ブルージャスミン

ぶるーじゃすみん|BLUE JASMINE|BLUE JASMINE

ブルージャスミン

amazon
レビューの数

165

平均評点

75.2(1022人)

観たひと

1574

観たいひと

173

(C)2013 Gravier Productions, Inc.

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2013
公開年月日 2014/5/10
上映時間 98分
製作会社 Perdido Productions
配給 ロングライド(提供 KADOKAWA=ロングライド)
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 不明
メディアタイプ 不明
音声 ドルビー

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

「アニー・ホール」や「ミッドナイト・イン・パリ」などを送り出した名監督ウディ・アレンが、スタンダードナンバー『ブルームーン』に載せ、きらびやかな暮らしから一転どん底に堕ちる女性を描いた人間ドラマ。家庭も資産も失っても過去の幸せにしがみつき心身ともに壊れる元セレブリティを「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「エリザベス」のケイト・ブランシェットが演じ、第71回ゴールデングローブ賞ドラマ部門主演女優賞を獲得。ほか、「ローマでアモーレ」のアレック・ボールドウィンが元夫の実業家を、「ハッピー・ゴー・ラッキー」のサリー・ホーキンスが庶民的な妹を演じている。第86回アカデミー賞脚本賞、主演女優賞、助演女優賞ノミネート。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

ニューヨークのセレブリティ界でもてはやされていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)だが、実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活が破綻し、家庭も資産も失う。質素なアパートに住むシングルマザーの妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のもとに身を寄せることにし、妹がいるサンフランシスコへ向かうことにする。過去にしがみつき抗うつ薬とウォッカを手放せないジャスミンは、どうにか再び華やかな世界へ舞い戻ろうと画策するが、慣れない仕事に神経をすり減らす。精神的にバランスを崩し八方塞がりの中、エリート外交官のドワイト(ピーター・サースガード)と出会い、彼のことを自分に以前のような幸せを再び与えてくれる存在であるかのように見るジャスミン。そのためさらにプライドと現実逃避から彼女は嘘を重ねていく……。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2014年6月上旬号

読む、映画:「ブルージャスミン」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ブルージャスミン」

2014年5月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ブルージャスミン」

「ブルージャスミン」とウディ・アレンが 愛した/描いた 女たち:インタビュー ウディ・アレン(「ブルージャスミン」監督)

「ブルージャスミン」とウディ・アレンが 愛した/描いた 女たち:インタビュー ケイト・ブランシェット(「ブルージャスミン」主演)

「ブルージャスミン」とウディ・アレンが 愛した/描いた 女たち:考察 アレンが描いた女たち

「ブルージャスミン」とウディ・アレンが 愛した/描いた 女たち:コラム それでも恋するウディ・アレン

読む、映画:「ブルージャスミン」

読む、映画:「ブルージャスミン」

2014年5月上旬号

読む、映画:「ブルージャスミン」

2021/07/25

2021/07/25

-点

レンタル/北海道/TSUTAYA/サンホームビデオ 江別店/DVD 
字幕


ウッディアレンにしちゃ説教くさいかも

ジャスミンが上手いねえ、ブランシェットを見る映画。
妹や妹の彼氏がいい人過ぎて、ジャスミンのクズぶりが際立つ、これぞウッディアレン。
悲惨な話なのに音楽のセンスやらで、味わい深いコメディに昇華している。

2021/07/21

2021/07/21

97点

その他/北大北図書館 


面白かった。
ダニーが人間的にしっかりしていて、このような人間になりたいと思った。

2021/03/07

2021/03/07

76点

その他/録画スターチャンネル 
字幕


ウディ・アレンの辛辣さ

ネタバレ

 ジャスミン(ケイト・ブランシェット)が転落して這い上がろうとするが、さらに沈んでいく姿を、コメディタッチなんだけれど、ウディ・アレンだから、本当に辛辣だった。

 ジャスミンを見ていると彼にいつ嘘がバレルかとハラハラし、その顛末には笑うしかない位救いようがなく、唖然とする感じもあった。

 彼女は、ADD(注意欠陥障害)というが、パニック障害もあるのでは。ハル(アレックボールドウイン)と夫婦になるのも、そのなれの果ても、似た者同士が引き合ったのかもしれない。

 彼女は里子だったということで、彼女がこうなって行くのも過酷な過去から来ているのだろうと思った。

 ケイト・ブランシェットが本当に上手く、変幻自在な感じで、セレブを装うジャスミンをよくよくやっていたが,観終わって、凄かったと思えるものの、観ている時は本当にハラハラし、切なくもあった。

 ウディ・アレンはこの頃、過去の幼児虐待のドロドロのスキャンダルを別れたミア・ファローの子供に暴露されて再燃し、大変だったらしいが、そういうことがジャスミンの境遇と重なっているかもとのことだ、彼も大変だったんだろう。

2021/03/06

2021/03/06

70点

VOD/GyaO!/レンタル/テレビ 
字幕


ケイト・ブランシェットはオスカーも納得の名演。とにかくシスコの妹宅に転がり込んできたあとの馴染めなさとか違和感を表現する様は見事。過去と現在を行き来する構成にも惹きつけられたけど、あまりの救いのなさにゲンナリしてしまう事も事実。ヒロインのその後が気になって仕方ない。

2020/09/22

2020/09/22

70点

レンタル/和歌山県/ゲオ/ゲオ和歌山大浦店/DVD 


自分で墓穴掘り。

ネタバレ

結局自分で墓穴掘ってスッカラカンになってる。
旦那の浮気が腹たったてだけでFBIにタレ込んで旦那が捕まって慰謝料も貰えず息子にも愛想つかれて。
どんなに主人公バカなん。
妹をバカにする前に自分のバカさかげんも反省せんと。
で、一番かわいそうなんは大金を預けた妹の元旦那やん。
皆んなたくましいけどね!

2020/08/29

2020/08/29

83点

選択しない 
字幕


ケイト・ブランシェット

彼女の尋常でない演技とウディ・アレンの洒脱さを楽しむ映画、