2001年宇宙の旅

にせんいちねんうちゅうのたび|2001: A Space Odyssey|2001: A Space Odyssey

2001年宇宙の旅

amazon
レビューの数

144

平均評点

80.5(1050人)

観たひと

1721

観たいひと

163

  • VODで観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968/4/11
上映時間 149分
製作会社 スタンリー・キューブリック・プロ
配給 MGM
レイティング 一般映画
カラー カラー
アスペクト比 シネラマ(1:2.59)
上映フォーマット シネラマ
メディアタイプ フィルム
音声 6chステレオ

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

科学小説作家アーサー・C・クラークと「博士の異常な愛情」のスタンリー・キューブリックが製作・監督したSF。撮影は「オセロ」のジョフリー・アンスワース、補助撮影はジョン・オルコットが担当した。なお、特殊撮影効果のすべてはキューブリックの考案、監督のもとに行われた。セットの製作デザインはトニー・マスターズ、ハリー・ラング、アーネスト・アーチャーの3人を中心にデザイナーと製図工35人が動員された。特殊効果監督には、ウォリー・ビーヴァーズ、ダブラス・トランブル、コン・ペダーソン、トム・ハワード、の3人があたり衣裳は、ハーディ・エイミーズが担当した。そして、この映画を科学技術的に正確にするため、キューブリック監督はアメリカ航空宇宙局の多くの科学者、アメリカおよびイギリスの主要な科学研究所や大学と密接な提携をし、撮影中は、3人の一流科学者が技術顧問としてつき添った。それはもと陸軍弾道ミサイル部のフレドリック・J・オーダウェイとハリー・H・C・レンジ、元航空宇宙局の宇宙飛行センター勤務で、今はアラバマ州ハンツビルのジェネラル宇宙飛行研究会社のジョー・C・ジマーシャルである。出演は「女狐」のキア・デュリア、TVや「ヤング・ヤング・パレード」のゲイリー・ロックウッド、「BM15必死の潜行」のウィリアム・シルヴェスター、「キッスは殺しのサイン」のレナード・ロシター、「BM15必死の潜行」のマーガレット・タイザック、コンピューターに扮するダグラス・レインである。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

旅客用宇宙飛行機オリオン号がケープケネディ空港から月に向かって飛び立った。旅客の中にはフロイド博士(ウィリアム・シルベスター)がいる。彼は最近月面で発見された謎の物体について専門技術家、学者たちが月の基地で開く会議に出席するのである。約1時間後、第5宇宙ステーションに到着した。やがてフロイド博士は月宇宙船エアリーズ号に乗りかえ、2日後に月世界に到着。月の基地では謎の物体をめぐる議論に花がさき、博士は物体をこの目で確かめるため、数人の科学者とともに、月の1キロほど上空を飛ぶ月バスに乗り、問題の場所、テイショ火口に行った。現地では石碑のような物体が発掘され、木星に向かって強烈な放射能を発射していた。この事件は、地球人が、ほかの惑星の何者かから挑戦を受けた、最初の出来事である。この事件を調査するため、科学者たちは、原子力宇宙船ディスカバリー号で木星へ向かって旅立った。宇宙船を操縦していたプール飛行士(ゲイリー・ロックウッド)とボウマン隊長(キア・デュリア)は、コンピューターからのただならぬ注意信号を受信した。2時間半後に原子力宇宙船に故障が起こる、というのだ。プール飛行士は宇宙カーに乗りこみ、アンテナを取り替えた。ところが、コンピューターはまたもや次の故障が起こると予言してきた。プール飛行士は再び宇宙カーに乗りアンテナ取り替え作業を始めたが、こんどは彼自身に事故が起こり、宇宙服の命綱が切れて暗黒の宇宙空間に放り出された。ボウマンは、もう1隻の宇宙カーに乗り、プール飛行士を助けに行ったが、宇宙カーが自由に動かない。やっと接近したものの、マジック・ハンドの装置がいうことをきかず、プール飛行士を助けることはできなかった。急いで母船に帰ろうとしたボウマンが格納庫に近づくと、急にドアが閉まり、中に入れないばかりか、宇宙船の内部では人工冬眠のカプセルにも故障が起こり、冬眠中の科学者が次々と死んでいった。一体、このような事故は何故起きたのだろう? すべての原因はコンピューターが人間を支配しはじめたのである。ボウマンはコンピューターを壊した。そして再び人間が指導権をとった。果てしなく広がる宇宙空間。人間が完全に支配する日も、そんなに遠くはないだろう……。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2010年8月下旬号

午前十時の映画祭:「2001年宇宙の旅」「ミクロの決死圏」

2001年8月下旬号

作品特集 「PLANET OF THE APES/猿の惑星」第2弾:「猿の惑星」「2001年宇宙の旅」「A.I.」が予見するもの

2001年4月下旬号

特別企画 映画館主義 絶対映画館で観る!:「2001年宇宙の旅」

1968年6月上旬号

外国映画批評:2001年宇宙の旅

1968年5月下旬号

鼎談 「2001年宇宙の旅」の謎を解く:問題のシネラマ大作の本当のテーマは果して何か?数々の不思議なシーンの意味をSF作家が解明する 星新一×福島正実×小松左京

外国映画紹介:2001年宇宙の旅

1968年4月下旬号

新作グラビア:2001年宇宙の旅

2018/06/09

2018/06/09

95点

選択しない 


文明開化

なんだかよくわからない話。
続けて2回見たがサッパリだった。

だが至る所で高度な撮影技術がうかがえる。
SF映画の定番となった素晴らしい映画であることは間違いないので、見て良かったと思える作品。

モノリスと出会えば何か分かるのだろうか…

2018/05/16

2018/05/17

62点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


どう評価して良いかわからない

 これが噂に聞く「宇宙的恐怖」か!
 人類が当然のように宇宙を旅する近未来、月の地下に埋め込まれた人口物(?)が発見される。のちにある任務を帯びた宇宙飛行士らは、木星へ向かう途上でトラブルに直面する。
 難解な作品である。冒頭から「なにこれ」の感想で始まり、中盤はやけに低性能な船外作業用ポッドや宇宙服にやきもきし、終盤で再び「なにこれ」の言葉が浮かぶ。古典的名作として語り継がれている、という期待と先入観があっただけに、困ってしまった。
 これは面白いのか?
 正直いって、特に中盤は眠かった。ひとつひとつの動作が宇宙的に遅く、宇宙的静寂と宇宙的停滞が終始画面を支配する。うっかり舟を漕ぎ、はっとする。画面が暗い。何事か? アマゾンプライムビデオのシークバーを戻して目にしたのは、「休憩」の字幕。古い映画の休憩の存在は知っていたが、これは何だか自虐ジョークみたいだ。面白いじゃあないか……。
 一生に一度は見るべきである。
 そう断言させる何かは、確実にある。制作が半世紀前だというから、作ろうと決意し、完遂した監督やスタッフは、控えめにいって「イカれている」。もちろん褒め言葉だ。音楽の遣い方も素晴らしい。静寂や息遣いもBGMの一部なのだ、という意志を感じる。
 たぶんこれは、「面白いかどうか」という文脈は忘れるべき映画だ。解釈について諸氏の解説やレビューを読んで「フーンそうか」と感心したが、こうも思った。「きみは考えてもいいし、いっそ理解を放棄してもいい」。そう割り切ってしまえば、たとえば意味のわからない詩の味わいを噛みしめるように、研ぎ澄まされた映像そのものを真に純粋に見ることができる……かもしれない。
 それにしても、素人なりに知恵をしぼって考えた採点基準がまるで役に立たないではないか! 宇宙の何と広く、わが知見の狭いことよ! そう思い知らされたというだけでも、価値ある映画体験だったといえよう。

2015/07/09

2018/05/09

90点

購入/DVD 
字幕


この作品以前の宇宙映画は、ゴミだ。

スタンリー・キューブリック監督による、SF 最高傑作。
物語は、300万年の地球から始まり、謎のモノリス(黒石板)が立っている。
2001年、月面で、モノリスが発見される。そして、モノリスの正体を求めて、宇宙船が旅立つ・・・・物語。
宇宙船を制御するのは、コンピューター「ハル9000」だ、しかし意思をもった「ハル9000」は、自己防衛本能により、人間にキバをむく・・・。
リアル宇宙船や、船内居住空間も、完璧に描ききっている。
(宇宙の専門家の考えを取入れ、4年をかけて製作された)

2018/01/04

2018/04/30

85点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


老化予防に見る映画

人類の進化を、その始まり、1999年、2001年に各々フォーカスして描いたSF物語。
本作の主題は題名にもある2001年と思われるが、それは一面でしかない。
名匠スタンリー・キューブリック監督の名作と言われるものだが、セリフや説明的描写がほとんどなく、観客が見て、考えるしかない映画である。

宇宙の旅というから宇宙船の物語というのは短絡的である。1999年の月のシークエンスと、2001年のディスカバリー号のシークエンスが主体なので、そう見えるが、わざわざ人類の夜明けを冒頭に据えたのが、キューブリックの見解の出発点であり、彼は人類の進歩(過去と未来)を語っている。

そうは言っても、映画的サスペンスを醸成するのはディスカバリー号での人工知能と対峙する人間の描写であり、それがなければ、まったく退屈な作品となっただろう。

映像の見せ方はたいしたもので、ラストの白い部屋での時間の推移の表現とか、胎児と地球の構図とか、ワクワク、どきどきする。だが、それが映画的興奮として高まらず、素直に楽しめないのがとても残念。
キューブリックならば、もっと楽しめるものにできたはずだが、分かり易さを忌避している。これは、キューブリックの嗜好で、外野がどうこう言っても仕方のないところ。
もっとも、難解が大好きな観客もいるから、そんな人々にとっては楽しめる2時間半だろう。

私は、頭を捻って映画を見る趣味は無いので、本作は劇場では見ていない。たまにテレビ放映で眺めてみて、理解力、想像力、洞察力を試すことにしている。
脳の老化を予防するためには、うってつけの映画かもしれない。ので、また、何度か見ることがあるだろう。

2018/04/28

2018/04/29

90点

購入/ブルーレイ 
字幕


MGM映画だが、ライオンが吠えずに始まる。最初から最後まで意表尽くめで驚かされる。それまでSF映画と言うと子供向けもしくは子供だましに印象が強かったので大人の鑑賞に堪えるものを作りたかったと言うキューブリック。荘厳な原始の地球の風景から始まる壮大な映画。人類の祖先たちが突然現れた石版(モノリス)に触れ動物の骨を道具に使い武器として闘う。相手を倒し大空に投げは夏その骨が21世紀の宇宙船に変わる、映画ならではの手法が光る。自然界には決して存在しないと言う直線、人工物の象徴がモノリスか?硯のような漆黒の板は光を反射しない。宇宙の時代に月面でモノリスが発掘される。400面年前に何物かによって埋められた謎の物体の正体を突き止めるため木星探査が始まるが・・・。後半の展開から哲学的で難解とも言われているがこれもこの映画の魅力。木星探査の宇宙船に搭載されているコンピュータがHAL(ハル)。IBMよりひとつ上と言うのが語源らしいがこうしたお遊びも面白い。「ブレードランナー」でレプリカントの検査のためにタイレル社を訪れたデッカード捜査官にレプリカントのレイチェルが言う台詞{「個人的な質問をしてもいい?」はなんとこの映画でコンピュータのハルが船長に投げかけていた。高度に進化しているコンピュータが自分に与えられた任務に疑問を抱いたときの台詞・・・。「ブレードランナー」の映像作りにも影響を与えている感じもする。見るほどに奥の深い映画。

2018/04/22

2018/04/22

95点

その他/録画BSプレミアム 
字幕


これを超える映像は未だにない

ネタバレ

  何と言っても、この圧倒的な映像が美しい。そして、「美しく青きドナウ」を始めとする音楽との融合が本当に素晴らしい。息を呑む程だ。

 後半にやっぱりウトウトしてしまったが、前半の類人猿と地球外生物の仕掛けたモノリスの出会いから、ラストのスターチャイルド(新人類)誕生まで、映像の緊張感が持続する。

 町山さんの解説を聞くと、ハルの狂った理由も、出現しない宇宙人の経緯も納得できるが、それよりもなおこの映画の魅力は圧倒的な映像だろう。そして、人類の進化を考えさせられるという哲学的なテーマも浮かび上がる。50年近く経った今でも「2001年宇宙の旅」を超える映像は無い。

 また、映画館で観たいものだ。