2001年宇宙の旅

にせんいちねんうちゅうのたび|2001: A Space Odyssey|2001: A Space Odyssey

2001年宇宙の旅

amazon
レビューの数

216

平均評点

81.8(1301人)

観たひと

1978

観たいひと

177

  • VODで観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968/4/11
上映時間 149分
製作会社 スタンリー・キューブリック・プロ
配給 MGM
レイティング 一般映画
カラー カラー
アスペクト比 シネラマ(1:2.59)
上映フォーマット シネラマ
メディアタイプ フィルム
音声 6chステレオ

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

科学小説作家アーサー・C・クラークと「博士の異常な愛情」のスタンリー・キューブリックが製作・監督したSF。撮影は「オセロ」のジョフリー・アンスワース、補助撮影はジョン・オルコットが担当した。なお、特殊撮影効果のすべてはキューブリックの考案、監督のもとに行われた。セットの製作デザインはトニー・マスターズ、ハリー・ラング、アーネスト・アーチャーの3人を中心にデザイナーと製図工35人が動員された。特殊効果監督には、ウォリー・ビーヴァーズ、ダブラス・トランブル、コン・ペダーソン、トム・ハワード、の3人があたり衣裳は、ハーディ・エイミーズが担当した。そして、この映画を科学技術的に正確にするため、キューブリック監督はアメリカ航空宇宙局の多くの科学者、アメリカおよびイギリスの主要な科学研究所や大学と密接な提携をし、撮影中は、3人の一流科学者が技術顧問としてつき添った。それはもと陸軍弾道ミサイル部のフレドリック・J・オーダウェイとハリー・H・C・レンジ、元航空宇宙局の宇宙飛行センター勤務で、今はアラバマ州ハンツビルのジェネラル宇宙飛行研究会社のジョー・C・ジマーシャルである。出演は「女狐」のキア・デュリア、TVや「ヤング・ヤング・パレード」のゲイリー・ロックウッド、「BM15必死の潜行」のウィリアム・シルヴェスター、「キッスは殺しのサイン」のレナード・ロシター、「BM15必死の潜行」のマーガレット・タイザック、コンピューターに扮するダグラス・レインである。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

有史以前。類人猿の群れが、荒野に点在するわずかな植物を食料に、他の群れと水を奪い合い、外敵に怯えながら細々と生き延びていた。そんな彼らの前にある日、謎の黒い石板状の巨大な物体が姿を現す。それに触れた彼らは、辺りに散らばっていた動物の骨を道具として使うことを覚える。その骨を使って狩りをするようになった彼らは、肉を食料にし始め、骨を武器として他の群れとの争いにも勝利する。時は移り……。地球を飛び立ったアメリカの宇宙船が、宇宙ステーション目指して飛行を続けていた。ステーションに到着した宇宙船から降り立ったのは、フロイド博士(ウィリアム・シルベスター)。そこでソ連の科学者と会った博士は、月面のクラヴィウス基地と2週間ほど連絡が取れなくなっているとの話を聞く。ソ連の宇宙船が緊急着陸を拒否されたことから、基地では伝染病が蔓延しているのではないかとの噂も流れていた。だが実は、博士は極秘任務のためにクラヴィウス基地へ向かっていたのだ。伝染病蔓延説は、秘密保持のため、基地側が意図的に流したデマだった。博士の訪問は、その秘密の公表に関する判断材料を得ることが目的だった。ステーションで宇宙船を乗り換え、基地に到着した博士は、月面のとある場所を訪れる。そこでは、あの黒い石板状の巨大な物体が発見されていた。しかも、それは400万年前、何者かによって意図的に埋められたものだという。宇宙服を着たまま、石板に触れる博士。さらに一行がその前で写真を撮ろうとすると、甲高い金属音が全員を襲う……。それからしばらく経ち、木星探査計画開始から18か月後。5名のクルーを乗せた有人宇宙船ディスカバリー号が木星へと向かっていた。船内では、ボウマン指揮官(キア・デュリア)と副官のプール(ゲイリー・ロックウッド)を除く3名が木星到着まで冬眠状態。代わりに船内の全機能を管理するのは、最新型コンピューター“HAL9000”、通称“ハル”だった。ボウマンの指揮下、人間以上の正確さで膨大な任務を遂行し、会話も可能なハルは、6人目のクルーとも言える存在だった。やがて、地球との交信に必要なパーツの不調を検知するハル。だが、ボウマンが確認したところ、異常は見当たらなかった。その原因を問い質すと、ハルは“自分の機能は完璧。人間のミス”と回答。その様子に、ハルの異常を疑ったボウマンとプールは、ハルの中枢機能の停止を決断する。ところが、それを察知したハルは、船外活動中のプールと冬眠中の3名を殺害。プールを助けようと船外に出たボウマンも危機に陥ったものの、辛うじて生還するとハルの思考機能を停止させる。その時、木星到着後に公開予定だった動画が再生され、極秘だった探査の目的が明らかになる。月面で発掘された例の石板が地球外の知的生命体の存在を示していたこと、そしてそれが木星に向けて強力な電波を発信していたこと……。やがて、木星に到着するディスカバリー号。そこでボウマンが目にしたものとは……?

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2010年8月下旬号

午前十時の映画祭:「2001年宇宙の旅」「ミクロの決死圏」

2001年8月下旬号

作品特集 「PLANET OF THE APES/猿の惑星」第2弾:「猿の惑星」「2001年宇宙の旅」「A.I.」が予見するもの

2001年4月下旬号

特別企画 映画館主義 絶対映画館で観る!:「2001年宇宙の旅」

1968年6月上旬号

外国映画批評:2001年宇宙の旅

1968年5月下旬号

鼎談 「2001年宇宙の旅」の謎を解く:問題のシネラマ大作の本当のテーマは果して何か?数々の不思議なシーンの意味をSF作家が解明する 星新一×福島正実×小松左京

外国映画紹介:2001年宇宙の旅

1968年4月下旬号

新作グラビア:2001年宇宙の旅

2018/10/30

2018/11/12

100点

映画館 


紛れもない人生最高傑作のひとつ。今見ても信じられない映像と予言のような現代性と人類進化と神の深遠たるテーマ。あり得ないほど脳みそかき混ぜられ、あり得ないほどのトリップ感を全身で体感できる。これがIMAXで見られるのに行かない人がいることが信じられない。まさに神映画

2018/10/27

2018/11/07

94点

映画館/愛媛県/シネマサンシャイン衣山 
字幕


ええもん観させてもらいました。

2018/11/01

2018/11/02

100点

映画館/東京都/TOHOシネマズ新宿 
字幕


傑作・・・。

 しかし、ここまで究極の傑作を撮ると、あとがツライだろうな。
 「時計じかけ~」は魅惑的だが、完成度では疑問だし・・・。

 「男と女」を撮ったクロード・ルルーシュ。
 「血とバラ」を撮ったロジェ・ヴァディム。

 まるで、みんな映画に才能・精気を吸い取られてしまったかのようだ。
 キューブリックで私が次に愛着がある作品は、過去にさかのぼって「現金に体を張れ」だ。
 ありふれた犯罪映画でありながら、その構成の見事さは映画史に残るものだと思う。

       東宝シネマズ新宿19:50の回。

2018/11/01

2018/11/02

100点

映画館/東京都/TOHOシネマズ新宿 
字幕


むずむず・・・。また見たくなってしまう。

 1969年の「凱旋興行」では、当時のテアトル東京では珍しい《全席自由・入替制なし》。2回目の鑑賞は最前列に行った。
前3列くらいは、スクリーンに向って床が高くなっていったような記憶があるが、どうだったか。
 中学生のきまぐれだったが、今となっては貴重な経験となった。
 
 1978年リバイバルの時は、テアトル東京で3回見た。
 2階席が多かったように思う。満員だったのだ。
 仕事を変えたばかりだったし、そうそう自由な時間がなかったみたいだ。

 1979年にも、横浜東宝、新宿プラザと追っかけた。
 また九段会館で、雑誌ぴあの「予告篇100本大会+ワン」で上映されたワンが「2001年宇宙の旅」であった。
        (司会、おすぎとピーコさん。)
 まだビデオ時代になる前で、すでに伝説の映画と化していた。

 この映画は、音楽が素晴らしいこともあり、本当に何回でも見れる。
 宇宙空間は、真に宇宙空間の雰囲気がある。
 たとえ2~3秒でも真空状態で、人間の肉体が耐えられるかどうかは、中学生の私でも当時、疑問に思ったが。
 試した人は、いないんだろうからね、分からない。

         13:10の回。
         ひさしぶりに10列目に下がって鑑賞。
         木星への強烈電波の音のみ、1列目より、はっきりと良かった。他は大差なし。


 

2018/10/31

2018/11/01

100点

映画館/東京都/TOHOシネマズ新宿 
字幕


ジェラルド・フリードの事と、ヘイズコードについて。

直接「2001年」には関係ないが、キューブリックのデビュー作の短編ドキュメンタリー「拳闘試合の日」から「突撃」までの音楽を担当したジェラルド・フリードについて。

この人の名前を覚えたのは、1966年の小学校6年の時のこと。
映画は「0011ナポレオン・ソロ/地獄へ道連れ」。
ナポレオン・ソロのテーマを作曲したジェリー・ゴールドスミスと、それをアレンジしたジェラルド・フリードの名前を、これで知ったのだった。

TV第1シーズンのスリラー風味の音楽を、第2シーズンのコメディ化に合わせ軽快にしたのは、ジェラルド・フリードとラロ・シフリンの功績だ。
二人の音楽なくして、このシリーズの人気爆発はなかったと思っている。

そんなフリードを調べて見たら、キューブリックと同じ1928年の生まれ。
おたがい22才の時の、短編ドキュメンタリーからの付き合いだと今日知って、キューブリックのマイナー時代に思いを馳せた。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
またニューヨーク育ちのキューブリックが、なぜ「ロリータ」以後、イギリスで撮ったのか、文献等では当たり前の事かもしれないが、自分なりに考えてみた。

たぶん「ヘイズコード」を嫌っての事ではないか。
「スパルタカス」ではホモセクシャルを匂わすシーンがカットされ(現在は復活)、「ロリータ」が題材とあっては、ハリウッドでの映像化は不可能と踏んでの事ではなかったか。
原作がどのくらい「危ない」かは知らないのだが。

ウィキペディアによると「ロリータ」製作時のヘイズコードでは、「未婚の男女が、同じ平面上に横たわってはならない。」とあったそうで、こんなお役所言葉みたいな愚かな決まりの元に、ハリウッドの黄金時代があったなんて、情けないったらありゃしない。

ハリウッドのメジャー映画で、はっきり女性の胸が露出したのは、1964年ルメットの「質屋」だったと記憶するが、どうだったか。

それが、アメリカン・ニューシネマを経た1971年に製作された「時計じかけのオレンジ」では、全裸の女性のレイプシーン。
本当に文化でも激動の10年だったんだなぁ。

2018/10/22

2018/10/31

90点

映画館/東京都/TOHOシネマズ新宿 
字幕


圧倒的な体験

IMAX版を視聴。五十年前に封切られた映画を劇場で観られる幸い。そして最新鋭の上映機器をもってしても、まったく遜色ない内容に深い感動を覚える。

今回、最も強く感じたのは「無音の響き」。逆説的な言い回しであるが、無音であることが劇中、最高のBGMでありえた。家庭用のビデオやDVDでいくら観ようと、道行く車の走行音、隣家の足音、電化製品の稼働音が邪魔をして、ここまで張り詰めた無音にはならない。

それから白色の輝き。ディスカバリー号の白、船外活動をするポッドの白、床や壁に至るまですべて白。長い旅の果てにボウマン船長がたどり着いた木星の部屋の白は眼に突き刺さるほどであった。
白は純粋無垢な色というが、本作の中では宇宙空間の暗闇こそが自然の色であり、白は人工物の代表として扱われていることが興味深い。

本作は途中インターミッションを挟むが、その間にも満員に近い客席からは物音ひとつせず、緊張した空気が流れていた。皆、この圧倒的な体験に気圧されていたのだろう。もちろんわたしもその一人だ。