42 世界を変えた男

ふぉーてぃーとぅーせかいをかえたおとこ|42|42

42 世界を変えた男

amazon
レビューの数

100

平均評点

76.5(620人)

観たひと

877

観たいひと

58

(C)2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ / 伝記
製作国 アメリカ
製作年 2013
公開年月日 2013/11/1
上映時間 128分
製作会社 Warner Bros. Pictures=Legendary Pictures
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

史上初の有色人種メジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンの伝記映画。タイトルにある「42」は、現在ではアメリカ野球界全体で永久欠番となっている彼の背番号にちなんでいる。監督・脚本は、脚色を担当した「L.A.コンフィデンシャル」で第70回アカデミー賞脚色賞を受賞、監督としても「悪霊喰」「ペイバック」などを手がけたブライアン・ヘルゲランド。差別に負けず活躍した名選手を「エクスプレス 負けざる者たち」(未)のチャドウィック・ボーズマンが、悪しき慣例を破り彼と契約したブルックリン・ドジャースのゼネラル・マネージャーを「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のハリソン・フォードが演じている。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

1947年、アフリカ系アメリカ人のジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)はメジャーリーグの球団のひとつ、ブルックリン・ドジャースと契約する。当時アメリカでは、トイレやレストラン、交通機関などあらゆる公共のものの使用が白人と有色人種とで分けられ人種差別が横行していた。野球界も例外ではなく、有色人種の採用はジャッキーが初めてだった。ジャッキーと同球団のゼネラル・マネージャーを務めるブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、敵球団や一般大衆、マスコミはもとより、チームメイトからすら非難を浴びる。しかしどんなに理不尽な差別にあっても自制心を働かせ、己の力を発揮することに集中するジャッキー。そんな彼の姿にチームメイトやファンは心を動かされ、ジャッキーはやがて野球界を、そして世界を変えていく。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2013年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「42~世界を変えた男~」

2013年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「42~世界を変えた男~」

2013年9月下旬号

【巻頭特集】2013年秋冬目玉作、総ざらい お楽しみはこれからだ!!:ア・バラエティ・オブ・ハリウッド 「42~世界を変えた男~」「悪の法則」「キャプテン・フィリップス」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「ハンガー・ゲーム2」「47RONIN」

2019/10/23

2019/10/29

85点

選択しない 
字幕


野球について疎いので、ただの白人美化の物語かと思ってた。笑

ネタバレ

差別に苦しむアフリカンアメリカン、彼らに差別を加えるホワイトアメリカン、また彼らを差別から救うために手を差し伸べるホワイトアメリカンを描くことで、
一見『人種差別ダメ、人種差別主義者は悪だ』と伝えようとしているように見えて
差別に苦しむ"可哀想な"アフリカンアメリカンを時代を跨いで描き続け、そんな彼らを"ホワイトアメリカンが"助ける。という人種差別を温存する構造を持つ、白人による美談だと思って初めは観ていた。(実話の映画化なので、どのみち変えようのない事実なのは言うまでもないが。)
だが違った。たしかにジャッキーにチャンスを与えたのはリッキーである。だがしかし、ジャッキーはリッキーに出会う以前より差別に対する不信感を抱き、それを自らの意見として発することのできる強き人物だったのに加えて、 彼は"彼自身"の力で成功していく。決して『白人のおかげで成功できた』という風に描かれてはいないのである。確実にジャッキー自身の努力、才能とそれらを適切に発揮するための忍耐力が彼を成功に導いていった。

この映画のテーマは"自制心(自分に飲み込まれないこと)"だろうか(野球の試合よりもジャッキーという人物のドラマに焦点が当てられるため、試合のシーンは予告や紹介文を読んだ時に思っていたほど詳細には描かれない)。物語全体を通してジャッキーは向けられる差別の声に対して、怒りに飲み込まれそうになりながら自制心を保とうとする。もちろん序盤は怒りに任せて行動に移してしまうこともあり、何度か我を失いそうになるのだが、物語が進みなんどもそうした場面を経験するにつれて彼は自分の怒りをコントロールするようになり、怒りに任せて行動することの恐ろしさ・愚かさを知っていく。

激しい怒りを覚えた時、一時の感情に任せて暴力に訴えれば事態がさらに悪化する可能性がある。それは冷静になって考えれば誰にだって想像の付くことだが、どうしてもカッとなってしまった時多くの人が"我を忘れてしまう"ものだ。だがそんな時こそ、自分を問いただし、飼いならすべきなのである。自分が何者で、なぜ、誰(何)のためそこにいて、なにを成さねばならないのか。それを見失うことの恐ろしさと、見失わないことの重要性を、何度も怒りと自制心の間を葛藤するジャッキーと共に、私達観客が物語を追うことで気付いていく。

本作においては、"怒り"に対する自制心が描かれたが、私は自制心が私達に"恐怖"に立ち向かう勇気を与えてくれると考えている。
私は編入受験生時代、2年間日々努力を重ねたが、辛くて何度も挫けそうになったし、本番を迎えた時も恐怖の余り逃げ出したくなった。だがそういう時、自分がなぜそこに居て、何のために戦わねばならないのかを絶えず問いただすことで、自分を見失わずに進んで来ることができた。受験真っ只中の学生達には、ぜひ自分を見失わずに前へと進んでほしい。進んだ道が正しかったのかどうかなど、進んでみなければわからないから、そんなこと気にしないで、自分を見失わず勇気を持って踏み出してほしい。

2019/03/26

2019/03/31

70点

テレビ/有料放送/ザ・シネマ 
字幕


実力はいつか発揮される

アメリカ酷い国だがまた素晴らしくもある。

2019/02/12

2019/02/12

70点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


ハリソン・フォード覚醒。

今やチャドウィック”ブラックパンサー”ボーズマンのほうがフィーチャーされそうなものだが、どうしていやはや御大の芝居がしびれる。「ドリーム」「大統領の執事の涙」とほぼ続けて観たものだから、差別描写はそれほど驚かず、むしろソフトな印象ですらあった。

2013/11/16

2018/10/19

88点

映画館/群馬県/イオンシネマ太田 
字幕


その険しい道をただ真っ直ぐに

想像をどれだけしたら追いつける?

罵倒、脅迫、雑言、圧力、慣習、差別、偏見、冷笑………

そして、創造をどれだけしたら追いつける?

平等、信頼、称賛、憧憬、友情、愛情、幸福………


どんなに険しい道だっただろう。
何度、暴発仕掛けた事だろう。
何度、涙を流した事だろう。

スクリーンに描かれた事以上の出来事があっただろうと思うし
それ以上に幸せを感じる事もあったでしょう。

『42』

その背番号が、その番号を背負った男が駆け抜けた道。
きっと彼は『たいした事じゃなかったよ』と言うのでしょうね。

暴力では何も解決しない。
野球選手であるのなら、そのプレーで仕返しすればよい。
打って、走って、守って、投げて。
怒りも、葛藤も、痛みも全て白球に込めて。

1人の男が懸命に戦った姿にただただ感動。
4月15日に大リーグでは『42』を背負ってプレーする由来を教えてくれる作品。


でも…


いつまでも『42』を讃えなければならないほど
全米の社会に根付いた偏見の目は消え去ることがないのかと思い至ります。

本当の『自由』とは?
本当の『平等』とは?

一つ考えてみるきっかけに出来る作品でもあるように思います。

2018/07/03

2018/07/03

77点

VOD/Hulu/購入/テレビ 
字幕


ホーム・スイート・ホーム

野球を好きな人には観ておいて欲しい作品です。
ジャッキー・ロビンソンの強さと、奥さんの強さに、さらに野球を好きにさせてもらいました。
終わり方が秀逸でした。

2018/07/02

2018/07/02

100点

選択しない 
字幕


ほぼ全編涙の名作野球映画

黒人初のメジャーリーガージャッキーロビンソンを描いている。
ジャッキー役のチャドウィックボーズマンと、オーナー役のハリソンフォードの心意気が素晴らしい。
どんな迫害があっても、負けずにプレーに専念するジャッキーと、それを支えるオーナー。
周りの人たちも、影響を受けて少しずつ変わっていく。その過程が感動的。
黒人の少年が、スタジアムに入る時のワクワクする表情と、ジャッキーの活躍を神様に祈る姿。暴言を吐く相手監督に立ち向かうチームメイト。大人たちのヤジに戸惑い傷つく少年。ブーイングの中ジャッキーと肩を組む選手。ジャッキーの真似をする白人の子供を見たと元気付けるオーナー。地元チームの優勝に沸き立つブルックリンの住民たち。
野球好きの琴線に触れずに置かない名シーンの数々に、ほぼ全編涙、涙でした。