ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

がーでぃあんずおぶぎゃらくしー|GUARDIANS OF THE GALAXY|GUARDIANS OF THE GALAXY

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

amazon
レビューの数

220

平均評点

79.1(1877人)

観たひと

2555

観たいひと

120

(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.
  • VODで観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル SF / アクション / コメディ / 冒険
製作国 アメリカ
製作年 2014
公開年月日 2014/9/13
上映時間 121分
製作会社 Marvel Enterprises, Marvel Studios, Moving Picture Company
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
レイティング 一般映画
カラー カラー
アスペクト比 不明
上映フォーマット D-Cinema(3D)
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声 不明

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

「アベンジャーズ」のマーベル・スタジオが送るSFヒーローアクション。刑務所で出会ったはみ出し者たちが、銀河の平和を守るためにチームを結成して戦う。出演は「ゼロ・ダーク・サーティ」のクリス・プラット、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のゾーイ・サルダナ、「アイアン・フィスト」のデイヴ・バウティスタ。2D/3D同時上映。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

9歳の時、何者かによって地球から宇宙に連れ去られたピーター・クイル(クリス・プラット)は20年後、惑星間を渡り歩くトレジャー・ハンターに成長していた。ある日、惑星モラグの廃墟で謎の球体“オーブ”を発見したピーターは、換金のためにザンダー星のブローカーを訪れるが、彼を待っていたのは、宇宙に暗躍する“闇の存在”が送り込んだ暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)だった。賞金稼ぎのアライグマ、ロケット(声:ブラッドリー・クーパー)と相棒の樹木型ヒューマノイド、グルード(声:ヴィン・ディーゼル)も加わって派手な戦いを繰り広げた彼らは、ザンダー星警察に逮捕されてしまう。投獄された4人が銀河一危険な刑務所で出会ったのは、凶暴な囚人ドラックス(デイヴ・バウティスタ)。妻子を殺した犯人の仲間であるガモーラの命を狙うドラックスを、ピーターは制止。実はガモーラは“闇の存在”を裏切り、その支配から逃れようとしていたのだ。オーブを売って金を手に入れたいピーターとロケットたち。復讐に燃えるドラックス。それぞれ目的の異なる5人だったが、ロケットを中心に協力して脱獄。希少なものの収集家で、オーブに大金を払う“コレクター”と呼ばれる男に会うため、宇宙の果ての惑星ノーウェアへ向かう。そこでピーターたちは、コレクターから驚くべき秘密を聞く。“オーブを手にした者は、無限の力を得る”。その頃、5人の動きを察知した“闇の存在”が大軍を送り込んできた。奮闘虚しく敗れ、“闇の存在”の手に落ちるオーブ。彼らは、その力で宇宙の秩序を司るザンダー星を滅ぼし、銀河を混乱と滅亡に陥れようとしていたのだ。この時に及んで、それまで逃げることで生き延びてきたピーターは、何故か戦う覚悟を決める。それはチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”誕生の瞬間だった。ヒーローとは縁遠い生活を送ってきた5人は、宇宙の存亡を賭けた戦いにどう挑むのか!?

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2014年10月上旬号

読む、映画:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

2014年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

2014年9月上旬号

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」:マーベル・ヒーローの“始まりの物語”

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」:映画を彩る70年代メドレー

2021/07/17

2021/07/17

-点

レンタル/北海道/TSUTAYA/サンホームビデオ 江別店/DVD 
字幕


顔色の悪い人達がたくさん出てくる

コレクターはデルトロさんなんだ、後から気づいた。
こういうのは家の小さいTVより映画館で見るべきだよね、今回は特にそう感じた。
良くも悪くもいつものマーベル。

2021/02/13

2021/02/15

80点

VOD/Disney THEATER 
吹替


「宇宙よ、これがヒーローか。」

妻と観るMCU10作目。
妻でも楽しく観れると思ったのだが…
今作も終盤に寝落ち。
盛り上がってるところで寝落ち。
妻は盛り下がってったんだろうけど。

2020/10/18

2020/12/09

70点

選択しない 


205

205

2020/12/08

2020/12/08

75点

テレビ/有料放送 
字幕


キャラの癖が強い(笑)

私は、スターウォーズ系が少し苦手なので本作も少し躊躇しましたが、観てみるとこれはいいじゃん😁

時々挟んでくるコメディ要素とスケール感のある映像、しっかりとしたストーリーで、寝落ちすることなく最後まで観れました( ´艸`)

大好きなマイケル・ルーカーが出てるのもいいし、カッコイイおじさん的でナイス!悪役だけど(笑)

続編も近々鑑賞します。☺

2014/09/13

2020/12/01

65点

映画館/群馬県/MOVIX伊勢崎 
字幕


アライグマをラスカルばかりと思うなかれ

カワイイ存在
愛らしい存在

そんなアライグマのイメージをきっとぶっ壊す作品(笑)
そこが焦点じゃないんだけどね。

宇宙人に拉致(!?)された少年が大人になり
宇宙盗賊のような稼業をやってる中で遭遇した大きな陰謀に立ち向かう作品。

縁もゆかりもないのに集って陰謀の阻止に立ち向かうなんて…
その理由はさまざまだけど
一度生まれた絆
その絆が最強の武器
その背中に感じる仲間の息吹
その手に感じる仲間の熱さ
何よりもそれがチカラになる。

さぁ勇気を持って困難に立ち向かおう!
片手にはSONYのウォークマン。

合言葉は『アイ アム グルート』

2020/10/26

2020/10/26

60点

レンタル 


爽快感

マーベルの同名コミックを原作とした宇宙ヒーロー映画。

「アベンジャーズ/エンド・ゲーム」を観た後なので、「あ、こういうことだったのね…」という感じ。サノスとかかなり早い段階で登場して、後々の展開までしっかり練られてたんだなぁと思う。主人公たちのチームは「アベンジャーズ」ではコミカル担当みたいなキャラクターに感じたけれど、本作を観ると意外とそこまでハジけていない。もう少し個性というか、他のヒーローにはない要素がほしかった気がするが…。

まぁ、ストレートで分かりやすい爽快感のある展開で楽しめた。"マーベル版スター・ウォーズ"という印象も受けるし、悪趣味キャラのベニチオ・デル・トロは「デューン」っぽい感じがして面白かった。