2001年宇宙の旅

にせんいちねんうちゅうのたび|2001: A Space Odyssey|2001: A Space Odyssey

2001年宇宙の旅

amazon
レビューの数

260

平均評点

81.8(1538人)

観たひと

2290

観たいひと

189

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968/4/11
上映時間 149分
製作会社 スタンリー・キューブリック・プロ
配給 MGM
レイティング 一般映画
カラー カラー
アスペクト比 シネラマ(1:2.59)
上映フォーマット シネラマ
メディアタイプ フィルム
音声 6chステレオ

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

科学小説作家アーサー・C・クラークと「博士の異常な愛情」のスタンリー・キューブリックが製作・監督したSF。撮影は「オセロ」のジョフリー・アンスワース、補助撮影はジョン・オルコットが担当した。なお、特殊撮影効果のすべてはキューブリックの考案、監督のもとに行われた。セットの製作デザインはトニー・マスターズ、ハリー・ラング、アーネスト・アーチャーの3人を中心にデザイナーと製図工35人が動員された。特殊効果監督には、ウォリー・ビーヴァーズ、ダグラス・トランブル、コン・ペダーソン、トム・ハワード、の3人があたり衣裳は、ハーディ・エイミーズが担当した。そして、この映画を科学技術的に正確にするため、キューブリック監督はアメリカ航空宇宙局の多くの科学者、アメリカおよびイギリスの主要な科学研究所や大学と密接な提携をし、撮影中は、3人の一流科学者が技術顧問としてつき添った。それはもと陸軍弾道ミサイル部のフレドリック・J・オーダウェイとハリー・H・C・レンジ、元航空宇宙局の宇宙飛行センター勤務で、今はアラバマ州ハンツビルのジェネラル宇宙飛行研究会社のジョー・C・ジマーシャルである。出演は「女狐」のキア・デュリア、TVや「ヤング・ヤング・パレード」のゲイリー・ロックウッド、「BM15必死の潜行」のウィリアム・シルヴェスター、「キッスは殺しのサイン」のレナード・ロシター、「BM15必死の潜行」のマーガレット・タイザック、コンピューターに扮するダグラス・レインである。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

有史以前。類人猿の群れが、荒野に点在するわずかな植物を食料に、他の群れと水を奪い合い、外敵に怯えながら細々と生き延びていた。そんな彼らの前にある日、謎の黒い石板状の巨大な物体が姿を現す。それに触れた彼らは、辺りに散らばっていた動物の骨を道具として使うことを覚える。その骨を使って狩りをするようになった彼らは、肉を食料にし始め、骨を武器として他の群れとの争いにも勝利する。時は移り……。地球を飛び立ったアメリカの宇宙船が、宇宙ステーション目指して飛行を続けていた。ステーションに到着した宇宙船から降り立ったのは、フロイド博士(ウィリアム・シルベスター)。そこでソ連の科学者と会った博士は、月面のクラヴィウス基地と2週間ほど連絡が取れなくなっているとの話を聞く。ソ連の宇宙船が緊急着陸を拒否されたことから、基地では伝染病が蔓延しているのではないかとの噂も流れていた。だが実は、博士は極秘任務のためにクラヴィウス基地へ向かっていたのだ。伝染病蔓延説は、秘密保持のため、基地側が意図的に流したデマだった。博士の訪問は、その秘密の公表に関する判断材料を得ることが目的だった。ステーションで宇宙船を乗り換え、基地に到着した博士は、月面のとある場所を訪れる。そこでは、あの黒い石板状の巨大な物体が発見されていた。しかも、それは400万年前、何者かによって意図的に埋められたものだという。宇宙服を着たまま、石板に触れる博士。さらに一行がその前で写真を撮ろうとすると、甲高い金属音が全員を襲う……。それからしばらく経ち、木星探査計画開始から18か月後。5名のクルーを乗せた有人宇宙船ディスカバリー号が木星へと向かっていた。船内では、ボウマン指揮官(キア・デュリア)と副官のプール(ゲイリー・ロックウッド)を除く3名が木星到着まで冬眠状態。代わりに船内の全機能を管理するのは、最新型コンピューター“HAL9000”、通称“ハル”だった。ボウマンの指揮下、人間以上の正確さで膨大な任務を遂行し、会話も可能なハルは、6人目のクルーとも言える存在だった。やがて、地球との交信に必要なパーツの不調を検知するハル。だが、ボウマンが確認したところ、異常は見当たらなかった。その原因を問い質すと、ハルは“自分の機能は完璧。人間のミス”と回答。その様子に、ハルの異常を疑ったボウマンとプールは、ハルの中枢機能の停止を決断する。ところが、それを察知したハルは、船外活動中のプールと冬眠中の3名を殺害。プールを助けようと船外に出たボウマンも危機に陥ったものの、辛うじて生還するとハルの思考機能を停止させる。その時、木星到着後に公開予定だった動画が再生され、極秘だった探査の目的が明らかになる。月面で発掘された例の石板が地球外の知的生命体の存在を示していたこと、そしてそれが木星に向けて強力な電波を発信していたこと……。やがて、木星に到着するディスカバリー号。そこでボウマンが目にしたものとは……?

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2019年3月下旬映画業界決算特別号

2018年映画業界総決算:第3章 映画界事件簿 時代を超えた「2001年宇宙の旅」

2010年8月下旬号

午前十時の映画祭:「2001年宇宙の旅」「ミクロの決死圏」

2001年8月下旬号

作品特集 「PLANET OF THE APES/猿の惑星」第2弾:「猿の惑星」「2001年宇宙の旅」「A.I.」が予見するもの

2001年4月下旬号

特別企画 映画館主義 絶対映画館で観る!:「2001年宇宙の旅」

1968年6月上旬号

外国映画批評:2001年宇宙の旅

1968年5月下旬号

鼎談 「2001年宇宙の旅」の謎を解く:問題のシネラマ大作の本当のテーマは果して何か?数々の不思議なシーンの意味をSF作家が解明する 星新一×福島正実×小松左京

外国映画紹介:2001年宇宙の旅

1968年4月下旬号

新作グラビア:2001年宇宙の旅

2021/07/23

2021/07/23

100点

映画館/島根県/T・ジョイ出雲 
字幕


3年振りに鑑賞する・スクリーンサイズが問題

2021年7月23日に鑑賞。「午前十時の映画祭11」にて。今回も特別料金で一般1500円、シニア1200円。Stanley Kubrick Production=MGM映画=東宝東和配給。一部、ロシア語。149分。映倫番号:S-5555。

今回のヴァージョンは、2013年の「新・午前十時の映画祭(第4回)」で上映されたヴァージョンと同じである。

スクリーンのサイズが『ビスタサイズフォーマットで上下に黒身が入って』いる状態です。ビスタサイズの中に横長のワイド画面があり、上下に黒身(何も映らない部分)がある。マスキング出来ない状態である。非常に小さいスクリーンサイズでの上映です。せめて一番キャパシティの大きい劇場で上映してくれたら良いのだが、「午前十時の映画祭」定番の一番キャパシティが少ない劇場である。予め予想していたので、通常鑑賞する座席よりも前へ。最前列から2列目で鑑賞する。

2013年にはファンの間で問題となり、映画祭事務局の弁によれば、このサイズでの上映しかできないということであった。今後の「午前十時の映画祭」では、すべてこのヴァージョンでの上映となるでしょう。2018年にIMAXで鑑賞したのが最後の至福になるでしょう。

・猿の場面に登場するモノリスは、猿の身長の3.4倍くらいである。高さ3.5m~4mくらいか。
・町山智浩「映画の見方がわかる本」、巽孝之「2001年宇宙の旅講義」では、モノリスが掘り出され太陽光が当たると木星へ発信されると書いているが間違い。初期の段階ではそうなっていたのだろうか。モノリスに猿や人間のような体温がある動物が触れた時に信号が発信されるのだ。モノリスがあるのは月の裏側である。月の裏側の気温はマイナス170℃くらいでは。この低温という雰囲気は表現されていない。
・最初の「美しき青きドナウ」が流れる宇宙空間に浮かぶ2つの宇宙船(8角形のシャトルと8枚羽根のシャトル)は、「核衛星」である。
・宇宙ステーションへ向かうパンナム機は、中央に通路1本で座席は片側に2席X2席X10~12列である。
・フロイド博士のペンをポケットに差したスチュワーデスは、博士の席のモニター画面を消した。
・このパンナム機の操縦席のパネルの上に「IBM」の文字がある。
・宇宙ステーションのメインフロアの「DOCUMENTATION 声紋識別装置」
・「HILTON Space-Station 5」ホテルのフロント。
・「Picture Phone」→料金1ドル70セント。
・ソ連「チャリンカ基地」、米国「クラビウス基地」
・月への宇宙船[Aries-Ib]。宇宙食を配るスチュワーデス。眠っている男はパンナムのマークがついた制服を着ている(フロイド博士ではない)。もう1人の座っているスチュワーデスの前のTVでは柔道の試合が映っている。
・「Zero Gravity Toilet」
・月への宇宙船(フロイド博士と2人)が基地に着陸する手前に宇宙服の3人がいる。この6人がモノリスに近づいたのだ。
・「400万年前に意図的に埋められたものだ。月面の12m下に」
・宇宙食を食べるボーマンは右利き、フランクは左手で食べている。が、その後2人が書類に記入する場面では2人とも右手で書いている。
・冬眠中の3博士。「体温3度、心拍3分に1回、呼吸1分に1回」

・前回(2018年)に下記のように書きましたが間違いがありました。
『「宇宙服の色」船外に出たフランク・プール副長が1回目に着用していたのは「赤色」、デヴィッド・ボウマン船長は「黄色(ヘルメットなし)」、2回目はプールが「黄色」ボウマンは「赤色(ヘルメットなし)」である。本来は、乗員の身長に合わせて各人の宇宙服は決まっているのでは。プールが2回目も赤色を着ていると1回目のフィルムを使ったように思われるから変えたのでは?ポッドの横にはもう1着「青色」の宇宙服があるが、乗員は5人だからあと2着あるはず。非常用ハッチから船内に入った後のボウマンは赤色服に「緑色」のヘルメットをしている。ではもう1つの色は「白色」か?』→1回目に船外に出たのはボーマン船長である。宇宙服は「赤色」。操縦席にいるフランク・プール副長は「黄色(ヘルメットと手袋なし)」である。2回目はプールが「黄色」で船外へ。ボウマンは「赤色(ヘルメットと手袋なし)」である。
・ボーマンとフランクがポッドの中に入る場面の「ポッドを回してくれ」という所は、ハルの視線で見た映像が2カットある。
・「非常エアロック 手動専用」
・ハルが歌う歌「デイジー」→『♬答えておくれ 僕は夢中~』

・「スターゲイト」の宙の7個のダイヤモンド。何回も挿入される「眼」はボーマンの眼である。

・「2010年」(1984)は、米国では「2010: The Year We Make Contact 」というタイトルである。


2021/07/22

2021/07/22

-点

映画館/東京都/TOHOシネマズ池袋 
字幕


今回は睡魔との戦い

大好きな作品ながら2回に1回は睡魔に襲われる映画。朝9時からの上映ということもあってか、今回は睡魔にお付き合いしてしまった。
好きな映画でこんな風になる感覚は、一度も観たことがない方にはわからないだろうなあ。

観たことがあって、この作品の心地よさや整然とした感じが好きな方なら眠くなるのはわかってくれるかな。

今回は、1968年にこの映画を予備知識なしで観たらビックリしただろうなぁ、と公開当時に観た方々を羨ましく思ってしまった。

2021/07/21

31点

選択しない 


ストーリー 2
映像 19
演技 10
また見たい度 0
その他 0

1968/04/22

2021/07/17

100点

映画館 
字幕


映画史上の最高傑作

 「SF映画の金字塔」が本作の枕詞(まくらことば)になっていますが、それにとどまらず、映画史上の最高傑作であり、更には人類文化史上の大遺産でもありましょう(!)。
 ともあれ、そこまで絶賛する理由、それをひとことで言えば、本作を鑑賞することは、映画が映画を超える瞬間を目撃する、ということなのです(!)。
 なお、作品中で3回流れるリヒャルト・シュトラウス《ツァラトゥストラはかく語りき》の演奏は、カラヤン指揮/ウィーン・フィル(デッカ録音)です。最初に出た「サントラ盤」と称する物(ポリドール)には、ベーム指揮/ベルリン・フィルという全く別の演奏(DG録音)が入っており、次に出た盤(EMI、のちSONY)では、映画通りのカラヤン指揮/ウィーン・フィルが入ってはおりますが、英文は Vienna Philharmonic となっていながら、邦文はベルリン・フィルと誤記されています。要注意です。
 点数は「100」が最高ですが、本作には「500」ぐらい付けたいですね(笑)。

2021/07/17

2021/07/17

75点

映画館/沖縄県/シネマパレット 


子供の時以来の鑑賞です

ネタバレ

中学の時に始めて観てまったく意味が分からず。今回午前10時の映画祭で鑑賞しました。猿から人への進化、月でのモノリス発見、木星への旅の途中のコンピュータの反乱まではなんとかくらいつきましたが、ワープ いくつかの時間軸が重なる高次元空間?未来の人類等 理解することを放棄し、美しい映像を観ていました(笑)

2021/07/11

2021/07/14

70点

映画館/愛媛県/シネマサンシャイン重信 
字幕


 SFの古典的名作と言われている作品を、劇場での午前10時の映画祭で上映していたので、観に行った。昔々一度見たことがあった。今回再見して思ったことは、まずは、昔の映画は展開がノンビリしていることはと行くこと。オープニングからしばらくは音楽だけで映像はないし、最後も音楽だけの時間がしばらく続いた。今の映画ではそんなことはないだろう。もう50年くらい前の映画、その頃にはCGなどはなかっただろうに、映像はすごかった。今時の映画のような派手なシーンはないが、それでも特撮の技術にそんなに違和感はない。このようなストーリー、展開の映画であれば、今でも映像は似たようなものではないだろうか。ただストーリーには細かい説明はなくて、なぜ木星を目指しているのかなどは分かりにくい。そして印象に残っていたラストの場面もやはり難解。