いつも2人で

いつもふたりで|Two for the Road|Two for the Road

いつも2人で

amazon
レビューの数

32

平均評点

65.0(165人)

観たひと

278

観たいひと

28

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ラブロマンス / コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1967/7/15
上映時間 112分
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

フレデリック・ラファエルの小説「愛情の限界」を彼自身が脚色、「シャレード」のスタンリー・ドーネンが製作・監督した。撮影は「シャレード」のクリストファー・チャリス、音楽は「アラベスク」のヘンリー・マンシーニが担当。出演は「おしゃれ泥棒」のオードリー・ヘップバーン、「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のアルバート・フィニー、「九月になれば」のウィリアム・ダニエルス、「皆殺しのシンフォニー」のクロード・ドーファンほか。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

建築家マーク(アルバート・フィニー)は、美しい妻ジョアンナ(オードリー・ヘップバーン)と自家用車をとばしていた。ふたりはフランスへの旅行を始めたのだ。マークは建築家としては名をなしたが、いわゆる良き夫、よき父ではないらしい。飛行機の中で彼はパスポートをなくしたといって騒ぎ出し、ジョアンナがすかさず、そのありかを教えてやる、といった情景がまま見られるのだ。ふたりは12年前、マークはまだ建築家志望の学生、ジョアンナは可愛い娘であった頃、ヒッチハイクをしていて知り合った。ふたりは一緒にフランス国内を歩くうち、恋におち、結ばれたのであった。その時永遠の愛を誓ったふたりではあったが、これ以後の状況を見たところふたりの愛は不変とまでは言えなかったようだ。ジョアンナが身重の時、マークは仕事で旅に出たが、その折、彼は行きずりの美しい女性とかりそめの関係を結んでしまった。やがて彼の浮気はジョアンナの知るところとなった。そんなわけで彼女はあるパーティーの席上、若い男によろめいたりしたが、結局プラトニック・ラブに終わった。さいわいふたりの結婚生活には何の破綻も起こらず、かえってこの事がヒビの入ったふたりの結婚生活をもと通りにさせるのに役立った。さてフランスに渡ったふたりは、イタリア国境へとさしかかった。するとまたもや、マークは旅券がなくなったと騒ぎ出した。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

1967年8月下旬号

外国映画批評:いつも2人で

1967年8月上旬号

旬報試写室:いつも2人で

2022/05/04

2022/05/04

70点

映画館 
字幕


やっぱりオードリーは夢の世界が良いけれど

オードリー・ヘップバーンも38歳。若い頃のような夢の世界にいられずに、シリアスなドラマに挑んだ、というところなのだろう。「パリの恋人」「シャレード」で3度めになるスタンリー・ドーネン監督としても、ここらへんでオードリーの別の魅力を引き出そうと考えたに違いない。

まあ、高校生の頃にテレビで観た時はこのドラマの味は良く判らない。仕方ないね。子供だもんね。他のオードリーの作品よりも娯楽性が少ないのは当然だし、高校生ではこの地味で真面目な話を面白がれる訳がない。

長年連れ添った夫婦の倦怠期、分かるよ~、なんて高校生の子供が言ったら、うそだろ~となるから。
そういう意味では齢60の今、午前10時の映画祭でこの作品を観るのは良いタイミングなんだろうなあ。まあ、もう少し前、50代、40代でも良いけど。

マリッジブルーというと結婚前の不安定な憂鬱な気分のことだけど、倦怠期をマリッジブルーと称するのがふさわしいような気がするけど。

高校生のガキが観ても面白くない地味な話が染みるようにじんわり来るのであった。自分自身は倦怠期が来る前に、相手と溝が出来て別れてしまったのであるが、この夫婦の気持ちがワカル。
どんなに仲が良くても長い事一緒にいれば、飽きも来るし、マンネリだってあるなあ。

時系列がバラバラというのは昨今の映画でもよくあるが、その先駆みたいな構成で、アレ、この場面はこの夫婦の現在?過去?と戸惑うところもある。だが、それはたいして疵になっていない。

ヘンリー・マンシーニの音楽が美しい。彼のメロディはほんのりと品の良さが伝わってきて、端麗な楽曲がますます美を感じさせてしまう。

この音楽のおかげでシリアスなドラマがメロドラマみたいな雰囲気になるのであった。

2022/05/04

2022/05/04

-点

映画館/愛知県/名古屋 ミッドランドスクエアシネマ 
字幕


倦怠期を迎えた夫婦が旅行をする…と思いきや、結婚前、妊娠中、子どもづれなど何回かの旅行の様子が挟まれていて、夫婦の来し方が分かるよう巧みに作られている。二人の洒落た会話も面白いが、この場面はどの状況かと考えながら見るのも面白い。夫婦の旅行という、自分にとっても身近なシチュエーションが描かれているので、身につまされて感じることが多々あった。

2022/05/03

2022/05/03

69点

映画館/長野県/松本シネマライツ 
字幕


変化球の恋愛映画

午前10時の映画祭で初見。時系列が入り乱れ、変わった編集方法を取り入れた当時のハリウッド映画としては変わった作り方をしていてユニークである。作風や題材は全く違うがどこか「テネット」に似ている。映画でしかできないことである。ただやはりどこか不完全な演出、編集で時間が長く感じられた。オードリーヘプバーンという俳優を知らなければ、観るものとしては少し物足りない映画であることは否めない。もちろん音楽は素晴らしく、気の利いた小道具の使い方、既婚者としては心に刺さる言葉、内容であるので、ちょっとした拾いものといった所なのかもしれない。

2022/05/01

2022/05/01

50点

映画館/神奈川県/TOHOシネマズららぽーと横浜 


いいこともある。悪いこともある。 いいものもある。悪いのもある。

結婚ってのは、トラブルでも楽しめるときもあれば、些細なことで大喧嘩になることもある。それって普通のことだということを確認できる映画。

まあ、彼らのは些細なことではないけどね。

オードリーの映画で観たことがなかったので観てみたのだが、うーん。

2022/05/01

2022/05/01

30点

映画館/広島県/広島バルト11 
字幕


【午前十時12】

で観た。オードリー•ヘップバーン38歳の作品。オードリーのアイドル映画と思われるが痩せギスで魅力無く。古臭い物語。

2022/04/29

2022/04/29

60点

映画館/東京都/TOHOシネマズ錦糸町 


う〜ん

オードリーの作品では、マイナーだと思います。
DVDは持ってるのですが、すっかり忘れてました。ロードムービーに夫婦の在り方をテーマに重ねるちょっと退屈な作品でした🥱
オードリーの水着シーンがちょっと得したかな😊