端と端で目が合う
嫉妬でも性的な引力のせいでもない
相手がこの人生での運命の人だから

不思議で切ない
人生は短いけど
そこに二人だけの秘密の世界があるの
他の人達からは見えない
私たちの周りにはそんな次元がある
ただ、気付いてないの

それが、恋愛に求めるもの
人生に、かな...
愛に、か...

そんなことにしがみついていたら、
いつまでも恋愛できないよーフランシス!
って、自分にも言い聞かせながら

2020/03/31

80点

選択しない 


フランシス〜充分才能あるやん〜☺️

彼女がNY住まいで本当に良かった…😚女の子の友情ものに弱い…😚

2014/10/09

2020/03/15

70点

映画館/大阪府/シネマート心斎橋 
字幕


とにかく走る!ひたすら走る!フランシスに立ち止まるという言葉はないのでは、と思えるくらいに走りまくる。その反面、精神的には大人になり切れず、行動とは裏腹にどこかで立ち止まったまま。が、そんなフランシスの要素は誰もが少なからず持っているもので、少し身につまされる思いがした。現に、昔は大人だと思った年齢に余裕で達したけれど、自分がどう変わったのかは分からない。むしろ、何も変わっていないようにも思える。それでも世間はどんどん変わっていって、ふと自分だけが取り残されたような錯覚に陥ったり…、とそんな感傷的な気持ちを抱かされた。最終的に、はみ出してばかりいたフランシスが枠に納めることを学ぶ。そこに至るまでの過程にはホロ苦さも感じるけれど、彼女の成長は何かを無くしたのではなく、彼女らしく応用しただけのこと。きっとフランシスは今日も全力で街を走っているはず。ハ!

2020/01/25

2020/01/25

64点

VOD 


この人はいつもこんな役。